ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 安徳台(迹驚岡・とどろきのおか) その2 | トップページ | おえかき その2 »

2013年11月30日 (土)

おえかき その1

幼稚園の年長さんの末っ子。

年少、年中の真ん中まで、幼稚園で絵を描かない人でした。


幼稚園でのお絵かきの時間、みんなが描く間、真っ白な紙の前でただ
じっとしているだけらしいのです。

みんなが描き終わって遊びだした頃、先生に促されてようやく描く、
という感じでした。



その末っ子にとうとう転機が訪れました。


ある日、次の日にシート(敷物)を入れるバックに、
洗っても消えないクレヨンで絵を描くと聞きました。

この時をおいて他にありません。

自分が作った物を持つということは、何ものにもかえがたい宝物になります。
それが納得いく物でしたら、これから先、大きな自信に繋がると思うのです。


「かっこいいのにしようよ!」
と、以前(最近も)キッズステーションのある番組の中で放送していた
「ジッタちゃんの絵描き歌」をユーチューブで検索してみました。

飛行機、鬼、花、うさぎ、車、汽車。

色々見て、一番描きやすそうで、本人が気に入ったものを描いてみることにしました。

何度か再生しながら描いていくと、ほどなく見なくても描ける様に!

「やったぁ~!」

本人も本当は描きたかったようです。


次の日、意気揚々と幼稚園へ行き、帰りの時間。

先生が
「今日はすごかったですよ!ぱっとバックを広げたらささっと描いて、
星まで描いてましたよ!!」

忘れない内に描いたのでしょう


その一学期が終わった頃、先生に言われました。
「バックに絵が描けたというのが自信になったのでしょうね。
あれから、すぐに描けるようになっていましたよ」

年長の今、「ロボット。恐竜。戦ってこうやって・・・」と、
色々なものを思う通りに描けているようです。


何故、あんなにも描かなかったのだろう。
理由をよく考えてみました。

(続く)

« 安徳台(迹驚岡・とどろきのおか) その2 | トップページ | おえかき その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 安徳台(迹驚岡・とどろきのおか) その2 | トップページ | おえかき その2 »