ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月12日 (金)

白い杖

愛知で働いていた頃、仕事先まで自転車で通ってました。

車道の端を走っていると、向こうから白い杖を持った男の人が歩いてきます。
毎朝、見かける人でした。
                                   .

彼はその先の交差点を横切って、向かいの停留所から乗り合いバスに乗っていました。

その彼の白い杖が私の走る自転車に当たりそう。

かなりの車の量がある道路でしたので、それ以上車道の方によけるわけにもいかず、
自転車は車道のまま、歩道の端に立って、通り過ぎるまで待つことにしました。
                                                .

”こつん”
                                                    .

できる限り邪魔にならないようにしてたのですが、杖が自転車に当たってしまいました。
                                                      .

「あ、すみません」
                                                        .

私がそう言うと彼は、
「こちらこそ」と、にこっと笑いました。
                                                      .

「あの、よろしければ手をつないでもらえますか?少しだけ一緒に歩いて欲しいのですが」

彼が手を差し出します。

「いいですよ。一緒に歩きましょう」

彼の向かう先は、会社と反対でしたが、いつも早めに家を出るほうでしたので、
時間には余裕があります。
自転車の向きを変え、左手で押して、右手でその人の手を握りました。
ましゅまろのようなふわふわした柔らかい、とても温かい手だなと思った時・・・
                                                       .

一瞬、その光景が頭の中に見えました。
                                                     .

<施術用の白いベット、白い服を着たその男の人>
                                             .

・・・見覚えのある風景。

整体かな?

「できる限り、色んな人と手をつないでもらって、少し一緒に歩いてもらうんですよ」

・・・道理で温かい感情がたくさん流れてくるわけだ。
すごい。自分だったら、そんなことができるだろうか。

そうして、しばらく一緒に歩きました。
                                                     .

彼はあんまさんになる為に、学校に通っていると言いました。
                                                           .

じゃぁ、さっき見えたのは、先のことかな。
                                                  .
「なれるといいですね」
                                                              .
                                           .
私が言うと、彼はまた、にっこりと笑いました。

「一緒に歩いてくださってありがとう」と彼。
                                                                     .

「こちらこそ、楽しかったです」

そう挨拶して、お互いのそれぞれの場所へ向かいました。
                                                              .

                   *

昔、むかーしのずっと昔、目が見えなかったり、手足を使えない人たち・・・
みんな「神の子」と呼んでいました。
親は子供が小さい頃から言い聞かせます。

                                                                                   .

「神の子に悪さしたり、嫌な思いをさせたら、神様にはみんな筒抜けなんだよ。
 自分に悪いことが起こったり、死んでから怖いとこに行くことになるよ。
 だから、困ってることがあったら、たくさん手伝おうね」と。
                                                         .

子供は親の言うことをよく聞いて、はじめは怖々と接します。

その内、その自分達と少し違う体は、個性なのだと思えるようになってくるのです。
そして、心から尊敬して付き合っていけるようになります。

                                                                           .

今だって親の一言は重要。

「目を瞑って外を歩いてごらん。それがどれだけ大変か分かるから」
そう言えば、子供は分かるのに。
                                                 .

「手をつないで」
                                                                   .

彼のその言葉がどれだけ勇気のいることなのか・・・。
                                           .

               *
                                                    .

白い杖を持った人や盲導犬を連れている人、車椅子に乗ってる人・・・

何かが欠けている人、ありすぎる人・・・
                                        .

そう、自分もその中の一人。
                                              .

すべての人たちが幸せな気持ちで生きている社会。

それが自分達の幸せでもあるのに・・・。
どうか、幸せな世界に近づきますように。

2014年9月 2日 (火)

ほぼ日 2015

今年もこの季節になりました。

「ほぼ日 2015」 9月1日から、ロフトなどで発売です。

早速、福岡の天神ロフトで買ってきました。

散々、悩んだ末に「マミタス」に決定~

Dsc_2328

(ミニトートバックと見えにくいですがcatのカバーも)

ほぼ日は、糸井重里さんの「ほぼ日刊イトイ新聞」というサイトからうまれた手帳です。

今年の「スカイフル」を使いまわそうと思っていたので、
来年分は本体だけ・・・
と思っていたのですが、前日にふらふらっとほぼ日のサイトを見てしまいました(^-^;

と、「otomi」というシリーズとこの「マミタス」が気になり・・・
早速行ってきたのです。

売り場で、実物を前にして、どっちにしようかなぁと迷いに迷い、
猫好きの本能に訴えかけるような目に抗えず、「マミタス」に決定。

あの中川翔子さんが描かれたそうです。

Dsc_2322
(カバーを広げたところ)

それと、去年買い損ねたカバーのcatがあったので購入。
ロフトで3000円以上買うともらえるミニトートバックもついてきました。
(先着順だそうです)

でも、ちょっと「otomi」もよかったなぁと思いながら
「ほぼ日ガイドブック」の一文を見ました。

動物保護活動もされている中川さん。
売り上げの一部を保護団体に寄付されるとか。

あ、じゃぁ、こっちでよかったなと納得。

今年のスカイフルは、たまに替えることにして(^-^;
来年のほぼ日は「猫」!

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »