ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月27日 (火)

なわとび

「夏休みの間になわとびの練習をする」と約束した末っ子の次男(幼稚園年長)。

10月にある運動会で、縄跳びを10回飛ぶ演技があるのです。


でも、外は恐ろしいくらいに暑く、庭にも蚊がうようよ。

練習しようにも、先に私が断念(^^;
この間、涼しくなった夕方に公園に行って練習しました。

と。
一度も飛ばないうちから、「できない」

なだめすかしてなんとか、一度縄を回したと思ったら、
「やっぱりできない」と大泣き。


そうこうしている内に、後一週間で夏休みも終わりです。



昨日は、登園日で久々に幼稚園に行きました。

「なわとび練習した?」

と、他のママ達に聞くと、教えるコツとか色々教えてくれました。


「大きく回して、縄を目で追いながら下につく時に飛ぶって教えたよ」

「マンションでも一階だから、部屋の中でしてたよ。
一週間くらいで、ゆっくりだけど10回出来た!」
と夏休み前は一回も飛べなかった男の子のママ。

お~!家の中!考えもしなかったよ!うちもそうしてみよう。


今日は午前中は、図書館の後、スーパーヘ買い物へ行きました。
そこで「キョウリュウジャー」のおもちゃ(680円)を見つけてしまった末っ子。

「ぜったいほしい!」
うちは現在進行形の戦隊もののおもちゃは買わないと決めているので、却下。

「夏休みの間、なわとびしない、ひらがなも練習しないで、
まったくがんばってないのに買わないよ」


「がんばるから買って!」
「それはがんばってからいいや!がんばって10回飛べたら買ってやる!」
(関西弁入ってます

うちに帰って、ドアを開けたと思ったら、

「なわとびする」

と言ったのでリビングのスペースを開けました。

と、
「一回、二回、・・・。」

なんと三回目には十回飛んでました。


そして、満面の笑みで


「おもちゃ買って!

負けました・・・

2013年8月 7日 (水)

家探し   ー土地と家と人ー

土地について、まだ書いていないことがありました。

家探しと・・・」と「土地探しと霊道」の続きです。

私たちが家を探したのは、2年程の間でした。
その間、不動産屋さんと同じ地域の中古の家や土地を見て回りました。

気づいたのは、同じ地域でこんなにも土地の状況が違うということでした。

私たちは無事に見つけることができたのですが、
周りでは家を購入したあたりから、怪我が続くとか、急に夫婦仲が悪くなって
2年もせずに離婚したという人がかなりいるのです。
偶然かもしれませんが、みんな家を買ったせいだと思うと言います。

その内の一人の彼女は、2年前に中古の家を購入してから、
旦那さんの仕事が上手くいかなくなったり、
子供が立て続けに家の中で怪我して骨折までしていました。


彼女が中古で購入した家は、私が気持ち悪いと感じた土地の側の
丘の上にありました。

そっちは大丈夫じゃないかなと思いつつ、
「じゃあ、私の知ってる霊能者さんに相談してみる?」と提案。

後日、私と一緒にその霊能力者さんの(先生と呼んでる)ところに行きました。


先生によるとその家、かなりな霊障があるようです。
中古で購入した当時、まだ築10年以内の新しい物件。

前の持ち主は手放したくなくて、かなりの未練がある。
そこへ土地本来のしがらみで霊が集まっていると。

今回の旦那さんの件や子供の怪我もその為だったらしいのです。


どうやら、新居に移る時に御祓いもしていないとのことでした。
「家移りする時は、中古でも御祓いしないと」と先生。
賃貸ならともかく、一生住むかもしれない自分の土地なのだからと。

そこからお祓いをしていただきました。
そして、
「毎月、1日と15日に家の水場に一握りの荒塩を撒いて、水をよく流すこと」
(台所、トイレ、風呂など。よく水を流さないとさびてしまいます)
と言われました。
外にある水場もです。


先生宅からの帰り道、
「下の子が二階の窓から男の人が見てたって言ってたんだよね。
 他にも何度か見てて」
と聞きました。
目に見える霊障もあったんだ・・・。

彼女は、月に二度の塩流しを続けているそうです。
その後、旦那さんの仕事の方も上手くいくようになり、
子供が怪我をすることも何かを見ることもなくなったと言ってます。


               *
            

彼女の家の近くの丘の下。

私が以前、気持ち悪いと感じたその土地は、大きな池の側のくぼ地でした。

池の反対側に、彼女の家がある丘。
その向こうに神社の森が見えました。


大きな一軒屋でした。
リビングも明るくて、台所も二階も庭も広くて、言うことなし。
旦那はここにしようかと言いましたが・・・。


何か気持ち悪い。


外に出て家の前の道路に立つと、その先に原因があるようだと思いました。
その先には田んぼ。
田舎で育ったので田んぼは好きなのですが、ここは何か違いました。
その側まで行けません。

とにかく気持ち悪いのです。

夜の闇の中、そこから這い上がってくる何かが見えたようでした。
もとは沼だったのかも。
それもとてもよくない沼。
この辺りも夜になると”囲まれる”。


そんな想像が頭から離れなくて、明るい昼間なのに空気が淀んでいるようでした。
とくかくそこに住むのが怖く思えてやめました。

彼女の家は、その側の丘の上。

「あそこは土地がよくないものね」
「丘の上もですか?」
「あそこら辺、全体が悪いよ」と先生。


旦那の「見える」友達が来た時、ここも見てもらったそうです。
その家の近くに行った途端、
「ここら辺りはかなりあぶない。
昼間の明るい内はまだいいけど、夜になると集まる」
と言われたそうです。

集まるって・・・。

              *

同じ地域にあるのに、こんなにも違いがあるなんて。
私が買った中古の家はとてもいい土地にあるそうです。
あちこちに道祖神が建てられて、今も”生きている”そうです。

御祓いを頼んだのですが、しなくていいと言われました。

引越しする前には、水場に荒塩を流し、土地神さまの神社へご挨拶に行って、
月に二度の塩流しもしています。

                  *

家を、土地を購入することはとても大変なことなんだと、改めて思いました。
いい土地に巡り合うかどうかも博打に近いと感じます。

「気持ち悪い」という勘を信じることが出来なければ(分からなければ)、
後々のさわりにもなります。

体調が悪いときや気分がすぐれない時も、よくないそうです。

家に入った時、一見明るくても「何か暗い」と感じたらやめた方がいい・・・とも、
件の旦那の友達に言われていました。

色んなことにも言えますが、一人で悩んでないで信頼できる何人かに話してみると
道が開けてくるように思います。

                *

あのくぼ地に立った時、ここは本来、人が踏み入ってはならない場所だと思いました。

でも、これだけ人が増えて、家が建つとそうは言ってられないのでしょう。
中にはどんな場所でも全く大丈夫な人もいるようですが。

家を買う時は、土地の歴史も調べた方がよいようです。

                   *

福岡では、玄関にお猿さんのお面を飾る家が多いのです。
早良区藤崎にある「猿田彦神社」の猿面です。
その年の初めの庚申日に、もらい受けることができます。

Dsc_1220

玄関に飾ると、魔が入ってくるのを防いでくれるそうです。
”みえる”ダンナの友達が、これは強力!と言っていました。
こういうのがあると、いつも家を守ってくれているようで安心です。
こちらの気持ち次第というところも大きいと思いますが。

「飾るもの」は、よく見極めないと、逆な役割をすることにもなってしまいます。

2013年8月 3日 (土)

星どこナビ☆

天体が大好きな私。
この間、スマホのアプリで「星どこナビ」というのを見つけました。

おもちゃ売り場の天体望遠鏡の箱と説明書にあったのですが、
無料でダウンロードできます。
リンクは貼りませんので、「レイメイ 星どこナビ」でスマホから検索してください。


小中学生用のアプリなのですが、とっても優れものです。

スマホのGPSをONにして、星どこナビを立ち上げます。
すると今居る場所での今見える、惑星や恒星の位置が分かるのです。

恒星は11個と少ないのですが、
夜空に方角や角度を合わせて、赤い点を真ん中にもってくると
”ぴこん ぴこん”
と小さな音がします。

家の中でもして、こっちにあるんだーと物思いにふけっています。

その他に天体マメ知識や天体イベントの情報もあって、
小学生の子供と一緒に見ています。


12日から13日までペルセウス流星群も極大になります。
来週末くらいからは見えると思います。


ペルセウス流星群は広範囲に見えるので、
地面に転がって夜空を見上げるとよく見られます。

庭で蚊帳にくるまって見ようかなー(^ ^;

2013年8月 1日 (木)

夏越(なごし)祭 現人神社 福岡県

昨夜、福岡県の那珂川町の現人神社で夏越祭がありました。

Dsc_0575_2

茅の輪をくぐるとその夏は無病息災でいられるとされています。

Dsc_0577_2

お社の側に私が大好きな樹があります。

Dsc_0578_2

夏越祭はずっと昔からありましたが、今年初めて商工会の主催で
敷地のあちこちをライトアップしたり、近隣に告知されたりしていました。


                       *

来た時に、鳥居から入ろうと神社の表側に回ったら、とても強い気を感じました。


とても大きな強い”気”のかたまりの中に入ったような

鳥肌が立って、思わず足がすくんでしまったくらい


畏れ多いとはこういう感じなんだと・・・思いました。

いつも来る時の現人神社とは雰囲気がちょっと違って。


その後はいつもの現人さんでした。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »