ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 博多総合車両所 公開日 | トップページ | いのちのたび博物館 »

2006年10月29日 (日)

小樽

2、3年前のある日、パパの友達から電話がかかってきました。
彼には、かなりの霊能力があります。
私に代わると彼は言いました。

「小樽のトンネル事故に知り合いいない?」
いた。確かに。彼女は友達で、何度も話してた。

           *

そのトンネル事故があった当時、私は実家を離れて一人暮らしをしていました。
バスの中に彼女がいると知ったのはテレビでした。
それを知ってからは、日夜、流される映像にひたすら祈った。

その年の夏、久々に実家に帰省した時のこと。
母は、「花を供えに行こう」と言いました。

車は母の運転で、積丹へ向かう道を走ります。
この道は、海沿いの岸壁に添うように通っています。

事故のあったトンネルは、あの岩が取り除かれ、そのまま使われていました。
その隣で、山の中を掘削する工事をしていました。
そっちに新しいトンネルを造るらしいのです。
それができるまでの間は、他に抜け道が無いこの辺は、事故のあったトンネルを
使うしかなかったようでした。

そのトンネルの入り口の脇に、小さな広場が作られていました。
祭壇があり、たくさんの花が供えられていました。
あれから半年しか経っていません。

そこに花を置きました。

その場所。
見上げた岸壁は、ただただ巨大で、テレビの映像から見たのより、胸に迫った。
あんな岩がと思うと、もう、泣くしかなかった。
声を上げて泣いた。

その場所を通るバスはみな、そのトンネルの前まで来ると弔いのクラクションを
鳴らしました。
長く長く。

車は、またそのトンネルを通って、来た道を戻っていきました。
助手席にいた私は、この場所でと思うと、また泣いた。

と、声がしたのです。
”○○ちゃん(私の名前)、泣かないで”
あの子の声。

海沿いの道をしばらく走って、私が落ち着いた頃、母がお昼にしようと
レストランに入りました。
注文の品を待つ間、海を見ながら母に言った。
「トンネルの中で、声がした。○○ちゃん、泣かないでって」
かなりの霊感がある母は、「そうか」とだけ。

       *

パパの友達は続けました。
「事故の後、そのトンネルに行った?」その時点で、あの事故から6年は経っているでしょう。
「うん」
「そこで何かなかった?」

私は、そのトンネルの中で聞こえた声のことを話しました。
「でも、魂がそこにあったような感じじゃなかったよ。綺麗だった」
「声が聞こえたという事は、まだ浮かばれていないということ。○○ちゃん(私の名)を
アンテナにして、みんながこっちに来た。浄化して欲しいらしい」

彼は私に、トンネルの中を思い浮かべるように言いました。
しばらく後、「もう、いいよ」と。
「浄化、終わったから」

彼がしたのなら、彼女も、他の人達も無事にあの世へたどり着くでしょう。
そうして、いつの日か、また違う姿で逢うかもしれない。
婚約者の彼とも、また、どこかで。
そう、思いました。

彼は、「それ」を仕事にしていません。
結婚した今は、すっかり使わなくなって、「力も落ちた」と言っています。
パパの結婚してから、こんな人がいっぱい。何かの縁だろうけど、その縁に感謝することもいっぱい。

« 博多総合車両所 公開日 | トップページ | いのちのたび博物館 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小樽:

« 博多総合車両所 公開日 | トップページ | いのちのたび博物館 »