ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« UFO | トップページ | ボクを包む月の光 ・~前世の夢~ »

2006年8月24日 (木)

22日。
おばさん家へ。
6時前に目を覚ましたてんは、パパのひざの上で「おかあさんといっしょ」を見ながら、
また寝ました。
前の日に連絡しておいたので、昼からおばさんの家に再び行くことに。
11時頃、寝ているてんをそっと抱いて、電車に乗りました。
途中で起きたけど、機嫌がよさそう。

おばさん家で、買って来たおにぎりを食べながら話をしました。
「昨日の夜、○○(猫の名)が出てきて、鈴をちりんちりんと鳴らすの」とおばさん。
おばさんは3年前まで猫を飼っていました。

「そういえば、日曜に来た時に、てんが階段の上をみながら、にゃあにゃ、にゃあにゃと言ってました」
「赤ちゃんと犬や猫には見えるって言うからねぇ。あなたも見える人でしょ」
とおばさん。
「見える時は見えますが、いつも見える訳じゃないです」
と、私。

<それ>が見えたのは、過去に何度か。

「お盆に帰りそびれちゃったのかもしれませんね」と言う。
後でパパに聞いたら、おばさんは第六感がすごいらしいです。
それで、パパ以外に言ってなかった3人目のことも分かったのかぁ。

その後、おじさんが、鳥がいる公園に連れて行ってくれました。
目の前まで来る珍しい鳥にこうくんもてんも喜んでましたが、蚊がいっぱいいて刺されたのですぐに退散。
また、夕飯を食べさせてもらって、おじさんに駅まで送ってもらいました。
駅まで30分。
てんは少し寝ました。

その日の夜、3時頃。
てんは大泣きして起きました。
お菓子を食べて落ち着いてから、牛乳飲んで。
毎日、夜中にやってたらいけないなと思いつつ。
断乳中は仕方がない。
濡れても無いのに、何度もおむつを替えてという仕草をしたり。
結局、寝たのは明るくなってからでした。

« UFO | トップページ | ボクを包む月の光 ・~前世の夢~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« UFO | トップページ | ボクを包む月の光 ・~前世の夢~ »