ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« ほぼ日 2014 | トップページ | 伊勢神宮 式年遷宮と写真の光 »

2013年9月20日 (金)

放生会(ほうじょうや) 筥崎宮 福岡県

先週、13日の金曜日に筥崎(箱崎)宮に放生会(ほうじょうや)に行った。

去年は行かなかったので2年ぶり。
今年は初めて、海の方の駐車場に停めることができた。

Dsc_0712
ここは普段は立ち入り禁止の場所。
「お潮井とり」の時は、この参道の先の鳥居の奥の海の中からお清めの砂をいただく。
(この時、参拝者はそのお潮を持ち帰り、出かける時に体にかけ、安全を願う)

 

Dsc_0717

その場所が放生会の時にだけ、一般に開放される。
私が行った時には10人くらいの方がおられて、階段に腰掛け、まったりと過ごしていた。

時折、ぼらも跳ねて子供も大喜び。
ちっともまったりできないし、他の人のお邪魔になるので、早々に引き上げた。

この場所から道路を隔てた反対側の参道の奥に筥崎宮がある。
金曜の夜なのにすごい人!
土日の夜は、動けないぐらいの人がくる。
(基本的に夜のお祭り)

放生会は、生きとし生けるものの命を尊び、感謝するお祭り。

筥崎宮は正式には「筥崎八幡宮」。
ご祭神は、応仁天皇、神功皇后、玉依姫命。
交通や漁業を守護する神。

 

後の記事
彼らは二柱の神であった。

→☆神*総まとめ

 


Dsc_0724

この神門には「敵国降伏」の扁額が、一度目の元寇の後に掲げられ、何度かのお化粧直しを経て今もある。

Dsc_0726

神門をくぐると生け花や灯篭が飾っていた。
今年の「おはじき」もあった。

 

Dsc_0727_2

今年の題は「出雲と伊勢」

博多人形師の手による陶器で作られたもの。

重なった遷宮をお祝いしてでしょうか。
これは欲しかった!

 

でも限定の品なので、朝早くから並ばないと手に入らないそう。


余談ですが、同じ日の朝、家の近くに蓮根畑があるのを発見。
最後の蓮が綺麗に咲いていた。

 

Dsc_0710

« ほぼ日 2014 | トップページ | 伊勢神宮 式年遷宮と写真の光 »

コメント

おはじき素敵~~~❤
箱崎の八幡さま^^
お祭りの意味は知らなかったけど景色に覚えがあるぞい^^v

こんにちは、おきらく龍さん

私もお祭りの意味を知ったのは、ごく最近(^^;
西洋の感謝祭のようなもの?

昔の漁師さんは、この祭りの時期は漁をしなかったとか。
博多の町って、お祭りと深く結びついている感じ

おはじき、いいね~♪
出雲大社と伊勢神宮の鳥居だけでも欲しい~~

安徳台の写真を更新したよ
秋の稲穂わさわさ!
今日、また見に行ったら刈り取りが始まってた。
田んぼの景色っていいね!!

黄金色の安徳台♪
パワーありそう~~^^
更新(人◕∀◅)ありがと❤

あ、こっちにもコメントを(^^)
ありがとう~~

黄金色の稲穂、久々に見れたよ~
こっちに田舎があった龍さん、いいな~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ほぼ日 2014 | トップページ | 伊勢神宮 式年遷宮と写真の光 »