ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 前世と石切劔箭神社と矢田坐久志比古神社 その3 | トップページ | 玉置神社(奈良) »

2012年7月10日 (火)

庭のわかめ

庭にわかめがあると気づいたのは、一ヶ月程前。

雨が降ると緑色のゼリー状になって、まさに肉厚のわかめが庭に落ちているような状態。

晴れの日が続くと、乾いて縮まって娘曰く「鳥の○○みたい」
嫌がって、庭で遊ばなくなったのです。

ここの所の西日本を襲った大雨&長雨で、わかめが何だか増えたっぽい?
徐々に庭を征服しようとしているのです。

パパ曰く、「苔じゃないのか?」
「あんな、波打っているぽにょぽにょしてるのが苔?」
と私。

とうとう、昨日ネットで調べました。


「イシクラゲ」

細菌なのだそうです!
まぁ、苔のようなものだとか。

人畜無害。
食用にもなるし、漢方薬になったり、抗腫瘍、抗ウィルス薬としても研究されてるとか。

食用???
あれ、食べられるんだ!

と、思っていたら関西の番組「探偵ナイトスクープ」の映像がユーチューブにありました。

「ほんまに食べてる~!」
と、横で見ていた娘は大喜び。

いやいや、探偵様、せめて湯がいてください。

兄にも、
「あれ、何億年も昔から姿が変わってない生きた化石やねんて」
と言うと、
「すげー!シーラカンスとかオウムガイとかカブトエビ(田んぼにいるやつ)とかと一緒??
採って植木鉢に植えよう!」

それだけは、やめて・・・。


ほおって置いても大丈夫・・・とは言っても、踏むと滑りそうだし、
何より気持ち悪いので駆除に決定。

食酢を薄めたものをジョウロで撒く。
苔用の防除剤を撒く。
アルカリの土壌を好むらしいので、酸性の土壌に入れ替える。
水はけをよくする。

う~ん。とりあえず、乾いている時に採ると胞子が飛んで増えるらしいので、
雨が降った時にできるだけ採って処理しよう。

明日から雨?
決行~!

正体が分かって、ほっとしました。

« 前世と石切劔箭神社と矢田坐久志比古神社 その3 | トップページ | 玉置神社(奈良) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 前世と石切劔箭神社と矢田坐久志比古神社 その3 | トップページ | 玉置神社(奈良) »