☆ブログ村参加中です!ぽちっとお願いいたします  

Alice

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

hana*

Moonlight

神社などの写真

  • 四王寺山
    縮小写真をクリックすると、各ページに入ります。

さくら

無料ブログはココログ

hanahana

神社

2019年3月17日 (日)

六所宮 ~福岡県飯塚市~

前回、廻った龍王山の麓にそのお社はありました。

福岡県飯塚市舎利蔵
「六所宮」
                                                . Ryuou02                           .
ご祭神が、八幡大神、国常立尊、大物主神、
       .豊国主命、宇賀姫尊、菊理姫尊
                            .Ryuou03                                                 .

Ryuou04_2                                             .
 由緒 社伝によりますと、八〇三(延暦二三)年、最澄が仏法を求めて
 唐に渡る時に、竈門山宝満宮に航海の無事を祈りましたが、そのおり
 神のお告げをえて、この地においても同じ祈願をしました。そのお礼と
 して帰朝してから神祠を建てることを誓ったのです。この時肥後八代
 の舎利尼がこの志を継がんことを願いましたので、最澄は喜んで
 任せました。舎利尼は村人と話し合って祠を山腹に建て梵室を傍に
 構えて誦経奉仕をしたのです。これが山王七社権現及び舎利蔵寺の
 始めといわれています。一四六九~八七(文明年間)年に、六座を
 この地に遷して六所権現と称するようになりました。一座は
 (尺+虫、属の略字)村本谷に遷して、各産土神にしたと言われています


最澄は、空海と同じくこの筑紫において寺を開いていました。

そこが特別な地であったからです。

(つづく)

                      .

ブログ村に参加してます。
ぽちっと応援お願いいたします。


にほんブログ村

2019年3月15日 (金)

龍王山 ~金毘羅山と龍王山の登山3~

( つづき )

金毘羅山の後、ロードで龍王山に向かいました。
筑前大分駅の高架下をくぐり、さらに北へ。
八木山バイパスの高架下もくぐります。
                           .Ryuou01                                               .
あの山が龍王山。
金毘羅山から5キロ。
龍王山の麓にお社がありました。
                         .Ryuou02_2                                                 .
このお社のご祭神。
次回に書きます。
                      .
登山口から登りました。
しばらくは林道でしたが、次第に山道に。
                      .Ryuou05                                               .
見事な杉林。
花粉症だと辛そう。
だから人が少ないのかも。

龍王山はとても人気の山だそうですが、下山の時にお一人しか会いませんでした。
                        .Ryuou06                                            .
登山口から50分ほど。
頂上到着!
広く、眺望もあります。
                          .Ryuou09                                                  .
標高610m。
東の飯塚市が一望です。
                             .Ryuou08                                          .
お昼休憩をした後、10分程縦走して、竜王神社に行きました。
雨乞いのお社です。
                              .Ryuou10                                                        .
分岐点まで戻って、下山しました。
                        .Ryuou11                                                    .
先週末に行ったので、道端には早咲きの桜が満開でした。
                         .Ryuou12                                                    .
再び、車を置いた大分神社まで戻って、無事に帰還できたことのお礼。
ありがとうございました!
                           .

Ryuou15                                                            .
総距離19.4キロ。
4時間53分でした。

1大分神社→(10分)→2金毘羅山(1時間ほど滞在)→(40分)→
3六所神社→(1時間14分)→4龍王山頂上→(10分)→5竜王神社
→(2時間)→1大分神社です。

ずっと行ってみたかった金毘羅山と龍王山。

金毘羅山は山全体が祭祀場でした。
それから行った龍王山。
その麓にあった六所神社のご祭神が、気になりました。

(つづく)


                 .
ブログ村に参加してます。
ぽちっと応援お願いいたします。


にほんブログ村

2019年3月12日 (火)

夢に出た金毘羅山 ~金毘羅山と龍王山の登山 2~

( 前回の続き )

大分八幡宮の後、金毘羅山へ
ここは「富士山の夢」の記事で、富士山だと思ってた三輪山を
繋いでくれたお山です。

この土地に住んでいた祖母が幼い私の手を引き、山の神様と
会わせてくれたその夢。  
                      .                      .                                 Konpira01                                                        .
夢で見た祖母の家からの方向と、「雰囲気」それがこの山なのではないかと
思っています。

三輪山に比べると小さいけれど、この山には何かある。
大分八幡宮を初めて参拝してからそう思ったのでした。
                   .Konpira02                                         .
その山はいわゆる無名山で、登山道も山ナビの軌跡も無いような山。
山友さんが軌跡を教えてくださいました。

今なら、登山道がなくても藪でもがんがん入っていける!(ナビがあるなら )

Konpira03                       .
猪避け?のフェンスの向こうには川が流れていて・・・
さっそく気配に圧倒されて息を呑みました。
                              .
ここは祭祀場ですね。
                 .Konpira05                                    .

Konpira06                                                .

Konpira07                                           .
金毘羅社だそうです。
Konpira08                            .
進んで行くと踏み跡があり、思ってたよりは分かりやすかったです、が、
それは最初の内だけ。

Konpira09                     .
踏み跡も無くなって、ナビを頼りに上へ上へと。
そんなに高くないので20分くらいで頂上近くの祠に着きました。
笹に覆われてるのをかいくぐり、ご参拝。
                      .Konpira11     .                                           

Konpira12                                         .
祠の裏に廻って少し登ると頂上に着きました。
196.9m

大分八幡宮という神功皇后が祀られているお宮の側にある
金毘羅山。

この山の気配と祭祀場。

あの日、三輪山の神様と繋いでくれたのはこの山だったのだと
確信するには充分でした。
              .
                .

そういえば、朝倉三輪の大己貴神社の近くの阿弥陀ヶ峰には
金毘羅社と大己貴神の祠がありました。

朝倉の大己貴神は、奈良の三輪山の大物主神。
大物主神が饒速日神ならば、やはり金毘羅さんもそうなのか。

やはり、あの日の山神様は、三輪山の神様?

神功皇后のお宮の側のこの金毘羅山。
偶然では無い気がします。

(つづき)

ブログ村に参加してます。
ぽちっと応援お願いいたします。


にほんブログ村

2019年3月 9日 (土)

大分八幡宮 ~金毘羅山と龍王山の登山 1~

ここのお社は前にも記事にして2回目です。
大分八幡宮
大分八幡宮に車をとめて、ご参拝した後、金毘羅山に登山しました。
                           .Daibu20                                           .
Daibu21                                                  .
曲芸してる狛犬
                         .Daibu22                                      .

Daibu23                                                    .
拝殿です

Daibu24                        .                     .

Daibu25_3                                             .                                                .
ご祭神は、応神天皇、神功皇后、玉依姫命
Daibu26                         .
境内には市杵島神社がありました。

いよいよ、金毘羅山に行きます!
私が小さい頃、(多分)夢に投影されたお山です。
                  .               .

ブログ村に参加してます。
ぽちっと応援お願いいたします。


にほんブログ村

2019年2月14日 (木)

冷水峠の羽白熊鷲~その2 * 老松神社~

~神功皇后行軍路 ②~

( 前回のつづき )
冷水峠を出て、昔の宿場町だったという「内野宿」へ。
そこに「内野老松神社」がありました。

福岡県飯塚市内野(昔は嘉穂郡)
                     .
大根地山の神社の案内板にもあった、ご神幸があるあの神社です。
                   .

Hiyamizu22                                                      .
Hiyamizu57                                              .
ご祭神は、菅原神
                   .Hiyamizu24                                         .
天神様?
何か気配が違うような気がします。
隣りを見ると、
                    .Hiyamizu23                                               .
「大神宮」との扁額があり、大日孁命が祀られていました。
                                                        .Hiyamizu62                                                       .                               .
他に天満神社(菅原神)
須賀神社(素盞鳴尊、大国主、事代主神)
松尾神社(大宮貴)
猿田彦神(興玉神)
稲荷神(宇賀魂命)
大日社(大日孁命)

などの摂社があります。
                  .Hiyamizu26                                          .
                     *       

「ご神幸」は縁のある神社間で行われるもの。
こちらでは大根地山の大根地神社から神が降りてくるというもの。
(毎年4月の第一土日)

大根地山の頂上近くにある大根地神社は、神功皇后が
天神地神を祀りました。

後にスサノオ命と大市姫を合祀して「お稲荷様」としたとあります。

お稲荷様ならば、「宇迦御魂神」。
歳神である饒速日命です。

       .
ここの境内の摂社に大国主神の名があります。
ここからほど近い桂川町の老松神社のご祭神も大国主でした。

大国主は大物主、饒速日命です。
ならば大神宮の大日孁命は、神功皇后?
                    .

この老松神社は元々、饒速日命と神功皇后を祀っていたのでは?

彼らは、羽白熊鷲を退治した「神功皇后と高良の神である饒速日命」
矛盾がありません。
                      .

羽白熊鷲は彼らによって、この場所に封じられたのでは。

大根地神社から毎年神が降りてくるのは、封じた神を鎮める為。
                        .

そう思っていましたら、ここには神功皇后の絵が納められているとのことでした。

後で知ったのですが、この神社は「大根地神社」とも言われているそうです。
ならば、ご神幸の意味も本来のご祭神も分かる・・・。
          .

この後、内野宿を筑前内野の駅まで歩きました。                                                       .   

Hiyamizu27                                                .

Hiyamizu29                                                           .
筑前内野の駅。
今はまだ不通です。

Hiyamizu61                           .
内野宿の町並。
再び、冷水峠へ。

そこで声なき声がしました。

                               .

ブログ村に参加してます。
ぽちっと応援お願いいたします。


にほんブログ村

2019年2月13日 (水)

冷水峠の羽白熊鷲 ~その1・冷水峠~

~神功皇后行軍路 ②~

前回、冷水峠(大根地山の鳥居辺り)から南へ下っていきました。

ここじゃない。
羽白熊鷲が出たのは、おそらく冷水峠から北。
それはヰルイという”人ではないもの”

神功皇后が大根地山に祀った神々がそれを物語っています。
                          .Hiyamizu03                                                .
初めて来た時から、何となく避けたかった”この先”。
                       .Hiyamizu06                         .
行ってきます!
「首なし地蔵まで750m」

Hiyamizu07_2                        .
すぐに石畳の道になります。
                             .Hiyamizu08                                               .
谷があったはずだと思っていたら、沢の音が。
あまり深くないです。

今回、200号線(バイパスでは無い方)の冷水道路を通るかと迷いました。
あちらの方が深い谷があるのです。
・・・でも、神功皇后はそちらの山では無く、”大根地山に神々を祀った”

自分の勘を信じ、こちらに来たのです。
(その時代に、冷水道路があったのかも疑問でしたし)
                             .                                  Hiyamizu09                                                         .
峠から10分程で「首なし地蔵」に到着。
側に流れているのが、名の由来になった冷水川。
美味しいです。
最近、山の川の水を飲むのに抵抗がない・・・。
                             .Hiyamizu10                                                .
首なしさんの方は、この中のようです。
                  .Hiyamizu38                           .
この辺りから石畳の道が続きます。
                          .Hiyamizu14                                                .
美しい!
Hiyamizu15                                           .
竹林。
とても静かで清浄で。
                         .Hiyamizu17                                                     .
峠から15分程で森を抜けました。
あっと言う間で、こんなんだったかなとふと思う。
                               .Hiyamizu18                                                .
筑豊本線です。
去年の水害以来、ずっと不通になってます。
使われない線路はとても寂しい。
                        .

Hiyamizu19                                                 .
内野荒田の大根地神社の鳥居です。
このまま、宿場町だったという内野宿まで歩くことにしました。
ここから2.4キロ。
                        .Hiyamizu20                       .
峠を抜けたら、筑豊です。
峠は確かに「基山の東」「筑前と筑後の境」でした。
基山や筑紫神社を起点とすると、この場所外には考えられません。
(「二つの伝承 7 ~冷水峠~」)

後に知りましたが、この長崎街道の冷水峠の辺りが通りやすいように
整備されたのは、江戸時代のこと。

それでも、内野宿から冷水峠まで約4キロ、そこから山家(やまや)宿まで計10キロ。
先日行ったあの辺りも含めて、やはり往来が大変だったそうです。

それよりも遙か前の時代。
難所であったのは間違いなさそうです。

通る人の半分は命を落としたという「命尽くし神」がいた
鞍韉盡坂(したくらつくしのさか)」

二つの伝承(「二つの伝承 8  ~五十猛命と甕依姫~」)
にあった「五十猛神と甕依姫」
彼らが「高良の神と神功皇后」ならば、そこに関わっているはずです。

もしもそうならば、「命尽くし神」が「羽白熊鷲」でもあります。

もしも・・・。
この地で「退治」したならば、何か痕跡があるはずです。
碑か、塚か・・・・。

羽白熊鷲は人であらざるものです。
大根地山に神を召喚し、助力を得ないと倒せなかった「ヰルイ(異類)」

人では無いからこそ、倒した後もずっと封じておく必要があるのです。

           .

・・・内野宿にそれはありました。


( つづく )

ブログ村に参加してます。
ぽちっと応援お願いいたします。


にほんブログ村

2019年2月10日 (日)

神功皇后行軍路① ~大根地山から砥上岳 その1~

冷水峠に出たと思われる羽白熊鷲。
”その場所”はどこだろう。
それを感じたくて、冷水峠を南に下ります。
                           .Kodou59                                             .
前回は、砥上岳山頂へ北側から向かいました。
でも、やっぱり砥上は、南側の参道から登りたくて。

スタートは大根地山の西側の麓、冷水峠の鳥居。
まずは、長崎街道を10分ほど進んで、大根地山へ向かいます。
                             .Kodou03                                            .
大根地神社の麓の鳥居。
奥に長崎街道が続きます。
                        .Kodou06                                                   .
30分ほどで、大根地神社に到着。
                          . Kodou09                                                  .
  大根地神社は古くから英彦山や宝満山の山伏らの修験の場でもありました。
  毎年4月8日、内野関屋の老松神社で行われる幸神祭は、大根地神社の
  神霊が下りてこられるもので、御鎮座記念の祭りであると言われています。
  神社には別当稲荷、雲閣稲荷も祀られており、2月初めのうまの日には
  遠近からの参拝者で賑わいます。
    (案内板より)
 

                    .Kodou10                                                        .
雪が薄っすらと積もっています。
                    .Kodou11                                                .Kodou12                                                    .
由緒書きには、ご祭神は天神七代、地神五代。
神功皇后が羽白熊鷲御征伐の時に祀った。
後に須佐之男命、大市姫命の二柱を合祀し、雲閣稲荷大神と称え祀るとあります。
                           .Kodou13                            .
ご挨拶して、山頂へ。
                   .Kodou14                                                .Kodou15                                              .
北の飯塚方面。
飯塚(穂波郡)も筑前に入っていたそうです。
                                .Kodou16                         .
一番近くに見える山がほぼ真南の砥上岳。
今から向かおうとしてる山です。
その奥が筑紫平野、筑後地方です。

この山は、筑前と筑後そのどちらも見渡せます。

厳密に言えば、朝倉なども筑前に入るようですが、
古来での、筑前と筑後の境の峠と言えば、この山の麓、冷水峠だと思われます。

冷水峠に出たと思われる羽白熊鷲。
(「二つの伝承 7 ~冷水峠~」)

”その場所”はどの辺りだろう。

下山します。
麓の鳥居のお狐さん。
Kodou17                         .

Kodou18                                                  .
何となくこの先(上から2枚目の写真の奥)な気がしましたが、
今回は砥上岳へ南から登るルートを予定していたので、そちらへ向かいます。

Kodou02                              .
冷水峠の辺りの長崎街道(旧道)は、大根地山の麓の辺りから車道になります。
大型トラックの交通量も多く、カーブ手前などは様子を見つつ歩いていきました。

ここから77号線を経由して、6.7キロ先に砥上神社があります。
                         .Kodou24                                                     .
山家(やまや)にあった案内図。
ここも街道の山家宿でした。
(山家の地名はもっと南にもあります)

もしも羽白熊鷲がこちら側に出たのなら、そこには「碑か、塚」があるはず。
この地図では、「大日如来碑」、「比賀塚」が川沿い(旧街道)にあります。
下の地図では、街道のちょうど真ん中辺りになります。

Kodou25                         .

長崎街道は、大きな車道から外れて、川沿いの細い道の方へ。
                         .

Kodou27                                                    .
あれ?
ここ見たことあるかもしれない。
何でもない場所なのに、ふと思いました。

そうか。
あの人達がもしも自分達が転生すると分かっていたのなら、
次も同じ場所に来ると分かっていたのなら、何か印を残すはずだ。
記憶の印か、何か。

・・・同じ場所に行くはずなのか・・・。
                  .Kodou28                                                .

九州の箱根と言われた程の、内野宿と山家宿の間は10キロあった
そうなので、この辺りも元々は険しかったのかもしれません。


熊鷲が出たという、狭くて険しかったという「したくらつくしの坂」。
何となく、谷があるはずと思っていましたが、この辺りでは無さそうな気がします。
やはり北側だったのかな。

                          .Kodou29                           .
Kodou30                                           .
200号線から77号線を歩いていきます。
梅の花が咲いてました。

砥上岳へ。


( つづく )

ブログ村に参加してます。
ぽちっと応援お願いいたします。


にほんブログ村

2019年1月19日 (土)

志賀海神社 ~福岡県~

福岡県の博多湾に突き出たようにある志賀島(しかのしま)。
金印が出土した半島の先にその神社があります。
                       .Shikaumi01                                         .
「志賀海神社」
                  .Shikaumi02                                                    .

ご祭神は綿津見三神。
                               .                        .Shikaumi05                          .
左殿 仲津綿津見神。
左相殿 神功皇后。

中殿 底津綿津見神。
中相殿 玉依姫命。

右殿 表津綿津見神。
右相殿 応神天皇。
                                                  .Shikaumi03.                                                          .

Shikaumi07                                                     .
記紀では安曇氏の祖神、奉斎神とされています。

Shikaumi04                                                 .
お社の側には「亀石」と「遙拝所」があります。

 「その昔、神功皇后が三韓へ出兵される際、正面対岸の打昇浜にある
 亀ヶ池・亀栖池の辺りにて無事凱旋できるよう阿曇磯良丸を通じ
 祈願され、七日七夜のお神楽を奏されました。
 すると黄金雌雄の亀に乗った志賀明神と勝馬明神が御出現され
 皇后へ干珠満珠の玉を授け、船の舵と航路を守り、導いたと伝えられ
 黄金雌雄の亀は亀ヶ池・亀栖池に放たれましたが、後に石となって
 現在の金印公園近くに現れ、寛文十年(一六七一)四月十一日に
 社前に納められました。

 遙拝所は右斜め対岸の大嶽神社・小嶽神社と
 正面真東の伊勢の神宮・宮中三殿等を拝します」
                    .

Shikaumi06                                            .
この志賀海神社がある場所は「勝馬」。
高良玉垂宮神秘書にその名がありました。
                               

                       .
(つづく)

ブログ村に参加してます。
ぽちっと応援お願いいたします。


にほんブログ村

2019年1月 3日 (木)

現人神社 ~福岡県那珂川市~

明けましておめでとうございます。

昨日、現人神社に新年のご挨拶をしてきました。                        .

Arahito50                                                          .
いつもの年よりもすごい人。
お社全体が撮れませんでした。
                      .Arahito51                                             .
平和な一年でありますように。
皆さんにたくさんの幸せが訪れますように。
                    .Arahito52                         .
「現人神社の神様」
という絵本があって、娘にねだられて購入(自分が欲しかっただけ)。
絵がほんわかして可愛かった。
                        .Arahito53                      .
「現人神社は、住吉神社の始まり。
 今でもこの地にいて、神功皇后と共に皆さんを見守っています」
                       .Arahito1                                                         .
前に撮った夏の現人神社。
そういえば、私が幻影を見たのも、この境内の中の情景。
「始めの宮」だから見たのか、自分にとっての「産土神さまの宮」だから見たのか。

(「現人神社の武藤さん」)

その時に分からなかったことが、今は少し分かる。

豪快に笑う彼。
きっと彼に守られてたら、いつの日でも朝は来る。



           .

ブログ村に参加してます。
ぽちっと応援お願いいたします。


にほんブログ村

2018年12月18日 (火)

宮地嶽神社*おおしめ祭と宮地山

宮地嶽神社のお社を飾る大しめ縄。
それを掛け替える「おおしめ祭」に娘と行ってきました。
                                          .

Miyaji60                                                        .
Miyaji62                        .
2本の大綱の前に人が集まってきます。
安全を祈願しての神事。
                         . Miyaji61                           .
おお!大しめ縄がないお社!
                          .Miyaji64                                                   .
綱を境内に運んだら、人力で持ち上げより合わせます。
                          .Miyaji68                                                     .Miyaji95                                                            .
外れないように長い鉄の楔を打ち込みます。
何度か繰り返して。
                          .                         .Miyaji70                                    .
その度に人の体重で馴染ませます。                        .

                     .Miyaji71                                                   .
よいっしょっ!
掛け声で一つに。
                                            .Miyaji96                                                        .
                                         .
できあがり。
お疲れ様でした。
                         .Miyaji97                                                         .
しめ縄は竜の形を表すと言われていますが、本当に竜みたいです。
                       .Miyaji77                                                         .
この後、お昼休憩。
里芋の団子鍋を頂きました。
美味しかった~。
感謝です。
                                      .                       Miyaji76                                              .
しめ縄が上がるまで掛かりそうなので、宮地山の山頂へ参拝。
                              .Miyaji78                         .
宮地山山中。
普段のコートと靴だったので暑かった!
山頂へは娘が行きたいと・・・^^;
                         .Miyaji79                                                     .
山頂の鳥居。
古宮跡。
                       .Miyaji80                                                 .
宮地山山頂。
180.7m。

Miyaji81                         .
在自山に向かう途中の展望所。
前に来た時より晴れて見渡せます。
島は、宗像三神のお社の一つ、中津宮がある大島。
                       .Miyaji84                                                 .
西方向。
宮地山と立花山、その向こうに薄っすら見えるのが、脊振山系の山々。
ここで娘がばてたので、一人で走って、在自山山頂を踏んで戻ってくる。
                            .Miyaji83                         .
在自山経由で行けるという展望台へはまた今度。
                       .Miyaji85                                                  .
下山して、麓に戻ってきました。
稲荷さんにご参拝。
紅葉はすっかり終わりです。
                            .Miyaji86                                                .
戻ったら2時頃。
ちょうど、上に取り付け終わったところでした。
重機が無かった頃はもっと大変だったんだろうな。

取り付け、あちこち綺麗に整え、房もつけます。
                       .Miyaji88                             .
できあがり。
この後、神事です。
                         .Miyaji91                                         .
光の道。
光が入る日(年に2回だそう)に見てみたいなぁ。
                          .Miyaji93                                                .
光の道の先の海岸へ。
                         .Miyaji94                                                          .
宮地嶽神社の参道です。

このお祭、天気が良いことが滅多にないそうで、ここまで良いのは珍しいとのこと。
うち、晴れ女ですから!^^

来れて良かった。
ありがとうございました。

                                           .

ブログ村に参加してます。
ぽちっと応援お願いいたします。


にほんブログ村

より以前の記事一覧