ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 別の星の夢 ~前世 2~  | トップページ | 古代奈良の夢 ~前世 4~ »

2012年11月 4日 (日)

前世の仲間 ~前世 3~

高校を卒業した春のこと。

 

その頃、「ムー」のような雑誌を無性に見たくなった。
しかも、その”投稿欄”のみ。
その頃のオカルト関係の雑誌には、「前世の仲間募集」の投稿をしている人がよくいた。

日渡早紀さんの漫画「ぼくの地球を守って」に影響されてのことだと思う。
漫画の主人公達は、自分達が見ていた夢が同じ内容だと知り、前世だと思う。
そして他の「前世の仲間」を集める為に、オカルト雑誌に投稿する。

その漫画は、私が夢を見始めた少し後から、雑誌「花とゆめ」に連載されていた。
とってもファンだったのだけど、自分が見ていた夢が「前世」だと少しも思わなかった。
夜毎、「別の世界」に行っていると思っていたのだから。

 

だから、その春までその手の雑誌に触れたこともなかった。

手当たり次第に手に取って、一ヶ月目。
それを見つけた。

     「前世の仲間を探しています。
    (夢の内容が書いてあって)別の星にいました。
      竜厘、卑弥果、瑠蘭、希境を探しています。
      私たちは、沙霧、桜花林、孔樹です」

夢の内容はまったく思い当たらなかったけど、「別の星」と「竜」という文字に引かれた。

 

自分の「洞窟の夢」の内容を手紙に書いた。
そして、そのような夢を見たという「リュウ」という人から連絡があったら、
教えてくださいと。
                                          .

まもなく、返事が来る。
「私は、”その洞窟の夢”のような世界を見たかもしれない」とあった。

何度か手紙のやり取りをしていく内に、自分の夢とその人たちの夢と同じものが
あることに気がついた。

(その雑誌の前世についての内容は、適当に書いたものだと後から聞いた。
 何か書かないといけないと思ったからだそう。「本当」は名前だけだと)

                           *

その「別の星の夢」。
どうやら、私は仲間の一人らしいということになった。

私は、<卑弥果>

その名を、「彼女達が見た夢」から聞いた。

                            *


その人達は、夢から多くの情報を受け取っていた。

漢字の名前の他に、みな「コードネーム」があった。
「リュウ、サラ」はその中にあった。
私のコードネームは<ミサ>という。

(彼女達が手紙に書いてくれた名前の<漢字>は、微妙に違っていた。
日本の旧字体でもなく、中国のそれでもなく。
でも、この漢字を表すのだろうというのは分かった)

その星には唯一の宗教(?)があった。

その神は「実在」していた。

私達のような能力を「妖力(ようりき)」といい、妖力を持ったものの中には、
宗教の紋章である「リヴィ」が、体のどこかにつくことがあった。

妖力は珍しいものではなく、その力で「仕事」をしている人もいたらしい。
私達のような依頼をされて仕事をこなす「集団」も、他にいたよう。
その人達の特に能力の強い人達は、漢字の名前が与えられていた。

その名前は、すべて「日本語読み」
普段の言葉は、日本語でも英語でも、地球上のどの言葉でもなかったようだけど。

私が夢を見なくなってから、この頃に一度だけ見た「別の星の夢」の中で、
その理由を聞くことになる。

                    *

その「別の星」で、私とリュウがいた。
”私”は自分自身のことを”卑弥果”、隣りにいる人を”竜厘”だと
認識していた。

「希境」という人に初めて会う場面だった。

「これで、前世の7人がそろったのね」と言っていた。
彼女達は、何度も一緒に転生しているらしい。
そして、その度に出会う。

その時の”前世の私”は、夢を見ている私に言った。

<<この星は地球を知っている。日本という国を知っている。
そして、能力を持った人達の多くが、次に日本という国に転生することを知っている>>

 

(古代奈良の夢 4 に続く)

                                              *

 

 

 

 

 

 

 

 

« 別の星の夢 ~前世 2~  | トップページ | 古代奈良の夢 ~前世 4~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 別の星の夢 ~前世 2~  | トップページ | 古代奈良の夢 ~前世 4~ »