himawari

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

hana*

神社などの写真

  • お守り授与所*宝満宮
    ブログ内とその他の写真です。 縮小写真をクリックすると、各ページに入ります。 URLは載せた(または関連)記事です。 徐々にUPします。

Moonlight

さくら

無料ブログはココログ

hanahana

2018年7月15日 (日)

伏見神社・祇園祭 ~磯羅舞~

7月14日土曜日、那珂川町の伏見神社の祇園祭で神楽がありました。
とても素晴らしかったです!

Kagura01
お社が改修工事されるとのことで、今回でこのお社での神楽は最後。
始まる前、夕陽に照らされたお社を一枚。
                        .Kagura03                                                           .
子供神楽が始まったのが19時。
その後の大人神楽がすべて終わったのが22時半。
久々に土曜日にあたっていたので、最後まで観られた方も多かったです。

演目が前と違っていました。
今回、大人神楽の演目の最後にあったのが、「磯羅」。
されると思ってなかったので嬉しかった!

他の演目の写真はまた後日UPしますが、こちらだけ。
ほぼ、内容は(「神の鉾 3 ~安曇磯良神~」)の式志神社での
磯良舞と同じです。
偶然にも11日に式志神社に初めてお参りに行ったところでした。

ここで磯羅舞がされるのは、ご祭神が豊玉姫(淀姫・神功皇后の妹)だからでしょう。

(神功皇后も武内宿禰も、磯羅神(現人神・住吉神)も那珂川町と深くご縁が
ありますしね)
Kagura14                         .                                              .
四柱の神が出ます。
まずは武内宿禰(白い方)と、磯羅神(多分。聞き取れなかった)。

後に豊玉姫。
海神。
                     *

神功皇后が武内宿禰らと共に三韓征伐に行きます。
武内宿禰が満玉、干珠を海神からもらい受けたいと思います。

そこで上の場面。
勝間の海(玄界灘のことだそう)で磯羅神が、海神からもらい受けようと
しますができません。
それを武内宿禰と話しているようです。
                           .Kagura15                    .
豊玉姫登場。

以前、裂田の溝のライトアップの時の神楽の間に、幻影で見たのが
「紅蓮の着物を着た神様」でした。
ご祭神の豊玉姫だと分かったのですが、何故赤い服?と疑問に思ってました。
こちらでの神楽の豊玉姫はこの姿だから、ということなのですね。
(多くの人のイメージが反映されたのかと)
                             .Kagura16                           .
Kagura17                                                       .
屏風の後ろに居るのが海神。
海神は満珠、干珠が欲しければ舞を舞えと言います。
                          .
Kagura18                                                                 .
Kagura19                                                  .
ようやくもらい受けた豊玉姫は、武内宿禰に満珠・干珠を渡せました。
                            .
Kagura20                                               .
ありがとうございました!!
今回この祭りに初めて一緒に行った娘が、将来入りたいそうです!
前回の神楽の時に「音」が聞こえた娘は、最後の「磯羅」舞の時に
聞こえたと。
ご祭神が観にいらしてたのかもしれませんね。

                          *

那珂川町のHPに「伏見神社の岩戸神楽」について記載がありました。

http://www.town.fukuoka-nakagawa.lg.jp/soshiki/36/fusimi-jinja.html

そこに「天の岩戸」伝説について載ってあったのを抜粋します。
「 古事記の有名な「天の岩戸」伝説は、この筑紫の地を中心として
存在しますが、その中心の岩戸がこの地であると信じられているため
「岩戸」の地名が起こったといわれています。
 神楽命和里(かぐらみことわり)(神楽の曲目)は全部で18種あり、
なかでも最もにぎわうのが、「荒神」と「問答」。このふたつの舞では、
鬼が現れて子どもをさらって神殿の内部に入ります。鬼に抱かれた
子どもは丈夫に育つと言い伝えがあるため、この日のために、生後
間もない赤ん坊を連れてくる親も多いようです。」

                          *

「岩戸」の名の起原はやはり「天の岩戸」の地とされていることから
なのですね。
地形、土地の力、安徳台、現人神社を始めとする神社、伝承、
それらの存在を知れば知る程に頷かされます

尚、この神社の「祇園祭」の由来ですが、
博多の街の櫛田神社のご神体を、何かの戦の時にこちらのお社に
疎開したご縁からだそうです。
以来、櫛田神社の「祇園祭」と同じ日に行われます。
           
                           *
Kagura26
11月の裂田の溝のライトアップの時は、改修中でお社で神楽が
観られないかもしれませんね。
今度は新しいお社で!

