ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

hana*

神社などの写真

  • 四王寺山
    縮小写真をクリックすると、各ページに入ります。

Moonlight

さくら

無料ブログはココログ

hanahana

「古代史の謎」 1 ~大嘗祭~

関 裕二氏が書かれた「神社仏閣に隠された 古代史の謎」という本があります。

ずっと前に購入したままだったのですが、ふと手に取って偶然開けたページは、
「高良大社」の項でした。

必要な時に必要な言葉を得る占いを、昔は「辻占」として行っていました。
ふと手に取った本のふと開けたページでもそれはできるのです。          

この本は神社などの伝承を取り上げ、繋がっていきます。
とても面白く、自分が考えていたことと重なることも多いのです。
まるで証明してるような。

その為どうしても要約部分が長いですが、興味をもたれた方がかの本を読んでくださることを願い、
記させていただきます。
不都合があれば、ご連絡ください。

まずは、「大嘗祭」から。

                 *

「大嘗祭について」

 *石上神宮

「先代旧事本紀」には、ヤマト建国の後、宮中のしきたりや儀礼は「物部」が整えたとあり、
物部の宗教観を継承した。
大嘗祭にも物部氏が関わる。

石上神宮の祝詞(一二三四(ひふみよ、で始まる・・・)は、
「先代旧事本紀」には、饒速日命と共にヤマトに舞い降りた
天鈿女命(あめのうずめのみこと)の末裔の
猿女君が、魂鎮祭の日にこの祝詞を
あげたとしている。


この物部の祝詞とよく似たものが、天皇の儀礼の鎮魂祭り(タマフリ祭)。
物部の作り上げた「核」を天皇家は継承してきた。


 *出雲大社、神魂(かもす)神社

神魂神社で行う「火継神事」と、そっくり同じものが天皇家の「日継神事」である大嘗祭。
「火継神事」は、天穂日命から継承された霊は、次の出雲国造に引き継がれる。
「大嘗祭」では太陽神の霊を引き継いでいる。

                         *

以前瞑想の中で見た那珂川の現人神社の神の衣装から、住吉の神が饒速日命だと
辿り着きました。

(「新嘗祭 と 住吉神 と ニギハヤヒ ~その1~」)
(「新嘗祭 と 住吉神 と ニギハヤヒ ~その2~」)

新嘗祭は、石上神宮の「鎮魂祭(魂振神事)」と同じ日にある。
それは、 饒速日命が亡くなったとされる日(11月23日)。
22日から23日にまたがることから饒速日命の魂を受け継ぐものではと。

また、「出雲国造」が引き継ぐ天穂日命は、大国主神(大己貴神)でもあるという。
大国主神の和魂は、大物主神。
奈良の大神神社の饒速日命です。

饒速日命は布留神。
石上神宮は物部氏の祖神、饒速日命が御祭神です。

思えば、新嘗祭から住吉の神が饒速日命だと気が付いたから、
神功皇后と住吉の神との関わりにたどり着いたのです。


( つづく )

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2020年4月 1日 (水)

饒速日命と武内宿禰

山を登るようになって、たくさんの山友さんと知り合うようになりました。
この山もそうして知った山です。

佐賀県武雄市の「武雄神社」の裏山には御船山があります。
まだ未踏なのですが。

頂上近くに、大きな船のような岩があるそうです。
これが「御船山」の御神体?
Takeo02
武雄神社には以前行ってました。
(「武雄神社 ~佐賀県武雄市~」)

御祭神は武内宿禰
    武雄心命
    仲哀天皇
    神功皇后
    応神天皇

神功皇后の側に仕えていたという武内宿禰・・・。

社の裏の山は、その社の神の杜です。
武内宿禰の社の杜が「御船山」。

これは、武内宿禰が「御船の神」ということなのでは?


「御船の神」と言えば、饒速日命です。
矢田坐久志比古神社の饒速日命神は、航海、航空の神でした。

媛社神社には、磐舩神社の扁額があり、それが饒速日命だとありました。

常に神功皇后の側にいたという武内宿禰も饒速日命。
饒速日命が高良の神ならば、同一人物なのでは?


