ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« みちびき 追伸 ~沙霧と桜花林~ | トップページ | 安徳台と高天原 »

2013年12月18日 (水)

白龍と青き龍の夢

その夢を見たのは、私がFARIONに出入りしていた頃。
この頃は、色々刺激されていたのか、意味深な夢を見ることがありました。

1993年頃だったか、夢を見てFARIONの会議室にアップしたと思うのですが、
ログが残っていませんでした。

**************************************************************************

私は一人電車に乗っています。
乗客は他にいないようです。

右手が海。
左手には田んぼが広がっています。


窓の外の景色の中に家もありましたが、人気がありませんでした。

誰も、誰もいない、静寂に包まれた土地。
建物も何もかもそのままなのに、人だけがいない。

荒れた田んぼには、小鳥達が舞っていました。
のどかなようで、なにかぴんと張り詰めた空気が漂っています。


そこを音も無く進む一両の私を乗せた電車。


「あれからずっと、だれも住めないんだ」
そう、そっとつぶやきました。


すると、窓の外・・・。

きらきら光るものが見えました。

ざっば~ん

聞こえない音が聞こえたかのようでした。

土の中から巨大な水柱と共に出てきたのは・・・


真っ青な龍でした。

(地面のはずなのに、「水柱」のよう。
今思うと、「現実の地面の中」から出てきたのではなく、
何か霊的なもの・・・「波動の海の中」からという表現が近いかもしれません)


青き龍はお日様の光を受け、きらきらとうろこを青銀色に輝かせます。
巨大な龍。


すると空から現れたのは、真っ白な龍。
こちらも日の光を受けて、きらきらと白銀に輝きました。


巨大な真っ白な龍は、そのまま大地の中へ。


ざっば~ん


巨大な水しぶきをあげて、するすると潜り込んでいきました。


ざっば~ん


白い龍が水柱とともに、大地から出てきました。


二頭の龍は、互いに巨大な体をくねらせながら、

大地の中にダイブしたり、

出てきたり、

空を舞って、

また大地にダイブしたり・・・。

それを何度も繰り返します。

その度に水しぶきが大地からあがります。



・・・あぁ、これは・・・
心の中に浮かんだものがありました。


これは、大地を浄化している。


人の住めなくなった大地を、二頭の龍はきれいにしている。

”空の気”と”地球の気”を大地に送り込んで、混ぜ込んで・・・

そうして、また人の住める大地に戻そうとしているんだ。


と。


*************************************************************************

二頭の龍は、空と大地の神(精霊?)


いつか、熱田神宮に行った時、こんな声が聞こえたことを思い出しました。


<神は、人の祈りにより存在するもの。人の祈りがなければ、この世に存在し続けることなし。
長い時を越えて、たくさんの人が祈り続けた証が、今の神の姿>


この言葉を思い浮かべたのです。



人の祈りが龍の存在を確かなものにしていく。
祈りが聞こえる限り、龍たちは大地と空を浄化していくんだ、と。

龍たちは祈りが聞こえる限り、永遠に続けていく。

いつか人に返す日がくるまで。

                      *

その夢は明晰夢でした。
普通の夢とは違うタイプのものです。

”これは、見せられたもの”
そう思っていました。

« みちびき 追伸 ~沙霧と桜花林~ | トップページ | 安徳台と高天原 »

コメント

弥沙さん、アップして頂きありがとうございました。

『とほかみゑひため』を思い出しました。

二体の龍は、弥沙さん達ご夫婦のことかと思いました。

えみこさん、コメントありがとうございます。

私は全てを知らされていないのです。
「地をはって生きよ」
そう言われいるからかもしれませんが。

前にコメントしてくださったkono87さんもおっしゃってましたが、
それは「ホツマツタエ」の祓いの祝詞ですね。

三種の神器や水・火・木・金・土を表すとか言われていますね。

クニトコタチの神の子の八神の頭文字だとも。
この神たちの頭文字ばかりを集めた図形がありましたよね?
ググったら、「フトマニ図」というそうですが。

あれ、前の世のどこかで見たことがあるのです。
初見で「神の名だ」と分かりました。
でも、真ん中から三番目の神(言葉)は、
人の内臓を司るのだと何となく思ったのですが、
それ以上のことは分かりませんでした。

えみこさんは、何故この夢を「とほかみゑひため」だと思われたのですか?
(浄化してるからですか?)
なぜ、うちらを龍だと思われたのでしょうか?

どんな小さいことでも構いません。
FARIONにいた時のように、「話すことで近づく」ような気がするのです。
私は多くの情報が欲しいのです。
人の「気づき」であったとしても。

また、追伸です。(o^-^o)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

『あれから』って?

アマノトリフネの時?
人間でないものと戦った時のことですか?

興味があって‥

気になります。

私もこの夢を見た後、ずっと忘れていたのですが、
同じ光景を目の当たりにしました。

震災です。
「あれからずっと、誰も住めないんだ」
というのは、おそらく、フクイチの近く。
未だに入ることの出来ない、福島第一原子力発電所の立ち入り制限区域内の
ことではないかと思います。

あの日から、誰も住めない場所。

あの光景をTVで見て、この夢を思い出しました。
今も龍はあの大地で舞っているのだと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« みちびき 追伸 ~沙霧と桜花林~ | トップページ | 安徳台と高天原 »