ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 2009年6月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月20日 (日)

家探しと・・・。

家が欲しいと探し始めました。
なるべくなら、こうくんの小学校を変えたくない。

不動産屋へ。
まずは、昨日3軒見ました。
1軒目は、場所はいいけど広すぎ、暗すぎ。
2軒目は、後ろが崖。
家も古い。
3軒目は、新築の後、3年未入居。狭すぎ。

その日、旦那の実家に行って、話をしました。
「家を買う前に、見てもらった方がいい」との事。

次の日、パパの知り合いの人に「みて」もらうことになりました。
知る人ぞ知る、その道では有名な「霊能者」さん。
不動産屋と午後から約束があるので、午前中しか空いてません。
電話をすると向こうから「じゃ、10時にしましょう」との返事。
「すごい、ぴったりの時間を指定されるね」と感心してると、パパが
「いつもだよ。本当に聞くべき用の時は、その時間は空いてるよ」とのこと。

「みて」もらうと、「西の方角」と「塚」や「一の谷などの谷」の名前がつく場所はだめと。
じゃあ、今日これから見る物件は、みんなだめだな。

ついでに、トンネルで声を掛けられたかーくんの話をしました。
「大丈夫ですよ。ついて来てませんから」とのこと。
この方に見てもらえれば、安心。

昼から、物件を見に行きました。
その内の一軒、何年も住んでない家へ。
廊下や畳がたわむ。あちこちぼろぼろ。こりゃ、修繕にかなり掛かりそう。却下。
と、二階に行った時のこと。
3部屋の内の一部屋を出て、向かいの真っ暗な部屋を見ると、すうっと白いものが移動するのが見えました。
不動産屋の人かなと思い、真ん中の部屋を覗くと、そこにその人はいました。
じゃあ、あれは人じゃないもの。

私以外の、不動産屋さんと、かーくんを抱っこしたパパは、その部屋に入っていきました。
私は入らない。敏感なかーくんは私が抱っこしとけばよかった。
でも、大丈夫だったようでほっとしました。

こういう時、何て言えばいいんだろう。
「その部屋、何かいるから入らないで」?
パパだけなら言えるんだけど、他の人がいるといいにくい。
変な人と思われるのが、オチだろうな。
前もって、用心するしかない。

あまりにも空き家の期間が長い建物や、ぼろぼろ過ぎるのは、初めから却下!

2010年6月16日 (水)

おばけトンネル

私の町の近くに幽霊?が出ると有名なトンネルがあります。
通らないようにはしていたのですが、旦那が「気にするな」と言って
よく通るので、自分も使うようになりました。

私は霊感はあまり無いと思いますが、何度か見たことはあるし、
なんとなく気配は分かります。
でも、何十回とそのトンネルを抜けても見たことがありませんでした。
「噂」を知っているせいか、ぞわっとする時はありましたが、混んでなくて近道になります。



先週のその日も、そのトンネルを通りました。
いつもは「少し」意識しているので窓は閉めていたのですが、暑かったので、
初めて開けたままトンネルに入って行きました。
横の歩道を歩いたり、自転車に乗って通ったりしてる人もいるので、
最近は油断していたのだと思う。

ラジオと風の音がうるさかった。
3才になったかーくんが、後ろのチャイルドシートの上で何かごしょごしょ
言ってるのが聞こえました。
何を言ってるのか、よく分からない。
でも、かーくんが独り言を言ってるのはいつもの事なので、あまり気にししませんでした。

トンネルを抜けた後、かーくんが「ばけ、ばけ」と。
「何?」
「ばけ、出た。なーまいだー。なーまいだー」
なーまいだーって、南無阿弥陀仏のこと?
って、お化け?

何度か聞いたら、こんなことを言ってました。

トンネルでお化けが出た。
黒い。
上に行ってと言った。
車の中まで入ってきた。
女の人。

話しかけられていたとは。
もっと、気をつけてあげるべきだった。
今までそんなことを言った事がないから、気にしていませんでした。
真ん中の子もこのくらいの時、一度見たことがあるのに。

今まで、そのトンネルに幽霊が出る話があると、子供に言ったことはありません。
また、他のトンネルや場所で言ったことはなかったのに。
なのに、言うってことは、本当に見たのかな。

すごく気になったから、パパの知り合いの人に話しました。

もしも、ついてきているようなら、子供は、少彦名命の神社か鬼子母神か
地蔵観音お守りを持っているといいらしいとのこと。
ここら辺にはありません。
なんとかネットで、少彦名命の神社を見つけました。

博多駅の近くに飛来神社という神社があり、土曜日、みんなでお参りに行きました。
社務所が閉まっていたのでお守りは買えなかったけれど、少し安心。

後でお義母さんに、子供にあまり聞かないことと言われました。
また寄って来るらしいのです。
それにしても、トンネルを出た後、なーまいだって、お経らしいのを言ってました。
怖いのを見たらお経を唱えてなんて、教えたことも、見せたこともないのに。

だいぶ経った頃、どうしても気になったので聞いてみました。
お化けは出てきた時、笑ってた?怖い顔してた?

「笑っていた」

少し、ほっとしました。
この子が見た「お化け」が、怖い顔をしていなくて良かった。

*追記

このずっと後、幼稚園のママ友に話したら、 自分の知り合いにも
子供が見たという人がいるそうで。
その子は、男の人を見たと。
どうやら、2体いるよう。

上の子の友達は、自転車に乗って女の人が「上に行って」と来たそう。
こっちは多分同じもの。

結構、皆知ってました。

« 2009年6月 | トップページ | 2010年7月 »