ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 富士山の夢 その1 | トップページ | 富士山の夢 その3 »

2014年4月18日 (金)

富士山の夢 その2

それから、何十年も経ったある日、母がこんなことを言ったのです。

 

「うちの家系は、死んだ時にその孫の夢に出る。
 おばあちゃんが死んだら、あんたのとこに出るからね。

 それで、”一緒に行くか、この世に残る”か、聞いてくる。

 この世に残るって答えたら、この世で生きるための力をあげようって、
  霊能力を授けられるから」



母は一日中仕事で留守がちでしたが、家に帰るたびに
今日はこんなものを見た、こんなことして祓った(自己流らしい)

と霊を見たことを嬉しそうに話してました。

うちでは、声が聞こえたり、物が飛んだりすることが時々あったので、
母の言葉を特に気にしたこともありませんでした。
(やめてよねと言うとやめてくれるので怖くはない)

母には霊能力・・・霊を見る力はありそうでした。


その”霊能力”が「遺伝」?していた家系だったなんて。
ちょっと驚きました。
他にも親戚の子はいるのに何故私に?
とちょっと疑問でした。

それから何年か後、会社の寮にいた時に、母から電話があったのです。

                                   *

「おばあちゃんが昨日亡くなったよ。それで今朝、夢に出てきた」

母の夢はこんな夢でした。


そこは遥か上から下まで階段が続いていました。
母がそれを上がっていると、祖母が大きな荷物を抱えて階段に
座り込んでいたそうです。

母が「どうしたの?」と聞くと、
「もう疲れたからこれ以上はいけない。
○○(母の名前)、一緒にくるかい?」
と、祖母。

「まだ行かないよ」
母がそう言うと、
「じゃぁ、生きていくための力をあげよう」
そういうと消えました。

そこで、本当に行ってしまったのだと、思ったそうです。


「あんたのとこに出ないでこっちに出たね。
力なんかくれなくったってあるのにね」
と母。

「一人だけ遠く離れてる(札幌)娘だから会いに来たんじゃないの」と
私は言いました。


親戚で他にこの夢を見た人はいないようで、
何故、今回は「孫に継がなかったのだろう」と少し話題になったそうです。

 

                       *

それからずっと後になって、母から聞いた話です。

祖母はかなりの霊能力があって、たくさんの人を助けていた。
うちの家系はその力を孫に、「夢で」継いでいく。
必ず、娘の方の女の子の孫。
(女が継いでいくのだと)

母に、何故”おばあちゃん”は私のところに出ると思ったのかと聞いてみました。
祖母の娘の中で、母が一番素質があるからだそうです。
だから、私のところだと思ったそう。


それからしばらくして、ふと思い出したのです。

「富士山の夢」のことを。

強い霊能力者だったという祖母。
夢が一族にとって、力を継ぐという特別な役割を果たす場所であること。


何より夢の中で見た富士山の存在感。
富士山に姿をかえた神様、または神様である富士山・・・。

あの夢は、やはりただの夢じゃなかったんだと。

祖母が生きている内に、夢のことを聞いておけばよかった。
そう何度も思いました。

 

そして、つい一ヶ月ほど前のこと。

(続く)
 

 

 

« 富士山の夢 その1 | トップページ | 富士山の夢 その3 »

コメント

代々語り継がれているってことがすごいよね!

富士山の夢は私も見たことあるんだよ^^
しかも「初夢」で(✿ゝ‿◕)σネッ

当時付き合っていた彼と山登りをしていたら途中で吊り橋があり そこを渡る途中でふと見ると・・・

富士山にもやがかかり 富士山のすぐ下には壮大な滝が流れていて おまけに虹がかかってた^^
そして思い出したように携帯で「父さん!見えたよ!富士山あったよ!」と電話してる・・
「そうや!あったや?綺麗かろうが~^^」と父・・・

突然場面が変わり 彼と2階建ての山小屋のようなところにいる・・・
2階の丸い障子窓から黄金色の光が差し込みキラキラしている・・・

そして私は彼の子を身籠った・・・ それが息子^^
医者に子どもは産めないだろう と言われていたのに・・・


「富士山」そして「金色」
やっぱり神々しい象徴に思えるよね?

で?で? ほんの1か月前???   щ(✪ロ✪щ) カモ-ン!!! (笑

おきらく龍さん、こんにちは

すごいね!その夢!見事に暗示してる!^^
やっぱりおきらくさんは、受け取りやすいんだろうねぇ

その夢から、龍くん、富士山(のような存在)に守られてるみたいな気もするなぁ^^

ちなみに私も産めないだろうって言われてて、
ある神社に願掛けに言ったら、半年でできたよ!
長くなるから、いつか本編に書いてみよう~^^


ただ、金色・・・というのが、実際その夢の中にあった色なのか、
「神々しい」ものとして、自分が夢の中でとらえているから
金色に輝いて見えていたのか分からない。

薄紫色の富士山も、「高貴なもの」を象徴した色なんだと思う。

”きらきら”してると、夢自体を「(他の夢とは違う)特別なもの」
「神々しいもの」と思えるよね

一ヶ月前?
今、書いてる(打ってる)最中^^;


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士山の夢 その1 | トップページ | 富士山の夢 その3 »