ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 2010年7月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月30日 (水)

熱田神宮と神の声 (愛知県)

熱田神宮では、こんな経験をしました。

いつ行っても参拝の方が多いのですが、その日は人もまばら。


お社の前に立った時、隣にお年を召した女の方がおられました。


熱心に祈っておられて、涙が見えたのです。


その時・・・

 

<神は、人の祈りにより存在するもの。人の祈りがなければ、この世に存在し続けることなし。
長い時を超えて、たくさんの人が祈り続けた証が、今の神の姿>


そう、声としてではなく、言葉がぽっと流れ込んできました。
お社の奥、大きな存在を確かに感じました。


何度も通っていたのですが、たった一度だけの出来事です。

 

 

2012年5月28日 (月)

砥鹿(とが)神社と結界 愛知県

愛知の砥鹿(とが)神社。


「結界」を始めて体験しました。


かなりの山の上にあるので、初めて行った時は、車に乗せてもらいました。
前の座席に二人、私が後ろの座席に一人。

長い坂道を登っていきます。


麓から三分の二程の距離を進んだ所で、唐突にそれを感じたのです。


風で出来た壁を通り抜けました。
バンと全身に当たるような感じでしたが、痛くはありませんでした。


その時、「うわっ」と、同時に前の座席にいた一人も声を出しました。



どうやら、その人も同じ場所で同じような<壁>を感じたと。
運転していた人は、何も感じなかったそう。

拒否されてるという訳でもなく、<結界>として、そこに存在してるようです。
その後、自力で何度か行きましたが、一度も感じませんでした。

 

運転してると分からないのかな?

天岩戸神社(奈良)と宇宙

奈良の天岩戸神社。

天香久山の麓にあります。



飛鳥駅まで電車で行って、そこで自転車を借りて飛鳥を巡りました。

住宅街にぽっかりと竹林が現れ、小さな鳥居とその奥に小さな社が見えます。

Naraiwato1
                                                       .

竹林が周りから神社を隔ててるようだと思いながら、最初の鳥居をくぐる。
すると・・・。

 

一瞬、くらっと目眩のようなものを感じた後、周りを見ると、真っ暗な空間が広がっていました。

星々がきらめき、銀河までも見えます。
宇宙空間のよう。
自分はそのただ中に立っていた。
上も下もなく、はてしなく広大な宇宙。

立っているというより浮かんでいる。
決して真っ暗闇ではないそのただ中で。
そこで、意思を持った大きな存在を確かに感じました。


「これは宇宙?」と認識した次の瞬間には元の景色に戻っていたのです。
ほんの少しの間のこと。


動悸を抑えられないまま、お参りしたのを覚えていいます。

 

                                           *

 

宇宙が見えた時、頭の中に浮かんだのは”扉”です。
(形が見えたわけではない)

”ここからどこかへいける”という”感覚”。

その感覚は、小さな社の奥から。
ご神体とされている岩からでした。



漫画の「イティハーサ」のなかで、目に見える神々(威神)の一行は、鳥居を門にして、鳥居から鳥居へと移動し続けます。


後に漫画を読んだ時、天岩戸神社を思い出しました。

(鳥居ではないが)

他の神社では感じたことが無い感覚でした。


*写真が見つかったので、UPします。
写真をスマホで撮り込んだので、映りがよくないですね。

2012年5月25日 (金)

伊勢(摂社)と巨大な白鷺

伊勢の神社で、声が聞えた神社がありました。

外宮参拝の後、内宮へ歩いてました。

すぐに、細い路地を見つけたのです。


寄り道をと思い、路地の方へ。

すると、大きな白鷺が目の前に下りてきました。


その白鷺は、ほんの二メートル程前をほとほと歩いていてます。
思わずついていきました。

神社等に行った時に現れる、妙になついてきて案内するような行動をする動物を「使い」だと思ってます。
そう思う時は直感ですが、こういう動物について行くと面白い場所に連れて行ってくれるのです。

10分以上一緒に歩きましが、やがて白鷺が大きな羽を羽ばたかせ、わき道の木に止まりました。

白鷺の後を追って行ったら、小さな社がありました。
伊勢神宮の(外宮の?)摂社のよう。

 

そこでしばらくぼおっとしていたら、周りの空気が変わったのです。


きらきらとした光る風に包まれました。
その時・・・

 

「コトシラネ」
と。


事白根・・・頭の中で、この漢字が浮かびました。
何となく事代主の神の事だと思ったのです。

家に戻って調べたら、ネ(根)というのは尊称で、神や貴人につけるものということ。
あの社の祭神は、事代主の神ではないと思うのですが。

 

言霊の「ネ」には、根っこでつながるという概念があります。

神様は、自分の深い場所で繋がっているのかもしれません。

伊勢(恵利原の水穴)と天岩戸

「恵利原の水穴」は、伊勢神宮に参拝した時に行ってました。

 

内宮から山の中へ、車で30分程。
長いトンネルの先にあります。


電車もなく、バスの経路でもありません。

愛知にいた時、ここに来たくて、車の免許を取りました。

Erihara01_2

(写真が古い)

水がおいしいと有名なので、山の中の分かりにくい場所なのに、いつ行っても水を汲む人がおられます。

 

Erihara03

その上、少し登った所に”風穴”があります。


直径50センチくらいの穴があって、中から涼しい風が流れてきます。
その穴は、内宮まで繋がっているという伝説がありました。

 

Erihara02

初めてそこに来た時、なんて澄んだ場所なんだろうと感じたのです。


まるでお社の前に立った時のような。

そうして木漏れ日の中ぼーっとしていると、下で水を汲みに来ている人達の声が聞えなくなりました。
別世界に、たった一人でいるような感覚。

その時、


<<オモイカネノカミ>>

という声が聞えました。


周りに誰もいません。

思兼神・・・ここの祭神ではなかったと思うのですが・・・。
伊勢の神社に多かったのですが、神様の名が聞えることがありました。

いつも、初めて訪れた時だけ。

               *

 

最近、思い出したのです。


この「恵利原の水穴」
天照大御神が隠れた場所として、天の岩戸とも言われています。

私がここで聞こえた「オモイカネノカミ」という声は、全く関係がないわけではないのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

« 2010年7月 | トップページ | 2012年6月 »