ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察などを引用等される場合は、必ずブログ名を明記してください。 最低限のルールです。 著者への確認は無くても良いです。

立山三山周回 2 ~立山三山~別山~雷鳥沢

立山三山周回、二日目。

一ノ越山荘を7時にスタートして、再び雄山(おやま)へ。

Tateyama21

室堂が見えます。
モヤの中から上宮が現れました。

Tateyama22

人がこんなに小さい。

Tateyama23

皆でおお~っと感嘆の声をあげました。
神々しいとはまさにこのこと。

神秘的でした。

神様に会いに。
そんな雰囲気がありました。

Tateyama24

上宮。

Tateyama25

ここからの景色も最高!

Tateyama26

雪渓。

Tateyama27

立山三山の一つ、大汝山へ。

Tateyama28

雄山から25分ほどで大汝山(おおなんじやま)。
ここまで狭い岩場だったので、荷物はすぐ下にデポしました。

Tateyama29

荷物のとこまで戻ると、ゼッケンをつけた人が走ってきます。
なんと!
TJAR(トランスジャパンアルプスレース)!


富山県の早月川河口を出発して山々を繋ぎ、静岡の大浜海岸まで縦断する鉄人レースです。
総距離415キロ!
累積標高差27000m!
それを8日以内に駆け抜けます。

この方、望月さん!
周りにいた皆で応援、拍手!

望月さんは4位でゴールなさって、記録は5日間18時間37分。
凄すぎです!

Tateyama30

ハイテンションなまま立山三山の一つ、冨士ノ折立。

Tateyama31

大荷物を抱えた方が。
この方は前にレースに出てらした方野さん。
2回連続(だったか、2回出るとだったか)で出られないらしく、NHKの臨時スタッフとして撮影機材他を運んでるそう。
なんと40キロ。
凄すぎです。
足元見えないじゃないですか~!

Tateyama32

ツェルトや食料などすべて背負ってます。

山小屋での購入禁止、商店、コンビニなどではOKとのこと。
メットは劔に登られてきたからですね。
早月川河口~早月尾根~劔岳~別山~
と来られたようです。

Tateyama33

真砂岳山頂。
別山へ向かいます。
20220807113127_img_3377
Tateyama34

この稜線にときめきますね~!

Tateyama35
Tateyama36
雷鳥沢方面。
遠く地獄谷が見えます。

Tateyama37

別山(べっさん)山頂。
真砂岳から1時間ほど。
Tateyama38

別山は剱岳の遥拝所でもあります。

あこがれ剱岳!
ここまで見せてくれました。
剱人になりた~い!
ここから別山北峰へ。
Tateyama39

別山から往復30分ほどで、別山北峰。
この後、剱御前小屋へ下りていきます。

Tateyama40

剱御前小屋。
ここから雷鳥沢へ。
雷鳥沢からここまでのルートは、剱へ行く人達が使うルートでもあります。
剱沢のテン場にテン泊も。
いいなあ。

Tateyama41

雷鳥沢に下りてきました。

Tateyama42

雷鳥沢のテン場。 

Tateyama43

宿から見た上宮。

夕日に染まってます。
あんなとこによく建てましたね。
人間って凄いわあ。
Tateyama44

次の日、室堂へ向かいました。

Tateyama45
みくりが池と立山の山々。
次にここへ来るときは、剱への単独行ですね!
剱沢にテン泊して行きたいな~。

ありがとう~!立山!
Screenshot_202208142323402
今回の記録。
ゆっくり目に歩きました。

2022年8月12日 (金)

立山三山周回 1 ~雄山上宮参拝~

アメブロで知り合った愛知の行者さんと、立山に一緒に行くことになりました。

行程は、

一日目、室堂~一ノ越~雄山~一ノ越山荘泊
二日目、一ノ越~立山三山(雄山、大汝山、冨士の折立)~別山~剱御前小屋~雷鳥沢~雷鳥沢ヒュッテ泊
三日目、室堂へ

20220806104232_img_3103_20220812114101

室堂のチングルマ。

20220806110300_img_3105

玉殿へ。

立山を開山した佐伯少年が、ここへ熊を追い込んだところ、阿弥陀如来と姿を変え、
「白鷹も熊も、すべてはお前に私の思いを託すため。この尊い山に多くの人が信仰をささげられるよう、お前は僧になってこの山を開きなさい」
と告げたそうです。

