ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年8月16日 (木)

玉置神社(奈良)

奈良の吉野に玉置神社がある。
ここで宇宙を見た。

深い深い山の奥。
細い山道をぐるぐる走るとようやく着く。

山の頂上の駐車場に停めた頃、雨が降ってきた。
小降りになるまで車の中で雨宿りをしようと、ラジオのスイッチをつけた。

すると、日本語だけでなく、色んな国の言語が入ってきた。

中国語、ハングル語、英語、おそらくロシア語、ポルトガル(ブラジル)語・・・。
判別できたのはこれだけでしたが、一つの周波数に様々な言語があふれていた。



「高い山だから、こんなに混線するのかな」
と、話していた時、その感覚がきた。

ふうっと体が持ち上がったかのよう。

            *


見渡すと真っ青な空に薄い雲。
吉野の山々の眩しい程の濃い緑。

飛行機か何かに乗って、地上を見下ろしているかのような風景が広がっていた。

 

遥か遠くには、丸い水平線。

頭上には藍の空。

Cropred19526b027(Photo by redsugar)

 

もっと高くへ

水平線は丸くなり

手が届きそうな星々が一面に広がった。

 


地球と一体化していくような感覚。
私自身が「地球」であると。

 

その時、

<全は一つ>

はっきりと、そう聞こえた。



           *

次の瞬間、車の座席に座っていた。
夢にしては、確かな現実感。

雨はいつの間にかすっかり上がって、玉置神社を参拝した。
祭神は「国常立尊(くにのとこたちのみこと)」

先ほどのは、この神様が見せて下さったものだ。

ここから・・・地球上で一番高い場所から、全てを見守ってくださっている。
そう思えてきた。

 

<全は一つ>

全ては、一つ。

私は全てであり、全ては私。

私は世界であり、世界は私。

すべての人は、一つ。

この星と全てのものは、一つ。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »