ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 白龍と青き龍の夢 | トップページ | 全は一つ »

2014年1月 6日 (月)

安徳台と高天原

私は安徳台が神話の「高天原」の一つだと思っています。

安徳台は、福岡県筑紫郡那珂川町にある広大な台地です。

(以前の記事 
安徳台(迹驚岡とどろきのおか) ・安徳台(迹驚岡・とどろきのおか) その2 

神功皇后が朝鮮出兵の際、船の舳先に現れ、皇后を助けた神として、
「住吉三神」の名が出てきます。
この時、

「日向国の橘の小門の水底にいて、海草のように若々しく生命に満ちている神、
名は表筒男(うわつつのお)、中筒男(なかつつのお)、底筒男(そこつつのおとこ)
(住吉三神)の神」

とあります。

*************************************************************************

(今までの記事と重なりますが)

那珂川町仲(ちゅう)には、「現人(あらひと)神社」があり、
住吉三神を祭った最初の神社だと言われています。

神功皇后は、件の神託により、この神社の神田に水を引くために、
裂田溝(さくたのうなで)を指揮して作りました。

ところが大岩があり、行く手を立ち塞ぎます。
神功皇后が神に祈ると雷がとどろき、大岩がくだけました。

その場所が「裂田神社」のある場所です。
この時、「雷がとどろいた」ので、その側にある丘を「迹驚岡(とどろきのおか)」と
名づけたそうです。

その丘が現在「安徳台」と呼ばれている、広大な台地です。

台地には、紀元前からの遺跡が数多く出土しています。

***************************************************************************


「住吉三神」が最初に祭られたという「現人神社」。

もしも、本当にそうならば、その場所こそ、
神話の「イザナギが禊をして住吉三神が現れた場所」

筑紫の日向の橘の小門の阿波岐原。


那珂川町の郷土研究家の方に篠原正之氏がおられます。
著書に「邪馬台国位置論」があります。

その本から要約です。
                          *


  安徳台の側、那珂川を挟んだ西隈という場所に昔、橘という地名がある。
  後に立花木になった。

  小門とは、山と山が狭まった地形。
  那珂川の下流から遡ってきて、最初の「小門」がちょうどその辺り。

  そして、阿波岐原。
    「はぎ」か「おぎ」の生えている原という意味。

  安徳台の側に「萩原」と表記して、おぎわらと呼ばれる場所がある。

                       *

(*追記 これらの地名が、安徳台の西の那珂川に沿って、1キロ以内にありました。
下流の方から、立花木、小門、おぎわら、となります。)

<おぎわら橋>という名の橋は今もあります。
 萩原と書くならば、普通は「はぎわら」と呼びますし、こちらの地方では
 「原」は、<はる>と呼ばせることが多いのですが。

神功皇后がその辺りの那珂川で禊をしたという言い伝えを聞いたことがあります。

その少し上流には「岩戸」という地名もあります。
この一帯は、岩戸村と呼ばれていました。

那珂川町には日吉神社もあり、猿田彦神が祀られています。
天孫を導いたと言われる神様です。


                               *

安徳台は、はるかな昔から特別な場所。
古代のシャーマン達が祈りを捧げる神聖な場所だったそうです。
(出土した遺跡より)

でも、人が住むには、水が必要。
あの安徳台で水を調達してくるのは、台地の下にある那珂川から
水を汲んでくるしかありません。
そう度々、汲みに行ったのかなという疑問がありましたが、
後に何度か、(安徳天皇をお迎えした時の屋敷)など、あったそうなので、
人が住むには特に不便ではなかったのかもしれません。


また、現人神社は海の神を祭る証に鳥居や拝殿が西を向いています。
その参道の先、道なりに南に行くと、安徳台があるのです。

何かを意味しているような気がしてならないのです。

(蛇足ですが、仲哀天皇の名と、現人神社のある「仲(ちゅう)」という地区の名は、
無関係ではないと思います。神託を信じなかったので崩御した、とありますから)


何より実際にあの場所に立った時、大地からの強いエネルギーを感じました。
ここに「高天原」があったら素敵だなと思うのは、私の願望です。

でも、掘り返されたりして欲しくない。
謎は謎のままに。

台地から天へと繋ぐ、光の柱。


時々、見られるその光景を、そっと眺めるのが好きなのです。

« 白龍と青き龍の夢 | トップページ | 全は一つ »

コメント

はじめまして。

記紀に関しては、知識が浅いのでお恥ずかしいのですが…

「高天原」というと高千穂説を目にすることが、これまで多かったのですが、
ナマイキにもそれに少々違和感を感じておりました

ブログを拝見して、福岡という場所なら自然じゃないかなぁ~なんて
ちょっと嬉しくなってコメントさせていただきました。

高天原に限らず、神話の舞台は複数の説がありますが、
きっと、いろんな場所に残された伝説や言い伝えを
ひとつに紡いでいったのではないかな、と思っています。

弥沙さんのお話を読んで、
安徳台が高天原だったらいいな、となぜか直感で感じてしまったのも何とも不思議なのですが、
仰るように、謎は謎のままで。その方がきっと素敵ですね

Primaveraさん、コメントありがとうございます

私も福岡に引っ越してくるまで「裂田の溝」や「安徳台(とどろきの岡)」のことを
気にしたこともありませんでした。
ましてや住吉三神が最初に祭られたという「現人神社」なんて知りませんでした。

安徳台=高天原説を始めて見たのは、那珂川にある図書館でした。
郷土の研究家の方の本でした。

目からうろこというか、この瞬間、何もかも納得。

高千穂は確かに神秘的な場所なのですが、「初めての地」ということには
私もずっと疑問を感じていました。

神話を史実だとは思っていないのですが、何かの事実はあるはずだと思います。

記紀にある「韓国に向かいて立つくじふるたけ」という箇所と
宮崎の山奥の「高千穂」がずっと、結びつかなかったこともありました。
那珂川の後ろには「背振山」が控えています。
古代、海面はもっと上昇していたとのことも知りました。

それまで、「そういう目」で見ていなかったのですが、
よくよく気にしてみると、安徳台ってすごいのです。
(航空写真を見た時も、軽く衝撃を受けました)


なんどか「荘厳な」場面を目にすることもありました。
上手く写真にとれたら(スマホですが)、この記事にアップしますね

いつか安徳台の上で流星群が見たいーと願っている弥沙でした

そうそう!そうなんです~。
どうして宮崎の山奥が「高天原」なのか、疑問があったんです、私も。
少なからず、大陸や半島の影響があった時期のはずなのに、どうも納得いかなくて

古くから大切にされている場所というのは、
やはり、そこに込められた人々の思いや事実があった場所だと思いますよ。

写真が撮れましたら、ぜひ拝見させてくださいね。
楽しみにしています

安徳台はいまだに、地元の人たちから、
「上の原」と呼ばれています。
少し前までは「御所ヶ原」とも言われていたそうです。

宅地化すれば、「何々丁目」くらいすっぽり入ってしまうような広大な平らな土地なのに、
未だにされていないところもすごいのです。

本当に特別な場所として、大切にされてきたのだと思います

安徳台に登って感じたのは、「別世界」。
下界と隔絶された清らかな場所。

このまま、ずっとみかんやオリーブ畑が広がっていて欲しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 白龍と青き龍の夢 | トップページ | 全は一つ »