立山黒部アルペンルートの「立山の昔話」より
https://www.alpen-route.com/enjoy_navi/legend/legend_vol1.html

20220806112526_img_3119

一ノ越へ。

鞍部になる一ノ越までは、石畳の道が続きます。

20220806114905_img_3124

道中にある祓堂。

昔、立山に登る人はここで御祓いしました。

20220806121520_img_3130

一ノ越到着。

室堂からここまで1時間くらい。

一緒に行ったMさん。

20220806122033_img_3131_20220811153101

一ノ越山荘。

今日宿泊するので、荷物はデポさせてもらって、雄山に向かいます。
当初、一日目は浄土山を巡って一ノ越へ出る予定でしたが、次の日の予報があまりよくなかったので、天気がいいうちに上宮を参拝しようということになりました。

20220806122537_img_3134

ガレ場だらけ。

登りは赤いペイントの通り、下りは黄色いペイントの通りに。
しっかり印があるので迷うことはないです。

なんとー。
小学校へ入る前の子達も親と登ってます。

20220806130743_img_3142

一ノ越から1時間くらいで頂上へ。

左にあるのは社務所。
念願のTシャツとお守りも購入!

他にコーヒーなどもあります。

20220806140010_img_3220

上宮!
雲の上ですね。

鳥居をくぐったところで、700円お収めすると上宮前でお祓いしてくださいます。

20220806132845_img_3164

 

1659954617732

上宮。

御祭神、伊邪那岐神、天手力雄神。

1659954617646

本来の頂上はこの岩だとか。

社を建てるため、周りのに石を敷きつめたそう。

山頂標識は右端(切れてる)

1659954625349

貰いもの写真。

前日まで雨予報だったのが嘘みたいです。
全体的に薄曇りでしたが、山頂だけぽっかりと晴れてて奇跡みたいでした。

20220806141444_img_3233

一等三角点「雄山」。

16599546385013

ワイドで撮ってくれました。

雲海~!

20220806131742_img_3150

20220806145258_img_3255

なんとここで彩雲。

嬉しかったですね。
立山の神様ありがと~!

ここで一ノ越へ下ります。

20220806135036_img_3206

明日は、この先へ。

 

立山とは、三つの山の総称です。

頑張った人だけがたどり着ける上宮。
歩ける足があるならば、そこへ行きたい。

そこにあるもの、感じるものは全て神からの贈り物。

 

( つづく )

2022年8月 1日 (月)

祇園の神 11 ~前編 卑弥呼は神功皇后~

前回の続きです。

(「祇園山古墳 11 ~前編 卑弥呼は神功皇后~」)

 

高良山の麓、祇園山古墳は卑弥呼の墓の候補地にされています。
ここに眠る彼女は卑弥呼?

Gion10_20220801092501

(祇園山古墳*石棺)

ここは高良神の御許。
彼には后がおられました。
ならば、その者がここに眠る者です。

夫婦であるならば、側で眠らせたい。
眠りたい。
そう思うもの。

一番自然で、確かな理由です。(*1 下記補足)

 

その高良神は住吉神。
后は神功皇后です。(高良玉垂宮神秘書)
北部九州へと移っている彼女。
神話ではそこで住吉神と出会います。

高良の神は饒速日命でもあります。
彼の后は御炊屋姫です。

彼女は弁天様であり、市杵島姫命。
宗像神であり、北部九州の神です。
彼らは大和で出会い、共に北部九州へと移っているのです。

その後の物語が、「神功皇后」の伝承。
彼が住吉神なのですから。

 

ならば、ここに眠るのは彼女?
彼女は卑弥呼?

 

*以下、以前の記事と重なりますが、検証していきます。

☆1 古墳の名「祇園山」の名に関連がある。
☆2 高良神の夫婦神が被葬者。
☆3 卑弥呼との関連は?
☆4 墓に眠るのは古墳ができた3世紀頃の人物。

彼らの時代は?(これは次回)

 

< 祇園山の被葬者 >☆1と☆2

高良大社の御祭神、高良玉垂神は住吉神です。
高良の伝承、神職さんからも直接お聞きしました。

伝承では高良神(住吉)には夫婦神がおられます。
それが神功皇后。

大阪住吉大社の伝承でも、二人は夫婦です。


彼、高良神(住吉神)は饒速日命でもあります。
高良は物部の祖神を祀る宮であるからです。

彼だからこそ、祇園の神である須佐之男命に繋がります。

高良神=饒速日命=須佐之男命=祇園の神
(「祇園の神 7 ~神話の中の須佐之男命~」)(*2 下記補足)

 

饒速日命には后がいました。
御炊屋姫です。

高良神が饒速日命ならば、神功皇后が御炊屋姫ということになります。

御炊屋姫=神功皇后

 (「祇園の神 2 ~前編 祇園の神は住吉神(磯良神)~」)

では、祇園山に眠るのは、神功皇后。


< 高良神と神功皇后と卑弥呼 >☆2☆3

彼女の名の一つ、豊姫から「祓いの神」であった彼らの姿が浮かび上がります。

その伝承の中に「卑弥呼」に繋がるものがありました。

彼を祀る高良大社の本殿には豊比咩・とよひめ(豊玉姫)が共に祀られています。
同じ本殿に祀られている者が夫婦神です。(*3 下記補足)

高良神の后は神功皇后でした。

 

神功皇后=豊姫(高良大社の本殿)

神の鉾 5 ~月神の二つの珠と十種神宝~」)

 

*饒速日命の后、御炊屋姫は豊受大神です。
神功皇后=豊姫=御炊屋姫=豊受大神にも繋がる。

高良神が饒速日命(天照)であることの理由にもなります。

(「御炊屋姫を追って ⑫ ~天照大神と豊受大神~」)

 

豊姫は豊日別であり、神功皇后を示します。
(今の区分)豊国である、豊前豊後の一之宮の御祭神が神功皇后。
白日別(筑紫の国魂)は高良大社の神である饒速日命。

 

ここから「筑紫島四つの面」の一つ「建日別」は彼らが対峙していた「イルヰ(異類)」である白羽熊鷲だと分かりました。

(「筑紫島四つの面」 3 ~建日別・熊襲の正体~」)

彼らは異類を退治していたのです。
「祓いの神」とされた理由です。

 

<祓いの神>☆3

彼らは主に北部九州で「イルヰ(異類)」を退治しています。
上の記事の羽白熊鷲もその一つです。

これらの伝承の神は名を変えていますが、全て彼らです。

状況、場所が同じでした。

 

☆渡半島

*楯崎神社

大己貴神と宗像神が異類を退治。
その後神功皇后が三韓征伐の折りに、戦勝を祈願。

*波折神社
住吉神と志賀大神、瀬織津姫、神功皇后が三韓征伐の凱旋の折りに邂逅

 

この二つの神社の伝承は同じものであり、彼らは同神。

大己貴神=住吉神=志賀大神
*宗像神=瀬織津姫=神功皇后

(「波折神社)

(「祓いの神 9 ~波折神社*瀬織津姫と住吉神」)アメブロ

*近くの社でありながら、異なる神、状況。
彼らは意図的に変えられているのです。


☆ 荒穂神社と筑紫神社の伝承(筑後国風土記)と大根地山の神功皇后。

*筑後国風土記
筑紫神(白日別・高良神)と甕依姫がそれぞれ「命尽くし神」を退治。(*4 下記補足)
場所はシタクラツクシ坂。

*大根地山(冷水峠)
神功皇后がイルヰ(異類)を退治。

 

それら伝承の場所(シタクラツクシ坂と冷水峠)は同じであり、同じ伝承。

彼らは同じ神。
(「二つの伝承 7 ~冷水峠~」)
(「二つの伝承 8 ~五十猛神と甕依姫~」)

