ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

トップページ | 2006年9月 »

2006年8月26日 (土)

ボクを包む月の光 ・~前世の夢~

日渡早紀さんが描いてる!
と少し前から気になっていた雑誌をとうとう買ってしまいました。
月刊別冊 花とゆめ
「ボクを包む月の光」は、「ぼくの地球を守って」の次世代の子達が主役です。
もう、コミックは3巻まで出ているとか。
最近は、てんちゃんと一緒に本屋に行くと、数分しかいられないしなぁ。
今度、買ってこよう。

        *

「ぼくの地球を守って」は、連載当時、随分人気がありました。
それが連載される少し前、私は夢を見始めました。

        *


とてもリアルな夢。
水に入れば冷たいと感じ、怪我をすれば痛みを感じたのです。

自分の魂だけが、夜になると別の世界に行っている。
夢を見ていた間はそう思っていました。

夢は2つの世界に分かれるよう。
夜毎、繰り返し、繰り返し見ていました。
でも3年間見たその夢をぱったり見なくなります。


その頃、ある雑誌に投稿していた人達と文通を始めたのです。
始めは自分が見ていた夢の中の一人と似ている名前があって、何気なく送っただけでした。

でもその内に私が見た夢の内容と、彼女たちの夢に同じものがたくさんあることを
知りました。
どうやら彼女たちの前世の仲間らしいということに。

彼女達は、自分よりたくさんの情報を夢で得ていました。
とても壮大な話。


何故か、それをすんなりと受け入れることが出来ました。
でも夢に憧れを抱くことはなかったのです。
戦ってばかりの夢だったせいかもしれないけど、前世だと思わずに見ていたせいかも
しれません。

<過ぎてしまえば頭の中では、見た夢も、実体験したことと同じ「記憶」として処理される>
と、聞いたことがあります。

私は自分が体験したこと(過去)にあまりこだわらない。
だからかもしれません。


そんな時に、あの夢を見たのです。

 

それは今まで見ていた夢とは、別の世界の夢のよう。
その夢の「私」の中には、今の私の意識がそのまま残っていた。
「彼女」とは別に、今の私の意識があって、色んなことを考えていた。

そして、思います。

「今の私でもきっとそうしてる。
  時代や姿が違うだけで、あれは自分自身なんだ。
 なりたい自分は、自分の中にある。
 いつだってなりたい自分になれるんだ。
 今もいつか夢になる。
 せめて、来世の自分が今を見た時に、精一杯生きていたと思えるようになろう」


このたった一度の夢が、私を変えたように思います。

 

文通は2年くらい続きました。
それから疎遠になってしまいます。

ずっと後になって分かったのですが、私は近しい人に自分の夢を見せていたようでした。
誰が仲間かなんて、きっと今の私でも分からないでしょう。
もしかしたら、私自身、他の人の夢を見ていただけかもしれない。

あの子達も今頃、何処かでママになっているかな。
きっと、それぞれ元気でやっているだろうな。
逢いたいと思うことはありますが、この心残りを抱えたまま、時は過ぎていくのでしょう。

 

                                                                             *

 

この前世の夢を見たずっと後の事です。

 

私がパソコン通信のFAIONにいた頃、「ぼくの地球を守って」が
アニメ化されて、そのEDをARIONも作詞しました。
(作曲は菅野よう子さん)

とても嬉しかったことを今でも覚えてます。

ARIONのことは、いつか書くかもしれないです。

2006年8月24日 (木)

22日。
おばさん家へ。
6時前に目を覚ましたてんは、パパのひざの上で「おかあさんといっしょ」を見ながら、
また寝ました。
前の日に連絡しておいたので、昼からおばさんの家に再び行くことに。
11時頃、寝ているてんをそっと抱いて、電車に乗りました。
途中で起きたけど、機嫌がよさそう。

おばさん家で、買って来たおにぎりを食べながら話をしました。
「昨日の夜、○○(猫の名)が出てきて、鈴をちりんちりんと鳴らすの」とおばさん。
おばさんは3年前まで猫を飼っていました。

「そういえば、日曜に来た時に、てんが階段の上をみながら、にゃあにゃ、にゃあにゃと言ってました」
「赤ちゃんと犬や猫には見えるって言うからねぇ。あなたも見える人でしょ」
とおばさん。
「見える時は見えますが、いつも見える訳じゃないです」
と、私。

<それ>が見えたのは、過去に何度か。

「お盆に帰りそびれちゃったのかもしれませんね」と言う。
後でパパに聞いたら、おばさんは第六感がすごいらしいです。
それで、パパ以外に言ってなかった3人目のことも分かったのかぁ。

その後、おじさんが、鳥がいる公園に連れて行ってくれました。
目の前まで来る珍しい鳥にこうくんもてんも喜んでましたが、蚊がいっぱいいて刺されたのですぐに退散。
また、夕飯を食べさせてもらって、おじさんに駅まで送ってもらいました。
駅まで30分。
てんは少し寝ました。

その日の夜、3時頃。
てんは大泣きして起きました。
お菓子を食べて落ち着いてから、牛乳飲んで。
毎日、夜中にやってたらいけないなと思いつつ。
断乳中は仕方がない。
濡れても無いのに、何度もおむつを替えてという仕草をしたり。
結局、寝たのは明るくなってからでした。

2006年8月17日 (木)

UFO

母は、私が幼い頃にUFOを見たことがあります。

その「銭湯の帰りにUFOを見た」というのは、前から聞いて知っていました。
実家に帰ったついでに、昨日、ふと詳しく聞いてみたくなったのです。

母の話によると・・・。

その頃、大阪の門真に住んでいました。
毎日私の手を引き、弟をおんぶして銭湯通いしていました。
その帰り。
家の前のモータープール(今で言う駐車場)のとこで見たと。

それは真上でしばらく停滞していました。
(どれぐらいかはっきりしないけど、かなりの至近距離だったとのこと)
初めは、<ムシロが浮いてる>と思ったそうです。
畳のようなそれは2畳ほどあり、中は暗くて、縁は光っていました。
ほとんど真上にあったから、上の方は見えなかったそうです。
ご~~っというかなり大きい音がしていたと。

隣にいた近所のおばさんに、
「あれ、何かね?」
と聞いたらしいですけど、
「何も見えないよ」
と、言われたと。

どうやら母だけが見えているよう。
その後、違う近所の人に聞いてみたら、
「ご~~っという音は聞こえたね」
と言われたらしいです。

UFOを見たと言うから、星の光のような小さいのを見たとずっと思っていた。
かなり近距離で見ているなぁ。
しかも自分だけ見えてるって、ちょっと驚きました。
「波長が合うと見えると聞いたことがあるよ」
と、母には言いました。

私が多分、2歳か3歳くらいのことです。
私はまったく覚えていないけど、見えているようだったと母は言っていました。

2006年8月13日 (日)

三人目

また、命が体の中に宿りました。
上の二人の子供の時と同じ感覚。

あの、お腹の中に、自分以外の意識が入ってきたような、本当に<魂が入ってきたような感じは忘れられないです。
一ヶ月ちょっと経った11日の金曜の夕方、検査薬で調べると妊娠反応が陽性。
「やっぱり!」という感じでした。

一番上の5才のこうくん(仮)にその場で言いいました。
「3人目の赤ちゃんができたよ」
その瞬間、みるみる顔色が変わって、
「うそだ!うそだ!ママのうそつき!」
何を言っても、これでした。

私は、こうくんの妹のてんちゃん(仮)ができる一ヶ月前に、6週目くらいで流産していました。
「お星様になったあかちゃんが帰ってきてくれたんだよ」
そう言っても、大泣き。

多分、下の子が生まれて以来、随分、我慢してきたのでしょう。
やっと、下のてんちゃんが大きくなって、一緒に遊べるようになってきたのに。
また?
という感じなんでしょうね。

しばらくごねた後、6時半過ぎてたけど、自転車で遊ぼうかと言いました。
と、すぐに機嫌が直りました。
「ママ、赤ちゃん出てきて大きくなったら一緒に遊べるね」

なるべく私が、一緒に遊んであげよう。
彼の我慢がいっぱいにならないように。

どうか、無事に生まれますように。

トップページ | 2006年9月 »