福岡の那珂川市の神功皇后の伝承には、
(「裂田神社と裂田の溝(さくたのうなで) 福岡県」)

   「皇后が竹内宿禰に命じて鏡と剣を奉らせ、神に祈ると雷がこの岩を裂き、
    溝を築くことが出来ました」とあります。
これは、武内宿禰自身の力なのでは?と思っていました。
人と違う力を持つ者。

高良の神が住吉の神であり、饒速日命ならば、すべてが繋がります。

Huurou03
この像は、風浪宮の安曇磯良丸。

阿雲磯良丸(あづみいそらまる)は、高良玉垂宮の伝承では、安曇磯良神(アントンイソラシン)でした。
高良大社の神職さんは、「神功皇后の船の舳先に立ち、彼女を守った神であり、住吉神でもある」
との認識をもたれています。
                                          .
一方、「太平記」には神功皇后三韓征伐の時に、貝を体中につけ海の中から現れた海神であり、
豊玉姫に玉を授けた神(玉を垂れた)の方ともされています。

Hurou08

また、高良大社の宝物館にあったタペストリーには、
神功皇后の側の住吉神(安曇磯良神)、
海から玉を垂れる(授ける)海神、
武内宿禰
と、3柱が別々に描かれていました。

やはり、伝承や神話では、同じ人物が様々な立場で記されるのかもしれません。

そう思っていたら、ふと一冊の本を手にしていました。

 



にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2020年3月28日 (土)

神功皇后の伝承地 10 ~織姫と市杵島姫と神功皇后~

姫古曽神社の高良大神は、筑後国一之宮の高良大社の神。
饒速日命。

かの社にはもう一柱の神の名がありました。

市杵島姫です。

その名について、以前何度も触れました。

(「市杵島姫の名の意味 ~斎星姫・蘇る神~」)


市杵島姫は、<斎島姫>
星の神を祀る者。

古来、星と島は同義語でした。

         *

市杵島姫は、神話では大国主神の后とされます。
また、籠神社の伝承では、御祭神、彦火明命の后。

大国主命、籠神社の彦火明命は、饒速日命です。
(「日本の真相 20 ~神・神功皇后の分魂~」


京都の葵祭、下鴨神社の卯の花祭りから、住吉の神と神功皇后の関わりと、
下鴨神社の神、加茂建角身命も饒速日であり、玉依姫が「神功皇后」であることが分かりました。

福岡の宝満宮竈門神社の御祭神には、玉依姫と神功皇后が共に祀られていること。
(「日本の真相 15 ~前編 葵祭 と 住吉神 と 神功皇后~」)

(「日本の真相 16 ~後編 葵祭 と 住吉神 と 神功皇后~」)



饒速日命である高良玉垂神と、神功皇后の名である息長垂姫の名の繋がり。

(「魂須霊 3 ~高良玉垂神と息長垂姫の名の意味~」)


籠神社の秘伝書から、彦火明命の后が市杵嶋姫であり、又の名を天照(の巫女)。
彼女が卑弥呼の可能性があること。
彦火明命が饒速日命なら、卑弥呼の鏡が「十種神宝」の鏡である可能性が高いことが分かりました。

(「卑弥呼の墓 その5 ~卑弥呼の鏡~」)

                 *

「住吉三神と宗像三神」

以前、宗像神社で<<たぎりひめ>>と聞こえたのですが、
これは御神祭、たごりひめと、たぎつひめと、いちきしまひめの内、
「たごりひめとたぎつひめ」が一緒になった名のような気がしました。

もしかすると、「三神」と言われている者は、一人を表していることなのかもしれません。

(「宗像大社 (福岡県)」)

同じように、住吉三神も一人を表しているのかも。
饒速日命、ただ一人を。

        *

まだまだ、以前の記事に二人の関わりについて記しました。
このお社にも「高良大神と市杵島姫」。

二人は饒速日命と、彼の后「ミカシヤ姫」です。
彼女が神功皇后ならば、ここも彼女の伝承地の一つです。

          *

「棚機姫とは」

では、下記の媛社神社の棚機姫は市杵島姫であり、ミカシヤ(三炊屋)姫です。
(「神功皇后の伝承地 5 ~媛社(ひめこそ)神社~」)


