ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月15日 (金)

グリーン・スリーヴス

クリスマスが近づくと少し切なくなります。
取り戻したい過去が一つだけあるのです。

 

同じ夢(前世?)を見たという人達と文通していた頃、頭の中に流れていた曲がありました。
夢の中で聞いたような気がして、その子達に聞いてみました。
何かで演奏したものを録音したテープを送ったのです。
と、二人のうちの一人が、同じ曲を小学校か中学の時、課題で作ったことがあると知らせてきました。

送られてきた楽譜を見るとほとんど同じでした。
しばらくして、ラジオからその曲が流れてきました。
実際にある曲だと分かって、クラッシックを聞きまくって見つけました。

「グリーン・スリーヴス」という曲です。
いまでこそ、TVのCMなどでよく耳にするようになりましたが、当時は聞いたことがありませんでした。
何かで歌詞を見つけて二人に送りました。
イギリスの民謡でした。
その時の歌詞は(森が消えてさみしい。小鳥がいなくなる)というようなものでした。
どうやら二人によると、私(前世の)が今(現世)で言う教会のような場所で歌っていたらしいです。

そして、何年も経って、またその曲に出会いました。
てんに買った、クリスマスのCDの中にありました。
賛美歌の一つらしいです。

邦題は「御使いうたいて」
”いとけなきこよ みめぐみあれ”

  *「眠れるみこ」はそのCDのオリジナルの名前だったらしい

当時(前世?)で使っていたのは英語じゃなかった気がしますが、こんな内容の歌詞だったと思うのです。
この曲を知って以来、耳にする度に切なくなります。
前世に帰りたいなんて思っていません。
ただ、もう一度あの子達と会って話したい...そう思うから。

前世が現実に重なっていく瞬間。
少しぞくっとします。


パパもそうでした。
結婚して6年目くらいに、上の子の足に痣があると話していました。
と、「俺にも痣はあるよ」と左の手首を見せてくれました。

その痣。

それは、10年以上前に、文通していた(前世の仲間だという)子が手紙に書いて
教えてくれた”紋章”と同じものでした。
当時の宗教か何かのもので、能力者の額や腕につくことがあると教えてくれてました。
複雑ではないけれど、筆で書いたような、一目でただの痣でないと分かるその形。

しまっていた当時の手紙を見せました。
(パパには夢のことは話してあった)
「何の痣なんだろうとは思っていたんだよね」とパパ。

果たして、偶然か気のせいか。

 

 

2006年12月14日 (木)

幸せのおうちパン

という特集の雑誌を買ってから、パンを作りたくなりまいた。

昨日、イーストを使ったパンを初めて作りました。
製作時間、4時間弱。
一次発酵に1時間半、その他の発酵に50分。
贅沢な時間の使い方だなぁ。
これも、てんが一次発酵するまでの間、ぐっすり寝ていてくれたからです。
起きてたらできないでしょう。

こうくんが幼稚園から帰ってから、二次発酵開始。
きれいに拭いたテーブルにのせて、伸ばして濡れた布巾をかけて20分休ませます。
その後、切り分けてオーブンへ。

この隙にてんがテーブルに乗っかっていました。
それも打ち粉をした上に、腹ばいで。
もちろん、粉まみれ。
そこで泳いだのか、お前は(^^;

出来はよかった!
固めの田舎パンを作ったけど、てんもこうくんも良く食べてくれました。
ジャムをつけると最高!
夜、パパにも食べさせました。
なかなか好評。

「家でパンが焼けるといいでしょ~パン焼き器があると便利だけど」と言うと
「いいなぁ、全粒粉パンもできるしな」

おお!購入決定?
うちみたいにパンの消費が多かったら、作った方が安上がりだし~。
ささ、ネットで検索~

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »