ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 奈良 古代の湖 | トップページ | 竜厘 その2 ~リュウ~ »

2015年9月30日 (水)

竜厘 その1 ~カタカムナ~

前にも書いたのですが、ココログがきっかけで友人になった方がいます。
(「奈良と伊勢の旅 旅の意味 その1 ~きっかけ~ 」の記事)

私が以前撮った、伊勢神宮の白龍の写真 の記事のコメントで
その人と初めて会話したのですが、直接のきっかけは他にありました。

その人がブログに載せた「カタカムナ四十八声音」と「カタカムナⅡ」という記事です。

http://kono87.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-a9b3.html

http://kono87.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-a1af.html

以下、2つのページから抜粋です。転載を快諾していただきました。

**************************************************************************

「カタカムナ四十八声音」より

        ヒフミヨイ 

マワリテメクル ムナヤコト

アウノスヘシレ カタチサキ  

ソラニモロケセ ユエヌオヲ 

ハエツヰネホン カタカムナ


書き下し文

ひふみよい 回りて廻る むなやこと

アウの洲経て知列 かたちサ気

その渦巻く諸々の気の瀬 由抜いて緒まで置き

葉エ連なるゐ音の本

(言わんとすること)の要点を見回して、順序をよく考え、

言霊アとウの流れの端々を通して知り言葉を組み立て、

それらの諸々の気の流れを 原因と経過と結果を頭に置いて

(記憶して=言霊オ)、言霊エ(智慧)からツーとでる(言の)葉を発しなさい。

意味(イ根)の本当のところ(ほん)が相手にきちんと伝わるように。

タカム=仮名=顕現した音図から出る名(言葉)

「カタカムナⅡ」より

 ARIONのメッセージのように何通りかの解読ができるのです。それでは、今朝、「もののあわれ」「ものの顕れ」?という言葉が降りてきましたので、新たな解読です。

01

02_2

03_2           (転載終わり)

************************************************************************************

”これ知ってる”

最初にそう思いました。
その訳、意味。

それを見た時、言葉や情景が降りてきたのです。

<<覚えておいて>>

その人はそう言いました。

               *

言葉が泡になって降り注ぐ
体の中に螺旋のように降り注ぎ
溶けていく

泡が私になる
言葉が私になる
                   .

                 *

そう、”その人は私に「覚えていて」と言った”

カタカムナの”言葉”、”体に起きる変化”を。

その人ってあの時の”リュウ”??

                       .

あの時とは、前世だという「古代の奈良」でのアマノトリフネの夢の時。

 

(「前世と石切劔箭神社と矢田坐久志比古神社 その1」の記事)

彼は天駆ける船で来た人。
その時の私は、一目で”リュウ”だと分かりました。
何度も一緒に転生しているその人だと。

今、ニギハヤヒと言われている人。

その時の私(ヒミカ)は”ミカシヤ姫”と呼ばれていたそう。

          .

(なんでその時の情景が浮かぶのだろう)

 

そう思いながらも、その人とメールでの会話を続けました。
当初は、主にARIONのこと。
            .

宇宙神霊ARION。

彼はそのARIONの本やネットに残した言葉が、自分が今までブログで
書いてきたことを「統合・補足」するものと感じて、解読していきました。

それまでFARIONで幾人もの「解読」を見てきたのですが、私にとっては
一番胸に響いたのです。

ここら辺のことは「奈良と伊勢の旅 旅の意味 その1 ~きっかけ~」の記事に。

ちょうどその頃、奈良の石上神宮で鎮魂祭という神事があると知りました。

11月22日。ニギハヤヒの命日とされていて、ニギハヤヒ伝来の
”よみがえりの神事”なのだそうです。

                .
それを見た時、急に思い出しのはあの言葉。
カタカムナ。
           .

そして、奈良、伊勢への旅。
旅の後、彼のもとに神霊 ニギハヤヒが現れたそうです。

そして彼にこう告げました。

<<お前が竜厘だ>>と。

                .

(「竜厘 その2 ~リュウ~」に続く)

 

« 奈良 古代の湖 | トップページ | 竜厘 その2 ~リュウ~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 奈良 古代の湖 | トップページ | 竜厘 その2 ~リュウ~ »