ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月10日 (火)

庭のわかめ

庭にわかめがあると気づいたのは、一ヶ月程前。

雨が降ると緑色のゼリー状になって、まさに肉厚のわかめが庭に落ちているような状態。

晴れの日が続くと、乾いて縮まって娘曰く「鳥の○○みたい」
嫌がって、庭で遊ばなくなったのです。

ここの所の西日本を襲った大雨&長雨で、わかめが何だか増えたっぽい?
徐々に庭を征服しようとしているのです。

パパ曰く、「苔じゃないのか?」
「あんな、波打っているぽにょぽにょしてるのが苔?」
と私。

とうとう、昨日ネットで調べました。


「イシクラゲ」

細菌なのだそうです!
まぁ、苔のようなものだとか。

人畜無害。
食用にもなるし、漢方薬になったり、抗腫瘍、抗ウィルス薬としても研究されてるとか。

食用???
あれ、食べられるんだ!

と、思っていたら関西の番組「探偵ナイトスクープ」の映像がユーチューブにありました。

「ほんまに食べてる~!」
と、横で見ていた娘は大喜び。

いやいや、探偵様、せめて湯がいてください。

兄にも、
「あれ、何億年も昔から姿が変わってない生きた化石やねんて」
と言うと、
「すげー!シーラカンスとかオウムガイとかカブトエビ(田んぼにいるやつ)とかと一緒??
採って植木鉢に植えよう!」

それだけは、やめて・・・。


ほおって置いても大丈夫・・・とは言っても、踏むと滑りそうだし、
何より気持ち悪いので駆除に決定。

食酢を薄めたものをジョウロで撒く。
苔用の防除剤を撒く。
アルカリの土壌を好むらしいので、酸性の土壌に入れ替える。
水はけをよくする。

う~ん。とりあえず、乾いている時に採ると胞子が飛んで増えるらしいので、
雨が降った時にできるだけ採って処理しよう。

明日から雨?
決行~!

正体が分かって、ほっとしました。

2012年7月 2日 (月)

前世と石切劔箭神社と矢田坐久志比古神社 その3

石切劔箭(いしきりつるぎや)神社は、生駒山の大阪側の中腹にあります。
石切駅を降りるとすぐに、参道が続きます。
にぎやかな商店街が続き、人があふれ返っていました。

ここに来るまでまったく知らなかったのですが、できものの神様として有名らしく、
参拝の方がたくさんおられました。
できもの・・・おできや、がんや、身体にできるあらゆるできものの治癒の祈願に
来られるのです。

神社の前に来ると、30人以上の方が同じ方向に回っておられました。

お百度参りです。
自分の為、大切な誰かの為、願を掛けて回るのです。

私は時々、念の強い場所に来ると「当てられて」しまうことがあります。
これだけたくさんの方々の願いが重なると、とても強いパワーになります。
その祈りのパワーに押されて、ふらふらになってしまいました。

なんとかお参りをした後、お社とは反対側へ行きました。

そこに、石がありました。

「祭神 饒速日命(にぎはやひのみこと)が天磐船に乗って、
この地に天下ったおりの足跡が施された石」とありました。
(腰を掛けられただったか、何だったか、忘れてしまいました)

その後、生駒山を越えて奈良に入ったと。

愕然として、その場にへたり込んでしまいました。

<そうか、本当にあの船は生駒山を越えたんだ>


遠い昔、この地を翔け抜けた<アマノトリフネ>の軌跡が、見えた気がしました。
夢が重なっていくようでした。


空を飛ぶ船なんてありえないのですが、否定できない自分がいるのです。
今よりずっと遠い遠い昔の夢の話。


「ありえないなんてことは、ありえない」
それをつくづく痛感させられる世界。

                *

現実では多分、生駒山の大阪側の麓に船で着き、歩いて生駒山(当時は、違う名)を
越えて、奈良側の麓に下りた・・・ということなんでしょうが。

前世と石切劔箭神社と矢田坐久志比古神社 その2

その二つの神社に行くことになったのは、ほんの偶然でした。

知り合いが、大阪に滞在することになったので、泊まりで会いにいくことにしたのです。

その滞在先の生駒山の中腹には、石切劔箭(いしきりつるぎや)神社がありました。
初めて聞いた神社でしたが、側に行ったついでにと行くことにしました。

ですから、一日目の奈良ではあまり遠出をせずに、生駒山の奈良側の麓にある、
矢田丘陵の矢田坐久志比古(やたにいますくしひこ)神社に行ったのです。



一日目、電車やバスを乗り継いで、なんとか矢田丘陵につきました。
なかなかここに来られなかったのは、交通の不便さでした。

バスを降り、とほとほ歩いて行く内に、目眩に似た感覚が。

ここは、この場所は、「前に来たことがある」という強烈な既視感。
ここから見上げる山は、昔見たもの。
いつの昔?
今の私は、ここに来たことがない。

矢田坐久志比古神社の門には、大きなプロペラが掛けられていました。
近年、掛けられたものだそうで、航空の守り神様が祭られています。

Yata1

                                                                    .Yata2

                                                                           .
「祭神は、櫛玉饒速日命(くしたまにぎはやひのみこと)」
「天磐船に乗ってこの地に天下ったと伝えられる」


<<アマノトリフネは、生駒山を越えた>>


あの夢が蘇りました。

”生駒山を越えて、奈良側の麓に降りた”

まさか、そんなはずがない。
という私と、やっぱりという私が、私の中でせめぎあっていました。

生駒山を越えて降りてくる、白い巨大な船が、目の前に迫ってくるようでした。
夢の中で見たものだったのか、頭の中で作り出したものなのか。

降りてきた船の人々とは、一時、戦になりました。
のどかな風景と、逃げ惑う人々の幻影が一瞬重なって、胸が痛みました。

遠い遠い昔の夢の話です。

翌日、この気持ちを抱えたまま、生駒山の大阪側へ行きました。

(続く)

2012年7月 1日 (日)

前世と石切劔箭神社と矢田坐久志比古神社 その1

大阪にある石切劔箭(いしきりつるぎや)神社と、
奈良にある矢田坐久志玉比古神社(やたにいますくしたまひこ)神社。
この神社のことを書く前に、私が見た夢を書かねばなりません。

以前に、前世かもしれない夢を見たと書きましたが、これもその夢の一つです。

*******************************

私は、その夢では古代の日本にいました。
今よりも遠い遠い昔の話。

 

Fujiwara
                                                          .
そこは奈良でした。
今の私が幼い頃に暮らした場所。
懐かしい山々は、今となんら変わることなく。
間違えようがありません。


その頃(古代)の奈良にはまだ、大きな湖がありました。

奈良盆地がすっぽりと覆われるような大きさ。


夢ではよく、南から北の湖を眺めていました。
耳成山(?)の北辺りからだと思います。
そこに住んでいたからという訳ではなく、雨期ごとに広がる湖が心配だったのでしょう。

(夢の最初に見たのは、湖。湿地帯を見せた時期の方が短いのかもしれません)



ここからは、ちょっと絵空事のような話なのですが、
夢を見た時に今の私の感覚も混じっているかもしれないので、
どこまでが空想か、前の世界のことなのかは分かりません。

なので、見たままを。

                 *

その世界でも色々なことがあったようですが、ある日、唐突に船が参りました。
私はそれを離れた場所から「視て」いました。
肉眼ではなく、透視(遠視?)のようでした。

船は白く、とても巨大で、真っ白な帆が風をはらんでいました。
今までに見たことがないその異様な巨大さ。

その船が生駒山の頂上を越えてきたのです。
静かに、ゆっくりと。

船は<アマノトリフネ>と呼ばれていました。

その時「今の私」は、(過去の?)私の中で、
「山を越えるなら生駒山よりも、もっと南の二上山の方が低くて通りやすいだろうに」
とのんびりと考えてました。
夢の中の「今の私」は、この夢が前の世界の夢だと分かっていました。

場面転換して、船の夢はそこで終わりでしたが、生駒山を越えた後、奈良側に降りたようでした。


夢から覚めた後、「なぜ、わざわざ生駒山を越えたのか」と不思議でした。
「奈良の西で一番高い山(当時そう思ってる)を、越えてくる船」の夢をなぜ見たのかと。
前世と思われる夢の中の、その”不都合な場所を越える船”。

それは本当に前世の夢なのだろうか。
勝手に自分が作り出した、ただの夢ではないのかと。

船が飛ぶこと自体、ありえないことなのですが、何故かそれはすんなりと受け入れてました。

その疑問が、自分の中で解消される日が来たのです。
夢を見て数年後のことでした。


(続く)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »