ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 2007年1月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年6月 9日 (土)

誕生

春、まだ肌寒い頃、無事出産。
3回目の帝王切開も痛かったです。
手術した後すぐ、手術室で赤ちゃんを胸の上に置いてくれました。

初めてのことで嬉しかったです。
そこへ、パパやこうくん、てんとじぃとばぁが入ってきました。
てんは、「ママ、おなか、すっぽん」を繰り返す。
てんには、お腹を切って、赤ちゃんを出してもらうと言ってあったから、
そういうことを表現したかったらしいです。
「おなか、すっぽん!」を手振りつきで繰り返す。
やめてくれ~笑うと縫ったお腹が痛い。必死で笑いをこらえました。

ママの入院中、てんは病院から帰る時、一度もぐずらなかったです。
「切ったお腹が痛いから病院にいるね。痛いのないしたらてんもおいでね」と
言ってありました。
赤ちゃんが生まれるから、赤ちゃんの為に、と言ってたら、きっと嫉妬して泣いてたかな。小さくても、説明すれば分かるらしいです。
何とか動けるようになった4日目から個室にしてもらって、てんも泊まり。
ベットを壁につけて、3人で寝ました。

看護師さんに、退院後だれか手伝いに来てくれるのと聞かれました。
ばぁは足が痛いから大変だし、てんもまだパパの実家には泊まれないし、
うちの実家の母は遠いし、働いてて時期的に休めないしで、それは望めません。

入院中に始まる幼稚園に、パパがこうくんを送ってくれてました。
迎えにはパパのじぃとばぁが来てくれます。
それだけでも、随分ありがたかった。

もちろん、こうくんも頑張りました。
大きくなったと言っても、まだ5才。
一度、てんが病室に泊まって、こうくんがじぃの家に泊まる日に、
「僕も病院に泊まる」と言って少しだだをこねたそうです。
言葉には出さないけど、我慢をいっぱいしてるんだ。


入院中、しばらくぶりに声が聞こえました。
「この子は、ヒコ」
そんな感じでした。
比古?
海彦、山彦の「ひこ」かな。
どういう意味があるんだろう。

« 2007年1月 | トップページ | 2008年1月 »