ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月22日 (火)

富士山の夢 その3

そして、つい一ヶ月ほど前のこと。

母のふるさとであった福岡に、今は私が住んでいます。
親戚もいますが、縁は薄く、母が帰省した時の一度、一緒に行ったきりでした。

それほど遠くはないのですが、まったく足が向きませんでした。

ですが、「おばあちゃん家があった場所に行ってみよう」
そう思い立ったのです。

 
                                            *


パートで出会った強い霊能力のある友達が、こんなことを私に言ったのです。

「子供の手が離れたら、力が戻るよ。
 小学校に入るようになったら 徐々に色んなことが進みだすよ。
 私も戻ったのがちょうどそんな時だった。
それにその時に、後ろの人が交代するみたいよ。今は男の人だけど」

それを言われた時、唐突に浮かんだ光景がありました。


幼い頃に夢で見た、”紫色の富士山”です。


そして、行ってみようと思ったのです。

”祖母の家”のあった場所に。


                                              *

記憶をたどって、母が親戚の人から話を聞いて、ようやく場所が特定できました。
あと一週間ほどで桜が咲き始めるというその日、そこへ行きました。

福岡市から車で1時間と少し。
家が立ち並び、昔の面影はまったくありませんでした。
(って言っても、数回しか行ってない)

細い路地を入りました。

車が停められないので先の広い場所に他の家族を置いて、
私だけがそこへ行きました。


その場所。
細い路地から、坂を降りたところにありました。
家はなくなっていましたが、後に建っているようではなく、
雑草が生い茂っていました。

”確かに、おばあちゃん家のあった場所だ”
幾度かしかない、夏の記憶がよみがえりました。


そこから再び、細い路地へと上りました。

”ぶおん”
とその時、かすかな耳鳴りのようなものがしたのです。
鼓膜を揺らす、わずかな振動。

それは耳鳴りではなく、ある種の波動(?)を感じた時に起こります。

”あぁ、あそこだ”
そう思いました。

おばあちゃんの家の前の細い路地。
夢では板塀が続いていた場所です。

その向こう。

昔よりもびっしりと家が並んでいましたが、その中にこんもりした山がありました。


”あの小さな山が富士山を繋いだんだ”

そう思ったのです。


神社などではない場所でも、時々こういう場所があるのです。
”波動が強い”という言葉が一番近いように思います。

そういう場所は、”戸”の役割をするようです。
よりしろ・・・
そう、依り代。

あの小さな山が富士山の・・・
神様の依り代になったのだと思いました。

小さな山でしたが、大きな力強い木が立っていました。

                  *

心を無にして、しばらくいると、あの夢の富士山が目の前にいるように感じました。

金色の風。
紫の富士山。
今でも確かにつながっているようでした。

私はもう一度、ここにこないといけなかったのでしょう。
なんとなく、そう思いました。

たぶん、今、見えないところ、自分が知らないところで色んなことが変化してる。

夢の中の祖母の言葉も、まだ分かりませんが、
そのままにしてもいいのだと思いました。

うちの家系が、いつの頃からか継いできたという力。
なぜ、生きていく為の力が霊能力”なのかというのも謎ですが。

                     *

そこは福岡県飯塚市。
”飯塚”・・・その地名は、神功皇后に由来すると言われています。

朝鮮出征の折、世話になったこの地の人々に言い残しました。

「いつか、また会おう」

その”いつか”が訛って、”飯塚”となったと。

ここでも神功皇后・・・。
よほど、縁があるのでしょう。

福岡は神功皇后の伝承が多く残る土地ですが。


 
 

2014年4月18日 (金)

富士山の夢 その2

それから、何十年も経ったある日、母がこんなことを言ったのです。

 

「うちの家系は、死んだ時にその孫の夢に出る。
 おばあちゃんが死んだら、あんたのとこに出るからね。

 それで、”一緒に行くか、この世に残る”か、聞いてくる。

 この世に残るって答えたら、この世で生きるための力をあげようって、
  霊能力を授けられるから」



母は一日中仕事で留守がちでしたが、家に帰るたびに
今日はこんなものを見た、こんなことして祓った(自己流らしい)

と霊を見たことを嬉しそうに話してました。

うちでは、声が聞こえたり、物が飛んだりすることが時々あったので、
母の言葉を特に気にしたこともありませんでした。
(やめてよねと言うとやめてくれるので怖くはない)

母には霊能力・・・霊を見る力はありそうでした。


その”霊能力”が「遺伝」?していた家系だったなんて。
ちょっと驚きました。
他にも親戚の子はいるのに何故私に?
とちょっと疑問でした。

それから何年か後、会社の寮にいた時に、母から電話があったのです。

                                   *

「おばあちゃんが昨日亡くなったよ。それで今朝、夢に出てきた」

母の夢はこんな夢でした。


そこは遥か上から下まで階段が続いていました。
母がそれを上がっていると、祖母が大きな荷物を抱えて階段に
座り込んでいたそうです。

母が「どうしたの?」と聞くと、
「もう疲れたからこれ以上はいけない。
○○(母の名前)、一緒にくるかい?」
と、祖母。

「まだ行かないよ」
母がそう言うと、
「じゃぁ、生きていくための力をあげよう」
そういうと消えました。

そこで、本当に行ってしまったのだと、思ったそうです。


「あんたのとこに出ないでこっちに出たね。
力なんかくれなくったってあるのにね」
と母。

「一人だけ遠く離れてる(札幌)娘だから会いに来たんじゃないの」と
私は言いました。


親戚で他にこの夢を見た人はいないようで、
何故、今回は「孫に継がなかったのだろう」と少し話題になったそうです。

 

                       *

それからずっと後になって、母から聞いた話です。

祖母はかなりの霊能力があって、たくさんの人を助けていた。
うちの家系はその力を孫に、「夢で」継いでいく。
必ず、娘の方の女の子の孫。
(女が継いでいくのだと)

母に、何故”おばあちゃん”は私のところに出ると思ったのかと聞いてみました。
祖母の娘の中で、母が一番素質があるからだそうです。
だから、私のところだと思ったそう。


それからしばらくして、ふと思い出したのです。

「富士山の夢」のことを。

強い霊能力者だったという祖母。
夢が一族にとって、力を継ぐという特別な役割を果たす場所であること。


何より夢の中で見た富士山の存在感。
富士山に姿をかえた神様、または神様である富士山・・・。

あの夢は、やはりただの夢じゃなかったんだと。

祖母が生きている内に、夢のことを聞いておけばよかった。
そう何度も思いました。

 

そして、つい一ヶ月ほど前のこと。

(続く)
 

 

 

2014年4月17日 (木)

富士山の夢 その1

その夢を見たのは、小学4年生の頃。
当時は奈良に住んでいて、母の故郷がある福岡に、
夏休みの一ヶ月間ほど帰省していました。

 

その帰省から帰って、しばらく経った秋でした。

 

********************************************************************

 

祖母が私の手を引いていました。

目の前には木の塀が続いていました。
祖母の前の道路の向かいにあったのです。

木の塀沿いをしばらく歩くと、祖母はそれをそっと押しました。

一部が戸になっていて、中に入ることができました。

その向こうは・・・。


広い広い草原が広がっていました。

 

金色に輝く草原。
葉は緑色なのに、金に輝いているのです。
細い茎。

葦のようです。


それを静かに揺らす風。
どこまでも、どこまでも広がっていました。


お互い何も言わずに、その草原を泳ぐように歩きました。

しばらく歩くと、祖母がふと立ち止まったのです。

 

目の前には富士山。
迫ってくるような存在感。

淡く紫色に染まった富士山でした。


<これは・・・>
この”感じ”は・・・。


<神様だ>
そう思いました。


風が少し強く吹いて、草原の草を揺らしました。
緑の香りが私を包みます。

 

「・・・さま」

祖母が何かを話しましたが、風の音でよく聞こえません。

「この子が・・・です」

富士山に話しかけていました。

 ”この子が何?何て言ったの?”

すると祖母の声ではない声が頭の中に響きました。

 ”今はまだ・・・”
(知らなくていい、そんなニュアンスでした)

富士山が言ってる。
そう思いました。

その後、祖母は私の手を引き、
来た時と同じように木の塀を押して、外に出ました。

 

**********************************************************

*ずっと後になって重大なことに気づきます。

    富士山と思い込んでいたのは、違う山でした。

    奈良の三輪山。

    私がこの時に会ったのは、三輪山の神でした。

夢を見た当時は、三輪山自体が御神体、神なのだと知りませんでした。

 

この夢をしばらくの間、現実だと思い込んでいました。
それ程、他の夢と違って「現実感」があったのです。

次に福岡に行った夏に確かめました。

祖母の家の前の道路に「木の塀」なんて、どこにもないのです。
それで、「あれは夢だったのか」と思いました。

そして、それから十何年も経ったある日、母がこんなことを言ったのです。

(続く)
 

 

 

2014年4月 6日 (日)

春財布

春財布を作りました。
普段から探していてもなかなか気に入るものが見つからないので、
今回も作ろうと思っていました。(前のも手作り)
そんな時、「コットンタイム」3月号を発見。

財布特集をしていました。
色々悩んだ挙句、ファスナー式に決定。

Dsc_1663

生地はリバティ(布のメーカー)の頒布に一目ぼれ!
1Mにつき3000円 と高いのですが、50センチ買って2個作ったので
一個につき750円ほどになります。
他の生地は家にあったものを使用しました。
他に買ったのはファスナーと厚手の接着芯と花の飾りくらいです。

本の通りに作ると、私の手にあまる大きさだと思ったので、
横幅を1センチ狭めて12センチにしました。
ですが、1個目を作り終える頃になって、もう一つ作ることに。

お札を入れるところがなく(真ん中の小銭入れの横にお札を入れるらしい)、
それがどうしても妥協できなかったので一から作り直したのです。
お札入れは、カード入れの裏(白い紙が入っているところ)にアレンジしました。

Dsc_1644
今回、自分のミシンの限界を知りました。
頒布を使ったのでそれだけでも厚いのですが、一番の厚みがあるところで
12枚ほど重なって8ミリになりました。
ミシンの押さえ金具の下に布が入らない!
押さえ調節を「弱」にすると入りました。

ゆっくり縫えば、針目も飛ぶことがなく綺麗に縫えました。
(針は厚地用16番   ミシン糸は厚地用30番)

私のミシンは、JANOME JP-500です。
(フットコントローラーつき)
4年ほど前、あちこちのサイトで使用感をしっかりチェックして実際に使っていますが、
家庭用ミシンの中では最高だと思っています。

Dsc_1648

価格も調べて、ネット通販の納得のいくところで購入しました。
ミシンは「どこで買った?」とよく聞かれます。
売っているとこも限られていますし、値段もあって無いようなもの。
これと同じくらいの機能でも、訪問販売だと30万する時があります。
(これは4万弱くらい)

同じ製品を品番だけ変えて、オリジナルとして高く売っている店もあります。
事前に調べることが大切だと思います。
Dsc_1671

周りのバイピングは、手縫いでまつりました。
ファスナーの持ち手も気に入ったものに交換。

お気に入りの財布になりました。
手作りって楽しい~。
自分が作ったものを使うのって、特別な気分になります。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »