ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月27日 (日)

流鏑馬 ー現人神社ー 福岡県

先週の日曜日、福岡県の那珂川市の現人神社で流鏑馬が行われた。
毎年10月の第三日曜日に開催。

午前中は近所の子供達による相撲が、境内の土俵で奉納されていた。
流鏑馬は3時から。

☆住吉の元宮

住吉神=高良神
物部の祖神であった。

(☆→神*総まとめ

☆→高良玉垂宮神秘書 2 ~高良神は物部の祖神~

 

Dsc_0831_2

写真の左下に見える四角い板に、的を取り付け。
地上から2メートルくらい。
馬に乗って矢を射れる高さ。

的は全部で3ヶ所。
Dsc_0832_2

神社の前の車が一台通るのがやっとの細い参道を馬が疾走する。
走る馬との距離が近いので、迫力があった。

この道は昨年、陸上競技場のトラックのようなものに舗装し直された。
アスファルトでは馬がすべるからだそう。
すべては年一回のこの日のため。
Dsc_0841

まずは安全を願っての神事。

 

Dsc_0849
                             .

 

Dsc_0846

参道を何度か、歩いて往復。
この近さで馬を見るのが初めてな子供達は大喜び。
スタッフの方々は「蹴られるから頭を出すな~!」
それほど間近ななのだ。

次第に日が傾き、逆光で撮りづらくなってきた。

いよいよ開催。
ですが、あまりにも早くて撮れない。
Dsc_0845

矢を射た後。
何回目かの時、茶色の馬の方の蹄鉄が外れてしまったとのこと。
最後の一回は、歩いて射ることになった。


Dsc_0855

この的は薄い木の板を編んである。
流鏑馬の後、この板の切れ端を持って帰って、玄関に置いておくと厄除けになるのだ。

終わった後は子供達が出てきて争奪戦。
・・・のわりには、拾ったものをみんなで分け合って、結構行き渡ったよう。


Dsc_0865
うちの玄関にも。


那珂川市の土地神様は、とても身近で町の人達から大切にされている。

2013年10月 7日 (月)

伊勢神宮 式年遷宮と写真の光

先日、伊勢神宮の式年遷宮が行われた。
20年前の時は、直後に参拝。

 

今も思い出される、ヒノキの香りと真新しい白木の輝く御柱。



当時は愛知、三重に住んでいたのでよく行っていた。

愛知に住んでいた頃には、夜中の3時に家を出て、自分の運転で23号線を南下。
朝早くに伊勢に着く。

人が少ない内宮の参道。
清浄な風が流れているようで、とても好きだった。

 

祭神、天照。
ここは古来、磯宮と呼ばれていた。

神が磯神=いそのかみだからだ。

安曇磯良神である、筑後国一之宮の高良大社の高良神。

物部の祖神であった。

女神・天照は彼の后の御炊屋姫=神功皇后だ。

→☆神*総まとめ



こんな写真を撮ったことがある。
当時の写真をスマホで写してアップ。
97年10月となっている。

Dsc_0818_2_2


ずっと後になって、相方の「みえる」友達に見せたら、「面白いものが映ってる」とのこと。
霊のたぐいではないそう。

何が映ってるのでしょう。

 

Dsc_0804_2

こちらは内宮の風日祈宮へ続く橋の上から。
私の大好きな場所の一つ。
Dsc_0803_2

今日も輝いているお宮が見られるのでしょう。
これは前回の遷宮の前。

20年というのは、次の世代へ技術を継承していくのによい間隔だとか。

宮が生まれ変わり、神も生まれ変わる。
永遠に受け継がれる神の宮。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »