ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 宗像大社 (福岡県) | トップページ | 岩戸神楽 ー伏見神社ー 福岡県 »

2013年7月15日 (月)

櫛田神社  福岡県

昨日、追い山前の櫛田神社に行きました。
追い山は7月15日の朝にあります。

Dsc_0273
                         .
この日に行くのは初めてで、祭りの前の熱気が伝わってきました。
櫛田神社の中にある山です。
Dsc_0275

10メートルはあるでしょうか。
昔はこの飾り山を舁(か)いていたそうです。

Dsc_0280

祭神は大幡主命・天照皇大神・素盞鳴命
祇園山笠は、祇園神( 素盞鳴命)に対する奉納神事ということです。
Dsc_0291



櫛田神社の側にある上川端通りのアーケードの中にある山です。
アーケードが出来るまえはもっと高かったそうです。
追い山の日、数ある飾り山の中でこれだけが動きます。

Dsc_0293

大黒流(だいこくながれ)の山です。
この山を博多の男達が舁いて、櫛田神社での「お櫛田入り」のタイムを競い、
博多の町を駆け巡ります。

山笠期間中は、長法被(一枚目の写真に写っている人の姿)は正装とされ、
結婚式や葬式でもこの姿で出席します。
中にはその姿で会社に行く人もいます。


山を舁く人たちは(子供も含め)、何より山笠優先。
「やまのぼせ」という言葉まであります。
会社や学校も休んだり、早退したりでき、
この近辺の会社は山笠に出る人が多いので、この日は休みになります。


私が山笠で最も気に入ってることは、誰でも山を舁くことができることです。
「舁きたい」という気持ちがあれば、参加している人の紹介で
地元の人じゃなくても参加することができるのです。

15日の朝になるとうちの近所でも
「山を舁いてきたさ」という言葉を聞く事があります。

もともと地元の人だけでしていたのが、博多の町の商業化による人口減少により、
人手がなくなったからということです。


博多の町がこんなにも活気にあふれ、穏やかなのが分かります。
山笠のもと、一つになれるからなんですね。

お櫛田さまに入った時のあふれるばかりの「喜び」の気。
多度大社でも感じましたが、祭りが神の力を強くするのだと感じました。

« 宗像大社 (福岡県) | トップページ | 岩戸神楽 ー伏見神社ー 福岡県 »

コメント

山笠!
これも幼少期に行ったきりのような・・・^^;

あ!思い出した!
山笠の日に”町電車”に乗っていて 間違えてひとりで降り 泣いて立ちすくみ・・・!!
あやうく轢かれそうになりましたΣ( ̄ロ ̄lll)

こんにちは!

ええっ!これに轢かれたら大変!
きっとその前に荒っぽい若衆に助けられたのでしょう・・・

まだ、町電車走ってたのね!!

今、福岡のバスに乗れなくて・・・
あまりにも複雑で!!

いやw 町電車に!轢かれそうにw (>▽<;;

福岡のバス 私も乗れないだろう( ・_ゝ・)(・c_・` )ナー
電車も線が増えてるし^^;

私が高校卒業の頃に「やっと」天神から「地下鉄」が出来た頃だよんw

ええっ、町電車に!
それは怖かったでしょう

おおっ!やっぱり、ほぼ同世代!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 宗像大社 (福岡県) | トップページ | 岩戸神楽 ー伏見神社ー 福岡県 »