ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 前世と石切劔箭神社と矢田坐久志比古神社 その2 | トップページ | 庭のわかめ »

2012年7月 2日 (月)

前世と石切劔箭神社と矢田坐久志比古神社 その3

石切劔箭(いしきりつるぎや)神社は、生駒山の大阪側の中腹にあります。
石切駅を降りるとすぐに、参道が続きます。
にぎやかな商店街が続き、人があふれ返っていました。

ここに来るまでまったく知らなかったのですが、できものの神様として有名らしく、
参拝の方がたくさんおられました。
できもの・・・おできや、がんや、身体にできるあらゆるできものの治癒の祈願に
来られるのです。

神社の前に来ると、30人以上の方が同じ方向に回っておられました。

お百度参りです。
自分の為、大切な誰かの為、願を掛けて回るのです。

私は時々、念の強い場所に来ると「当てられて」しまうことがあります。
これだけたくさんの方々の願いが重なると、とても強いパワーになります。
その祈りのパワーに押されて、ふらふらになってしまいました。

なんとかお参りをした後、お社とは反対側へ行きました。

そこに、石がありました。

「祭神 饒速日命(にぎはやひのみこと)が天磐船に乗って、
この地に天下ったおりの足跡が施された石」とありました。
(腰を掛けられただったか、何だったか、忘れてしまいました)

その後、生駒山を越えて奈良に入ったと。

愕然として、その場にへたり込んでしまいました。

<そうか、本当にあの船は生駒山を越えたんだ>


遠い昔、この地を翔け抜けた<アマノトリフネ>の軌跡が、見えた気がしました。
夢が重なっていくようでした。


空を飛ぶ船なんてありえないのですが、否定できない自分がいるのです。
今よりずっと遠い遠い昔の夢の話。


「ありえないなんてことは、ありえない」
それをつくづく痛感させられる世界。

                *

現実では多分、生駒山の大阪側の麓に船で着き、歩いて生駒山(当時は、違う名)を
越えて、奈良側の麓に下りた・・・ということなんでしょうが。

« 前世と石切劔箭神社と矢田坐久志比古神社 その2 | トップページ | 庭のわかめ »

コメント

はじめまして。

矢田の懐かしい神社の名前が出てきて、懐かしく読ませていただきました。
神社のすぐ近くの小学校に通っていた頃を思い出しました。
石切さんにも行ったことがあります。

不思議なお話ですね
古代のことは興味が尽きないですね~。
私も興味があります。
前世のことはよくわからないのですが、もしかしたらレムリアにご縁があったのかも・・・という気がしています。

思わず懐かしさのあまり足跡を残させていただきました。

はじめまして。trinity さま。
(こちらでも「公開」にいたしました)

私は秋篠に住んでいました。
矢田は、どことなくふるさとに似てて、とても懐かしく思ったことを思い出します。

奈良はとても不思議な土地でした。
山々に(心)があり、いつも見守っていてくれているような気がしていました。

また、行きたくなりました(*^ ^*)

これも何かのご縁。
前の世でもお会いしていたかもしれませんね

寝ている間に時空を超えているのかも(✿ゝ‿◕)σネッ
それにしてもリアルな夢!
色々見させて頂きましたが 神に関わるものの夢が多いように思うのですが・・・^^
こんな経験があると 神社巡りも更に静粛な気持ちになるでしょうね^^

ちなみに私は福岡の太宰府出身です!
親戚は他記事にもコメントしてるけど那珂川含め 福岡に数か所・・・

機会があれば是非 太宰府市にも足を運んでみてください✿(。◕‿-。)ネッ
菅原道真公を祀った「太宰府天満宮」は有名ですが
その道真公が追われている時に逃げ込んだ 貧しい民家のおばあちゃんを祀った「榎神社」はあまり知られていないかも知れません
水瓶の中にかくまって敵を欺いたそうです
貧しかったけれど精一杯のもてなしとして 庭の梅の木の梅をすり鉢ですり 餅に混ぜて道真公にお出ししたとか・・・
それが天満宮に売られている「梅が枝餅」です♪
このおばあちゃんを弔う祭りが今もあります^^ 9月の終わり頃だったかな?
「どんかん祭り」というのだけど 何故どんかんなんだろう?www

太宰府も低い山々に囲まれた盆地です^^ 奈良とも似ているかも知れないですよ?

コメントありがとうございます

いつの頃からか、神社に行くときは「私」は黙っていようと思うようになりました
前は「願い事」やら色々言ってたのですが。
そうすると分かることもあるようです。

最近は、あまり神社に行ってないんですよね
独身の時のように気楽にゆったり「神社めぐり」ができないのが、
ちょっと寂しいです。

大宰府大好きです!
政庁跡の景色は、そのまんま奈良の平城京跡です。
奈良が懐かしくなると、そこで浸ってます

梅が枝餅!そんな由来があったんですね
大宰府に行くと焼きたてのあつあつを食べるのが楽しみです。

榎神社も「どんかん祭り」も、行ってみたいですね~
こっちにいるのに、あまりあちこち行ってないのに、
最近気がついたのです

行けたらブログにUPしますね

政庁跡っていうのは都府楼跡地のことかな?
あの並びにある「水城小学校」「学業院中学校」は母校ですw
そうですね!あそこも関所の跡地なのでお城の跡地みたいでしょうね!
私はというと・・・
あそこで「高鬼ごっこ」やら「雪合戦」やらしてました(>▽<;;

まぁ遺跡しかない町だからしょうがないよね?(マテw

あ!そうそう!都府楼跡地の横に「筑紫楼」という料理屋さんがあったのですが まだあるかな? 同級生の店ですw(笑

こんにちは★おきらく龍★さん

都府楼はどこを見ても懐かしく感じます!
適度に田畑があって田舎具合が奈良に似てるのかな~
水城の跡も整備されてて、「あっこで遊ぶと子供は喜びそう」と思いながら
車で通り過ぎてます(^-^;

「筑紫楼」は見たような、見てないような?
今度側を通ったら、じっくり見てきます

コメントありがとうございました
この夏、行きたいとこがいっぱいになりましたよー

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 前世と石切劔箭神社と矢田坐久志比古神社 その2 | トップページ | 庭のわかめ »