ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 目に見えないもの | トップページ | 痴呆症? »

2014年5月26日 (月)

月輪観 ~月瞑想~

「月輪観」(がちりんかん)と言われる瞑想法があるそうです。
昨日、TVで見たのですが。

密教の瞑想法の一つで、心を無にする普通の瞑想と異なるところがあります。

それは、心の中に満月を思い浮かべること・・・。

座禅した目の前に衝立などを置き、丸い月を見立てた絵をかけます。
心の中にその丸い月を思い浮かべ、いっぱいにしていきます。

そして、世界と一つになる感覚を得ていく・・・とありました。


                  *

前世の夢を見ていた頃、ある瞑想をしていました。
あの夢を見たのは、それをしていたからだ・・・と後になって思うのです。

その瞑想・・・当時は「月瞑想」と呼んでいました。

丸い月を思い浮かべたあと、地球の中心へと意識を伸ばします。
当時アパートの2階にいたのですが、1階の店舗が見え、
どんどん地中に進むイメージが湧いてきます。

さらに進み、地球の中心へ。

そこへ”繋がった”と感じたら、そのエネルギーをもらいます。

 

今度は意識を空へ向けます。
どんどん進み、宇宙へ。
その先の輝く銀の月へ。

その光とエネルギーで、体をいっぱいにしていきます。

地球と月のエネルギーが自分の中で繋がり、一つになる。
そうすると、ある瞬間、自分が宙に浮いている感覚が来るのです。

上も下も無く、自分自身も宇宙の中心にいるのだと。

宇宙と一つになる感覚。

                *

あれは、「月輪観」という瞑想法だったのかと、何十年も経ってようやく知りました。

                *

”その時”、宇宙と一つになった時・・・

自分自身が”今だけ”の存在ではなく、
自分は・・・人は、永遠の存在であると・・・。

人は、宇宙と一つであり、空間も時間もすべて超えられる存在であると思えたのです。

それが・・・月輪観の瞑想の果て。

« 目に見えないもの | トップページ | 痴呆症? »

コメント

すごっ!
私も幼い頃からお月様を見てばかりだけど そういう感覚にはなったことないなぁ~^^;
ただいつも お月様の視線を背中に感じてというか そういう感覚はあるよ^^

おきらくさん、こんにちは

お月様の気配を感じるだけでいいんじゃないかな^^
お月様って何か意思を感じる気がする。

それこそ、見守ってくれてるような

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 目に見えないもの | トップページ | 痴呆症? »