そう言えば、「儺の国の星」には、炊屋(かしきや)姫 は織姫のこととありました。

織姫を雉鳥石星(かしわのほし)或は梶葉星(かぢばぼし)と言う。
織女を志摩星或は斯和星(しわのほし)と言う。
”かしきやぼし”の略と思われる。

いずれも女王、或は后妃であって専ら海と空の天気の
託宣を行う巫人のことであった。

              (「儺の国の星」より抜粋)
(「「儺の国の星」 ~炊屋星~ミカシヤ姫の名の意味」)

ミカシヤ姫の名前、そのものが織姫を表しているのでしたね。


では、「ヒメコソ」の神社に祀られている社の神は、
饒速日命と織姫であるミカシヤ姫。

それは高良神(住吉大神)と、神功皇后に間違いないようです。


*(姫古曽神社には、後に棚機姫も合祀されています。
  これは、この社の玉依姫が棚機姫であることを表し、
  竈門神社の御祭神、玉依姫(と神功皇后)も棚機姫であり、ミカシヤ姫であることに繋がります。)


 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2020年3月22日 (日)

神功皇后の伝承地 9 ~姫古曽神社の神の名は~

姫古曽神社には高良大神が祀られていました。

田川の現人神社の「ツヌガアラシト」が追ってきたという姫の名が「ひめこそ」であり、
それが「ツヌガアラシト」を示す暗喩である。
         ↓

媛社神社」の御祭神の一柱「磐舩神」は饒速日命である。
         ↓

「姫古曽神社」の御祭神は、高良大神。
         ↓

高良大神は、饒速日命。

やはり繋がりましたね。
高良大神と共に祀られている神の、住吉大神、八幡大神は同じ神です。

繋がるからこそ、彼以外ではないのです。

               *

<「肥前国風土記」の神>

肥前国風土記にあった「山道(やまじ)川」が今の山下川。
その西岸に荒ぶる神がいて、道行く人の半分を殺していた。

(「神功皇后の伝承地 6 ~媛社神社と荒穂神社の伝承と二つの風土記~」)

その場所がこの地だと言うのですが・・・。Dsc_1135

この辺りはとても広い平地なのです。
(当時は北の玄海(博多湾)と有明海が繋がっていたので、今よりも水路は広かったはずなので、
 道というより、水路を渡る人が多く亡くなっていたということかもしれませんが)

わざわざ、「荒ぶる神」のいる場所を通るでしょうか。
避けて通ればいい話。
数キロ遠回りをすれば安全な道があるはずですから。

それがここが「荒ぶる神」が「史実」としていた場所ではなく、
その神が「イノチツクシ」の神のことではないかと思った理由です。

「荒ぶる神」は、「鞍韉盡坂(したくらつくしのさか)という険しく狭い坂」
に出た「イノチツクシ神」。
そこは「冷水峠」。

(「二つの伝承 7 ~冷水峠~」)

長い間、九州の箱根と言われていた程の難所は、この一帯ではここにしかありません。

その「イノチツクシ」の神が、退治した方の神を「筑紫の神」と祀るようになった。
それが「筑紫神社」です。

御神祭の筑紫の国魂は、筑後国一之宮「高良大社」の御神祭である高良の神。
(一之宮に祀られている神が、国魂の神であるはず)

高良の神は、物部氏の祖神である饒速日命。

だから、ここに高良神が祀られているのです。

上記にもありましたが、住吉大神、八幡大神は同じ神です。

(「神の鉾 3 ~安曇磯良神~」)

(「神の鉾 4 ~星の名~」)

(「卑弥呼の墓 その3 ~ 高良神と饒速日命~」)

(「日本の真相 19 ~神・饒速日命の名~」)

この社には、もう一柱の神の名がありました。

市杵島姫神です。


( つづく )

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

«神功皇后の伝承地 8 ~もう一つの「ひめこそ神社」~