2018年7月14日 (土)

大根地山 ~福岡県~

6月中旬。
九千部山に登った次の日、大根地山へ。

前は正面の参道から、コンクリの道を登りました。
今回は裏の竜岩自然の家から登って周回です。
                     .

Ooneti100                                                    .
車は自然の家の駐車場へ。

Ooneti103                                            .
登山口まで30分ほど林道を歩きます。
                       .   
Ooneti104_2                                                         .
Ooneti105                                            .
途中にある荒熊稲荷神社と扇滝。

          Ooneti109                 .
鳥居を反対側から。
Ooneti106                                                     .
滝の反対側には赤い鳥居。
Ooneti107                                                             .
お稲荷さん。
こんな山の中なのに、とても綺麗に掃き清めてありました。
とても居心地がいいのは、ひとえに奉祀する方と参拝する方のおかげ。

お稲荷さんは放置してあると他の物が入り込むことがあって、とても危ないのです。
                            .
Ooneti108                                                .
鎖場。
あまり急ではないです。
岩が濡れてて、少々滑りやすい。
                      .
Ooneti110                       .
ここが、                .Ooneti111                                                .
全身、禊場ですね。
土足禁止です。
                    .Ooneti112                       .
禊場のすぐ側にある「雲閣神社」の鳥居。
                        .Ooneti113                                                         .
Ooneti114                                                 .
「奥乃院神社」
頂上にある「大根地神社」の奥の院です。

鳥居にあった「雲閣神社」は、雲の上の閣があるということ。
                             .Ooneti116                                                       .
この鳥居をくぐって行ったら、大根地神社。
Ooneti117                           .
Ooneti118                        .
「大根地三柱神社」

「雲閣(稲荷)神社」「大根地神社」「別当(稲荷)神社」の総称です。

大根地神社のご由緒
(「二つの伝承 5 ~大根地山 登山 (1)~」)
   Ooneti119                         .
Ooneti120                                                    .
Ooneti121                                                              .
                     .
Ooneti127_2                                         .
色んなお狐さんに会えます。
Ooneti130                                                   .
Ooneti134                                                    .
Ooneti133                                                          .
Ooneti135_2                                                 .
Ooneti136                      .
Ooneti137                                                          .
頂上へはここから10分ほど。
Ooneti138                           .
大根地山頂上。
ここまで、ゆっくり参拝して1時間半。

いい天気!
三郡の山々が見えます。
ここは北の筑豊方面、南の筑後方面がよく見渡せます。
神を下ろし、守護の要とするには最高の場。
                           .Ooneti139                                                                  .
ここから西の方(スタートの竜岩自然の家)へ下山です。
「初心者、子供キケン」と書いてあります。
迷いやすいとも聞きますが、ま、ヤマップのナビもあるし。
                        .Ooneti140                          .
こんな縦走路もありますが、確かに分かりにくい場所もありました。
6月半ばで少しの藪漕ぎもあったので、これからの季節は辛そうです。
                         .Ooneti141                                          .
案内板があり、間違ってなかったとほっとします。
                       .
Ooneti143                                          .
人里に出ました!
動物避けの電気柵があるので注意。
                        .Ooneti144                         .
スタート地点に到着。
頂上から約1時間。

                      *
大根地山、周回。
下山道は思ってたより、分かりやすかったです。
すでに初心者じゃないのか^^;
1年で(ほぼ半年)で30座巡ったことになります。

活動距離6.6キロ
活動時間2時間34分。
                       *

涼しくなったら冷水峠へ、行けるとこまで行ってみたい。

先日、初めて旧道の方を車で廻りました。
旧道でもかなり渓谷の間を橋で繋いであり、底が見えませんでした。

伝承にあった「筑前と筑後の境にあったという険しい峠」である「くらがり峠」、
それが「九州の箱根と言われる程の難所」であった「冷水峠」であることは
間違いないと思います。


                       .

2018年7月 8日 (日)

九千部山~石谷山 ~福岡 那珂川町~

6月中旬。
那珂川町の守護山の一つ、九千部山へ。
脊振山とは夫婦山とも言われ、頂上にはTVアンテナがたくさん立っている山です。

登山口は「グリーンピアなかがわ」の駐車場入り口から。

Kusenbu01                             .
木曜が休園日のようですが、登山口は門の左下に見える案内板の脇にあります。
そこが「桜谷登山口」。
                        .Kusenbu02                                                  .
人工的に積み上げられた石は、昔の炭焼き釜の跡だそうです。

Kusenbu03                     .
沢を何度も渡ります。
                    Kusenbu06                                            .
山頂まであと2.2キロ。
                   Kusenbu07                                            .
緑の龍みたい。                       .
Kusenbu08                                           .
赤テープは少ないのですが、道は明瞭です。
時々、目印の変わりに石積みがあります。

Kusenbu09

木段。
設置するのは大変だったでしょう。
                              .Kusenbu35_2
自然のものとは思えない!
多分、自然のすべてが芸術なんでしょうね。
自然のすべてが神が作ったもの。
それに近づくのが、芸術なのかもしれません。
                                                 .

Kusenbu10                                                           .
あと少しで頂上!
下の南畑ダム(グリーンピアなかがわ)から3.3キロあったそう。
ここからはしばらく林道です。
                       .
Kusenbu11                                                 .
奥に見える方がFM福岡(ラジオ)のアンテナ。
他にも幾つもありました。
                         .Kusenbu12                                                .
基山から脊振山まで縦走すると10時間?
基山からここまでは縦走してみたいなぁ。


九州の山には熊が出ないので幸せ。
いたら一人で山に入れません。
                          .
Kusenbu13                          .
頂上の展望台!
                        .
Kusenbu15                                         .
標高848m。
頂上は佐賀県鳥栖市になります。

ここまで1時間19分。
                          .
Kusenbu16                                           .
祠。

展望台の上へ。
Kusenbu17                              .
三郡方向(東)。
                        .
Kusenbu18                                         .
たくさん電波塔が立ってます。
Kusenbu19                          .
展望台の上に案内板が。

「九千部山。
標高848m。佐賀・福岡の県境にまたがる脊振山系の山。
 平安時代に隆信沙門という層が、風水害を鎮めるため、この山にこもり
経文一万巻を読もうとしましたが、達せられず九千部で終わってしまった
ことから、九千部山と名付けたと伝えられています。」

それで「九千部山」?
知らなかった。

背振もここも、昔から祈りの山だったのでしょう。

「儺の国の星」にもありましたが、昔から那珂川は40年に一度くらいのペースで
必ず氾濫したそうです。
それが前に氾濫したのが9年程前。
今回の大雨では、あと2時間降り続いていたら確実に溢れていました。
                      .
Kusenbu20                                                   .
ちょっと縦走したかったので、このまま石谷山へ。
脊振山の方へ向かいます。                      .

Kusenbu21                                                           .
観音さまかな。
                        .
Kusenbu22                                                .
九千部山から石谷山までは37分。
アップダウンもほとんど無く、道も明瞭です。
途中で何人かとすれ違いました。
                       .
Kusenbu23                               .
石谷山山頂。
標高754m。
三角点は草の中。
先客さんに教えて頂きました。
                          .Kusenbu24                                            .
見事な石積み。
山の安全を願って。
神に感謝して。
                       .

Kusenbu25                                                  .
九千部山の手前まで戻ってから、今度はうるしが谷遊歩道へ。
こちらの方には沢などはなく、歩きやすい道です。
                                 .
Kusenbu26                          .
途中にあるホルン五ヶ山展望台。
上がってみましたが、木が邪魔でまったく展望無し。
                     .Kusenbu27                                                   .
遠くに紫陽花。
毒蛇注意の看板も。
遠くから眺めました。                   
                                                 .                                                 .Kusenbu28                                                     .
この道を上がった向こう側が、グリーンピアなかがわの園内。
登山者は、柵を自分で開けて入ります。
猪の防護柵なのだそう。
ここら辺の山の中の神社などにもよくあります。
                      .
Kusenbu29                      .
広~い園内。
来たのは初めて。
 Kusenbu30                                                   .
近くにはキャンプ場もあります。
川の水を利用したプールもあります。

                     *

九千部山~石谷山。
活動距離12キロ
活動時間(休憩入れて)4時間10分。

すでにぶよや蚊がいると聞いてましたが、虫よけ対策せず。
でもこの日はいなかったです。
山の中は涼しくて風もあって快適でした。

                                                  .

2018年7月 6日 (金)

避難勧告

降り続く強い雨。
那珂川町の避難勧告が出ました。
危ない地域は避難してと。

那珂川が後、少しであふれそう。
これが2時間前。

Nakagawa
ダムの放流も始まって、ますます増水しそう。
雨はまだ日曜まで続く。
低い土地はもう浸水しそうです。

避難準備はしておこう。

ここ数年、降り方が激しいですね。
皆さんも、お気をつけて。

«2度目の高良山 4 ~高良御子神社~