ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« "あの日” | トップページ | ”業” »

2015年1月29日 (木)

宇美八幡宮 ~福岡県~

宇美にある「宇美八幡宮」に行きました。

宇美は、”産み”。

神宮皇后がこの場所で、応神天皇をお産みになったと言われている場所です。

Umi08
                                                    .

Umi01
                                                                  .

Umi07

                    (クリックすると大きくなります)

ご祭神*應神(おうじん)天皇(八幡大神)・神功皇后
     玉依姫命・住吉三柱大神・伊弉諾神

神宮皇后が三韓遠征の際、お腹に石を置いて、お産を遅らせたと言われています。

Umi04

ここに「子安の石」があります。

妊娠したと分かったら、ここへ来て、安産で生まれる様にと「子安の石」を授かります。

私も福岡に来てからここを知ったので、一番下の子の時は授かりにきました。

無事に生まれると、その石に子供の名と生まれた時の体重を書きます。

それと書きやすそうな石を拾ってきて、一緒に納めるのです。

初めてここに来た時は、想いのこもったたくさんの石に圧倒されました。

Umi06_3


「生まれてきてくれてありがとう」

そう直接書かれてある石もあります。

Umi05

神宮皇后の像です。

境内には、神功皇后にまつわるものがたくさんあります。

Umi03
湯蓋の森。

Umi11

衣掛けの森。

ともに大樟です。

Umi02

産湯の水。

その中には湧き水が湛えられています。

今も絶え間なく湧き出てて、とてもおいしいお水です。

安産を願って、飲まれていく方もおられます。

 

.
一番上の子が生まれた時は、1500gの未熟児でした。

二人目は3000gで生まれましたが、常に心配していました。

下の子の時、石を授かった後、とても心強かったのを覚えています。

人は守ってくれるものがあると思うだけで、強くなれるのですね。

« "あの日” | トップページ | ”業” »

コメント

こんにちは♪

立派な大楠ですね。
思わず、「たらちねの・・・」なんて頭に浮かんでしまいました。


昔にくらべれば危険度は低くなったとはいえ、
お産はやはり母親にとっても、
産まれてくる子どもにとっても命がけのものです。

神社で安産祈願をして、岩田帯を頂いて。
神様に守っていただくことで、
子どもを守る力を母親たちは持てたのかもしれませんね

私も二度のお産の時は、産土神から安産祈願のお枕を頂いてきました。
大きめのお手玉みたいなもので、中に小豆が入ってます。
陣痛が始まったら、袋の糸をほどくように、と。

無事に産まれたら、お宮参りのときにもう1つ同じものを作ってお返しします。
大抵は、実家の母親の役割なのですが、
そのうち、私もお枕をつくることになるのかな・・・

primavera さん、おはようございます^^

そうやって、代々伝えられていくんでしょうね。
「陣痛が始まったら、袋の糸をほどくように」
お枕の中に詰められた願いが、あふれてくるようですね

上の子の時、不妊症治療をしてたので、
子授けで有名な(後で知った)
奈良の水分神社でお守りを授けてもらいました。

15センチほどの着物の形をしているのです。
生まれたら、産着の裏に貼り付けてお守りにするというものでした。

そのスモール着物、生まれた後、同じのを作って、神社に納めるのです。
(遠かったので、郵送しました)
全部手縫いだったので、大変でした(^^;

でも、これが次の人に伝わって行くんだなと思うと愛おしくて。
あのスモール着物、誰かの手元に渡って、
無事に小さな手が触れたことと信じてます

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« "あの日” | トップページ | ”業” »