ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« ほうげんきょう | トップページ | 石の話 »

2014年1月22日 (水)

再び、宗像大社 福岡県

先日、宗像大社へ行きました。

雰囲気が、福岡では一番、伊勢や奈良の神社に近くて、
たまにどうしても行きたくなるのです。
でも、結構遠いので一人では行けず・・・。


その日、お昼頃になってダンナが、「宗像大社にお参りに行こう」と。
「突然?もうこんな時間だし、明日でもいいよ」と言うと、
「今日、行きたい気がする」と。
「じゃぁ、今日、行くことになってるんだね」ということで、出発。

大社は、まだまだ新年参りの雰囲気がありました。

神門をくぐる前に「福みくじ」を発見。
一回500円で空クジなし。
一等は「ルンバ」
二等は「ドルチェ」(コーヒーを自動でいれてくれる)

最後の方でも根付やらあって良かったので、早速引いてみることに。

まずは、下の子2人で一回。
21等で「熊手」が当たりました。
Dsc_0969

お次は最近あまり運がよくないダンナ。
試しに引くことに。
おおっ!9等??

引き換えの場所にくじ持って行くと、
「ドンドン」と太鼓を鳴らしてくださいました。

当たったのは「張子の午(大)」

Dsc_0972

一緒に入っていた紙に、こんなことが書いてありました。

俗説では、角が出ているから「牛」で、
角が無いから「午」なのだそう。
そう言われてみれば!!

「午」は何事も「うまく 行く」とされている縁起の良い干支だそうで、
今年は運が良くなってくるのかな~と期待。


大社は修繕中で幕が被さっていました。
隣に仮の宮が設置されてました。

参拝の後、高宮へ。

Dsc_0958

ここへ来る途中に、宗像の町を見下ろせる場所があるのです。
〇〇ちゃんは、この地方に引っ越すのか。
そう思うと、じわっと涙が。

福岡へ来て・・・人生で一番の友達が、次の春に引っ越してしまうのです。
彼女には彼女のしがらみがあって、どうしても・・・。

私が、大社が好きなことを知っている彼女。
「何度でもおいで。泊まってもいいよ。〇〇ちゃんとはこれから先、
ずーっと付き合うことになると思うから」と。
「行くよ。目を瞑っても行けるくらい覚えて、何度でも行くよ」
そう、泣きながら話したのは、つい先日の話。

宗像大社には、これから何度も来ることになりそうです。

お社は見られなかったのですが、駐車場の前にある祈願殿(休憩所を兼ねてある)
の2階にこんなのが。

Dsc_0965

Dsc_0966

他に著名なイラストレーターさんや漫画家さんが書かれた絵馬もあって、
楽しめました。

その夜。
一本の電話が。
<夜中の電話は怖い。人の死に関わることが多いから>
と常日頃言っているダンナ。

案の定、東京にいる、お義母さん方のおじさんが亡くなったと。
「やっぱり、今日、宗像に行ったのは、こういうことだったのか」と。

おばさまの時は、熊野に旅行中でした。

黄泉への道を明るく照らしてくださいますように。
迷い無くたどり着けますように・・・。

« ほうげんきょう | トップページ | 石の話 »

コメント

こんにちは。

わぁ、思いもかけず、宗像大社!

平安時代に、陸奥から咎人として流された方がいて、
その方をお預かりになったのが宗像氏ということで、
ずっと興味があったのです…

宗像三女神を祀る宗像大社のお話を以前、教えて頂いて、
いつか、行きたい場所の1つになっています。
これからも足を運ばれる予定とか…
お話を楽しみにしてますね。


最後になってしまって恐縮ですが、
ご親戚のご冥福をお祈りいたします

primaveraさん、コメントありがとうございます

歴史や神社に興味がおありなら、
小椋一葉さんの書かれた「箸墓の歌」のご一読をおすすめします

那珂川の歴史に興味があり、町の伝承やら調べた後に読んだのですが、
「現人神社」を初めとする町内の神社や伝承など、
丹念に調べられていてすごいな~と感心しました。

宗像神社の由来や背景などもあって、面白いですよ~

あ、ちらっと書くだけでも長々と書いてしまいそうなので、
今度記事にしますね。

お悔やみの言葉、ありがとうございます。
今朝、主人はお葬式に出るために東京へ行きました。
ダンナの親戚の方はみんな仲がよく、行き来が盛んです。
自分の親の方の親戚がいない私にとっては、うらやましい限りです。

子供には、いとこがいます。
ずっと、仲良く付き合って欲しいと願ってます

弥沙さん

「箸墓の歌」ですね~、ありがとうございます。

Amazonで調べたら、取扱っていなくて( ̄□ ̄;)だったのですが、
調べたら、図書館にありました!
今度、借りて読んでみますね

弥沙さんの記事の方も、お待ちしております。

親戚の仲が宜しいのはいいですね、羨ましいです。
うちは、すっかり疎遠になってしまっていて、
年賀状のやりとりぐらい…

私が一人っ子なので、娘たちにとって「いとこ」は
主人の妹の子だけなのですが、こちらも滅多に会うことがありません。
とりあえず、娘達が私と同じ一人っ子じゃなくてよかったかな、と思っています。

性格の違う娘たちなので、今は衝突することも多いのですが、
将来は、きっとお互いに心強い存在になってくれるでしょう

primaveraさん

私もほとんど、図書館か古本屋です^^
どうしても欲しい新しいものや、どこにも無いのは、新刊で購入します。

うちは3人ですが、喧嘩ばっかり(^ ^;
将来は、助け合う兄弟になって欲しいです。
私は2人姉弟なのですが、弟は結婚して無いので、いとこはだんなの弟の方だけ。
それぞれ、色んな事情がありますよねー(^-^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ほうげんきょう | トップページ | 石の話 »