*荒穂神社の五十猛命と高良神は同神。

(「二つの伝承 2 ~荒穂神社*佐賀県三養基郡~」)

 

渡半島と筑後国風土記(筑紫神社と荒穂神社)、大根地山の冷水峠。
これらは彼らの「異類退治」の物語でした。

そこに関わる神はすべて同神です。

 

ここに甕依姫の名がありました。
彼女も神功皇后です。

*神功皇后=甕依姫

(高良神=筑紫神=五十猛命)

 

 

< 繋がる神 >☆3

以上の事から、彼らは神話や祝詞にある「祓いの神」だと分かりました。
住吉神と瀬織津姫です。

彼らが祓いの神であるのは、「イルヰ・異類退治」退治していたから。

 

住吉神は高良神でした。
瀬織津姫が神功皇后です。

(「神の系譜 5 ~祓いの神・住吉神~」)

筑後国風土記に甕依姫(みかよりひめ)の名があります。
高良神、神功皇后の伝承と重なるので、彼女が神功皇后です。

 

彼が饒速日命であるからこそ、繋がる名があります。
彼は別名、櫛甕玉饒速日命(櫛甕玉彦)。

彼女は対となる名の櫛甕玉姫(くしみかたまひめ)です。
「依」は玉依。

神の魂の依り代(巫女)の意味があり、甕依姫の名はそれを示唆しています。

 

また「甕」は神への供物を入れる器=巫女
日の神に仕える巫女の意味で、日甕(ひみか)。

 

*おそらく、考え方としては逆。
彼女が「ひみか」であったので、”後の世で”みかの名が彼女を表すものになったのです。

 

甕依姫(みかよりひめ)、御炊屋姫(みかしやひめ)
これらは、彼女の名を元にしたもの。

本来の名は、「ひみか」です。

卑弥呼とは、ひみか。
魏志倭人伝の卑弥呼は彼女の事です。

 

*魏志倭人伝の「夫はいない」「場所」それらは変えられて伝えられてます。
神功皇后には神話では夫はありません(仲哀天皇と死別の後)

しかし、彼女の夫は住吉神。
彼が饒速日命ならば、大和から夫婦です。

仲哀天皇の話自体、創作です。
彼女の身重の期間がでたらめなのはその為。

そこには住吉神や武内宿禰が夫であるかなような表記もあります。

 

*「奴国」の後の表記が曖昧です。
奴国が政治的に重要な地であったため、ごまかしているのです。

奴国は、儺国。
儺・なは、完全な、鬼がいない=神の国を表します。

祓いの神であった彼らの国です。

 

な・ら(奈良)は、彼らのもう一つの国を表します。
彼らはその両方におられた神であるからです。

な国もならも「神の国」やまとを意味します。

 

高良神は饒速日命。
彼の后は御炊屋姫。
彼女は豊受大神、弁財天であり、市杵島姫命(宗像姫)。

宗像神は北部九州の神。

(「御炊屋姫を追って 11 ~廣瀬と弁財天と女神の天照~」)

卑弥呼はひみか。
御炊屋姫・みかしやひめの名にありました。

 

では、

*祇園の神
*高良神の后
*甕依姫(祓いの神の由来の伝承の名の一つ)

これらと繋がる神功皇后、饒速日命の后の御炊屋姫が卑弥呼であると言えます。

彼女が「卑弥呼」であり、祇園の墓の築造が三世紀とされるなら、彼らもその時代。

 

次回、多分、時代の流れ。

 

 

( つづく )

 

 

*1 について

おそらく、后が先に無くなっている。
高良大社の奥宮は「武内宿禰(高良神)の廟」とされるが、古墳などはない。
彼はこちら(福岡)に埋葬されてないのかもしれない。(ならば、大和の三輪山か)

彼が先ならば、后もそちらに眠るはず。
高良の伝承には、神功皇后が亡くなった後、高良の神達は高良山を降りたとあります。

行方は不明。
この真偽は分かりません。

 

*2 須佐之男命  

当初、「祇園の神 7」の記事までは、彼の父としての須佐之男命も表してるのじゃないか?と思っていました。
しかし神話は、彼ら二柱のみを繰り返し登場させていたものでした。

須佐之男命=100%饒速日命です。

 

*3 高良神と豊姫

高良玉垂宮神秘書には彼らについてこうあります。

*表筒男神=玄孫大臣物部の大連(豊姫と夫婦)
*中筒男神=神武天皇
*底筒男神=高良大菩薩、物部保連、藤大臣(神功皇后と夫婦)

この三柱は同神であるから、神功皇后と豊姫も同神。

 (「神の鉾 5 ~月神の二つの珠と十種神宝」)

 

*4 筑紫神と命尽くし神

退治した者(筑紫神、筑紫の国魂(高良神)、住吉神、白日別、饒速日命)が、退治された者(命尽くし神、白羽熊襲、イルヰ、異類)の名になる。

封印でもある。

 

*考察などの引用、リンクなどの連絡はしなくてよいですが、このブログのリンクを貼るなどの事をして最低限のルールを守られますように。

画像の転載は許可いたしません。

 




2022年7月19日 (火)

祇園の神 10 ~卑弥呼の墓*祇園山古墳~

前回の続きです。

高良山の麓にある「祇園山古墳」。
卑弥呼の墓の候補地の一つです。

(この回は前にも記事にしたので、ほぼ同じ内容です)

その理由は

*卑弥呼の時代と重なる
*魏志倭人伝に記載されている「殉葬者100人」に迫る60体が側に埋葬されている
*該当する墓は盗掘されているものの、側の墓からは鏡等が出土など

(鏡は高良大社の宝物殿にある)

(下記HPを参照しました。詳しくはこのHPで)
http://wwr2.ucom.ne.jp/hetoyc15/kodaisi/himikotyou/himiko3horon.htm 

 高良山へ続く道を横切る、高速の高架をくぐるとすぐ右(南)へ。

Gion01_20220718101401

Gion02_20220718101401
この上が古墳。

Screenshot_202207191133562

隣に高速が走っています。
何割かは削られましたが、土地の方のご尽力によって大部分が残されることになりました。

Screenshot_202207191134112

(クリックすると拡大されます)
祇園山古墳測量図。
案内板、綺麗になってる!ありがとうございます!

古墳の周りには60体以上、同時期に埋葬されていると推定されてます。
その中には「刺し違え」も二組ほど見受けられるとありました。


その言葉だけで、胸に迫るものがあります。
奈良の箸墓古墳も卑弥呼の墓の候補地となっていますが、殉葬者はいません。

Gion05

頂上には吹きさらしの石棺が一つ。


見えてる部分は、縦1.5m、横0.6mくらいでしょうか。
台形(四角錘台)になっており、底の方が広いそうです。

どなたかが置かれた花がありました。
この地は古くは高良大社の関係者の邸宅があり、聖なる土地だと大切にされてきました。

その為か、途方もない時を経ているからか、ここはとても居心地がいいです。

Gion06_20220718101501

眺めがいい地を「占地」といい、地位の高い者が埋葬されています。
奥に見えるのは、脊振山系。
その向こうが那珂川市。

現人神社(住吉神の元宮)がある儺の国(奴国)です。

Gion07

礎石部分。

Gion08

Gion09_20220718101601
(地図はYAMAP)
★1 高良大社 

★2 高良大社下宮 (前回の記事)「祇園さん」

★3 祇園山古墳

 

高良大社のある高良山の麓の「祇園山古墳」。
それが卑弥呼の墓の候補地にされている。

ここに眠っている彼女は、高良の神にとって大切な人であったのです。
だからこそ、ここに在るのです。

 

「祇園山古墳」に眠る埋葬者。
祇園の神は、”彼ら”です。

 

 

( つづく )

 

 (ココログ2019/10/15の記事改定)

 

*考察などの引用、リンクなどの連絡はしなくてよいですが、このブログのリンクを貼るなどの事をして最低限のルールを守られますように。

画像の転載は許可いたしません。

 

«祇園の神 9 ~高良大社の祇園の神~