ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 現人(あらひと)神社 福岡県 | トップページ | 安徳台(迹驚岡・とどろきのおか) 福岡県 »

2013年4月28日 (日)

裂田神社と裂田の溝(さくたのうなで) 福岡県

福岡県の筑紫郡那珂川町安徳に裂田神社(さくたじんじゃ)があります。
01sakuta
                         .
上の写真の右端の奥に見える森のようなものが安徳台です。

02sakuta                                   .

茶色の欄干の下に、裂田の溝(さくたのうなで)という水路が通っています。

03sakuta

裂田の溝です。

上の写真の右上の方に、裂田神社があります。

04sakuta


上の写真の右側が裂田神社、正面が安徳台(迹驚岡・とどろきのおか)です。

(安徳台については後に)

                      *

神功皇后が大陸に出征する際に、「人の前に初めて現れた神」。

その神を祭る「現人神社」。


神功皇后はその神社の神田に水を引く為に、土地の人を指揮して
那珂川の地に溝(うなで・水路)を築きました。

福岡の真ん中を流れる那珂川がすぐ側にあるのですが、土地よりも低いために
田に引き入れることが出来ないので水不足だったのです。

まず、伏見神社(山田にある)の前辺りの那珂川に堰を作りました。

「一の井堰」と言われています。

今ではコンクリートで被覆されていますが、江戸の時代には、
どんな大雨でも壊れない「筑前一」の堰と言われていました。

工事の時の調査で、その堰の作りが出雲族のたたらの炉の地下構造と
同じものであったと分かったそうです。

裂田の溝は、その堰の手前の取水口から安徳台の側を通り、何キロも経て
今光(いまみつ)に至り、再び那珂川に注いでいます。

                        *

日本書紀の神功皇后紀によると、迹驚の岡(とどろきのおか・安徳台)の側に
差し掛かる時、大岩が塞がりました。

皇后が竹内宿禰に命じて鏡と剣を奉らせ、神に祈ると雷がこの岩を裂き、
溝を築くことが出来ました。

そこでこの溝を裂田の溝(さくたのうなで)と名づけ、
その側に裂田神社を築いたそうです。


ほとんどの場所は1800年前(1600年前の説もあり)程何度も修繕、整備されていますが、
それほどまでに古い水路が、現在も使われているのはここだけだそうです。
夏になると子供達が泳いでいます。
06sakuta


                (裂田のうなで ’13年 夏)

安徳台の側のうなでには遊歩道があり、散歩コースになってます。

Sakuta26

この写真の手前

Sakuta27
右側の崖は、9万年前の阿蘇火砕流堆積層です。
おそらく、うなでが築かれた当時のままの姿です。


                                        *

実在しないと言われている神功皇后。

ですが、遙かな昔にこの地に水路を引き一大事業をなしとげた人達の功績は、
日本書紀というこの国の最古の歴史書に書き留められています。


それを長い間、大切に受け継ぎ、守っている人達。
今でも、うなでにはごみ一つ落ちていません。

清流が流れ、魚が泳ぎ、子供達が遊んでいます。

那珂川の田畑を潤し、秋になると見事な黄金色の穂を実らせます。

                   *

裂田神社の側に初めて来た時、まさに秋でした。

黄金色の稲穂に白鷺が舞う光景を見た時、涙が止まりませんでした。

望んでいた光景が、目の前に広がっている。

そんな不思議な気持ちになっていたのです。

日本書紀の舞台であることなど、まだ知らなかったのですが。

« 現人(あらひと)神社 福岡県 | トップページ | 安徳台(迹驚岡・とどろきのおか) 福岡県 »

コメント


初めまして。

アメノトリフネの記事から惹かれて、いつも拝見させていただいています。


3月に伊勢にも行きました。古代奈良の日記を読んでいた時、とても懐かしい気持ちになりました。


とても空気の澄んだ、素敵な場所ですね^^*


またぜひ拝見させてくださいね。


ご自分の感覚を大切になさってくださいね*。

コメントありがとうございました

そういえば、那珂川はとても奈良に似ていると思います。
”懐かしい”という想いは、過去に夢かどこで
見た記憶があるからかもしれないですね(^ ^)


またいらしてくださいね

弥沙さん、こんばんは♪
1800年間、人々の想いに大切に守られてきた水路。
綺麗な水が流れていて、まさに「清流」という言葉がぴったりですね☆

想いって大事だなー・・・と、お写真を拝見しながらしみじみ思いました。
心洗われる素敵なお写真をありがとうございます

こんにちは、kokageさん
コメントありがとうございます

いつもkokageさんのブログの写真を見て、
こんな素敵に撮れるといいなぁと思っています。

今回、スマホでアップすることができたので、
写真を載せることがようやくできました

まだまだですが・・・(^-^;

初めまして^^
懐かしい~~~~❤

福岡の太宰府出身なのですが 那珂川にも親戚がおります^^
幼い頃 その親戚宅に行くと 夏休みの川遊びは恒例でした♪
忘れていた記憶・風景が思い出され 私も思わず涙^^

どうも(人‿◡*)ありがとう*:;,.♥

ちなみに太宰府も遺跡ばかりの街!
良いところで生まれたのに 何故今 東京に居るのだろう?
なんて考えたり・・・ (>▽<;;

はじめまして、おきらく龍さん
いつもきらりと、ぽちありがとうございます!

那珂川の水はまだまだ綺麗です
夏は冷たくて水遊びに最適!
蛍もたくさん飛んでます

大宰府にもちょくちょく行きます。
休みの日の渋滞はすごいですが、平日はまったりです
梅が枝餅もおいしいですね!

私も育った奈良にあこがれて家を出てきたのに、
いつの間にか福岡です(^-^;

人生って分からないものですねー(^o^;
まあ、今が楽しければいいかな

これからもよろしくお願いします

そうですね^^
「遠くにあるからこその故郷」 なのかも(✿ゝ‿◕)σネッ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 現人(あらひと)神社 福岡県 | トップページ | 安徳台(迹驚岡・とどろきのおか) 福岡県 »