sakura

  • sakura
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

hana*

神社などの写真

  • お守り授与所*宝満宮
    ブログ内とその他の写真です。 縮小写真をクリックすると、各ページに入ります。 URLは載せた(または関連)記事です。 徐々にUPします。

Moonlight

さくら

無料ブログはココログ

hanahana

« 読書 「首都感染」 | トップページ | 裂田神社と裂田の溝(さくたのうなで) 福岡県 »

2013年4月27日 (土)

現人(あらひと)神社 福岡県

福岡市の南、背振山の麓の筑紫郡那珂川町に、現人神社があります。

Arahito1_2                                                                                .

鳥居と拝殿は西向き。
海の神様が祀られている証だそうです。
ここから海までは10キロほど離れているのですが。

最も古い神社の一つとされていて、博多や大阪の住吉大社の元宮だと言われています。

Arahito2

祭神は、「底筒男神命・中筒男神命・表筒男神命」

住吉三神です。

Arahito3
                               (写真をクリックすると拡大されます)                         .

神功皇后が大陸へ出征する際に、姿を現し皇后を守った神。
「人の前に初めて姿を現した神」

現人神社の名前の由来です。

この神様は、大事の際に人の前に姿を現し、神通力を振るうと言われています。

                                             
                                                *

日本書紀の神功紀に、神功皇后が指揮を執り作ったと言われる「裂田の溝」
(さくたのうなで)のことがありますが、それはこの土地にある神田へと
水を引くためだと書かれてあります。

 

博多の住吉大社が出来た頃、海は南区の塩原(しおばる)辺りまできていました。
大社は入り江の中にあったらしいです。
そのもっと前の時代、おそらく博多のほとんどは海の底だったのでしょう。

この辺りに最初の住吉さんがあるというのも、なんとなく分かるような気がします。


                 
ここで「流鏑馬」もするのです。
どこでやるのかと思っていましたら、ユーチューブに映像がありました。
この神社の前の道。
車が一台通るのがやっとの住宅街の道でです。

的の後ろに、車!家!
そこを失踪する馬。
放たれる矢!
とても迫力がありました。
今年こそ、見てみたいです。

                 *

この神社に来ると、いつも光に包まれているような気がするのです。
キラキラした光に包まれるような。
お社の大きさで神様の力は測れないということでしょうか。

パワースポットとして、知る人ぞ知る神社だそうです。

この神社のことを知ってから、那珂川町に興味がわきました。

日本書紀にある、現存する「裂田の溝」「迹驚岡とどろきのおか(安徳台)」。

那珂川町はあまり知られていませんが、かなり面白い土地なのです。

「裂田の溝」、「安徳台」のことは後ほど。

                                          *

(追記)

先日、ふと気になって「現人神」を調べました。

何かを調べていた時、偶然、開いていたページが「出雲大社」「伊勢神宮」だったので、
調べてみたのです。

大辞泉に載っていた意味の一つには、

「随時、姿を現して、霊験あらたかな神。特に住吉や北野の神などをいう」

とありました。

住吉さんは、もともと「現人神」と呼ばれていたかもしれません。

« 読書 「首都感染」 | トップページ | 裂田神社と裂田の溝(さくたのうなで) 福岡県 »

コメント

こんにちは&初めまして!
blueって言います。
写真すごく良く撮れていますね。
なんか見ていてほっとします...( ´・ω・`)
やぶさめ見られるといいですね!
私も見たことがないので一度くらい
お目にかかりたいものです。

はじめまして、blueさんhappy01
コメントありがとうございます。

ほっとするような”感じ”を受け取ってくださって、
とっても嬉しいです。
これからもよろしくお願いしますhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 読書 「首都感染」 | トップページ | 裂田神社と裂田の溝(さくたのうなで) 福岡県 »