ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月 3日 (土)

竜厘 その4 ~神霊 ニギハヤヒ~

前世は見たかも知れないけど、本当のことは分からない。
そんな半信半疑なスタンスで今までいました。

ただ・・・。
後に見た「現世で7人会わなければならない」と言われた夢を見てから、
ただひたすら発信することをやめられないのです。

(「未来の記憶 ~前世 5~」の記事)
                                  .

「前世の仲間を探すなら、自分の夢をさらさないといけない」
ある人からもそう言われて、黙っていては何も進まない・・・そう思って、
HPを作ったり、ブログを書いてました。

 

でも「前世」だと確信してるわけでもなく・・・。
そんなあやふやな気持ちのまま、ただ時が過ぎて。
                    .

ですが、ふと思ったのです。

この人が、「別の星の夢」を見たこと、書かなくちゃいけない。
書くことによって、進むことがある。

そう強く思ったのです。
何故かは分かりませんが。

彼にこのことを書く許可は取っていましたが、時期は言っていませんでした。
                    ..

                      *

そして、9月29日の午後7時半少し前。
PCに向かい「竜厘 その1」を書き始めました。

その日の夜遅くLINEが来たのです。
彼でした。

「今日、ニギハヤヒが現れてさ。
初めてはっきりした姿で」

「それって、私があなたが夢見たことを書いたから?いつくらい?」と聞くと、

「夜、7時半」

その時間、私がちょうど書き始めた頃…。

                   .

そして、これからのことを告げたそうです。
                       .
      .

私が書き始めた時間に、彼のところに現れたニギハヤヒ。
まるで私がこの話を書くことを、後押ししてるようだと感じました。

これも道?
予めインプットされてたみたいなうちらの行動。
すべて答えは私達の中にあるようで。

                                   .

色々、半信半疑だったのですが、
この一件でかなり受け入れられるようになりました。

             .

これから何が起こるのか。
少しずつ動き出したよう。

<<九州から始まる>>

彼はずっと前に神霊から言われていたそうで。

                    *

彼は神は転生しないという考え方なので、
必ずしもニギハヤヒの生まれ変わり、ということではなく、
「分霊かもしれない」と。

 

私もその意見には賛成です。

 

昔、熱田神宮で、

 

<<人の祈りにより神は存在できる>>

 

と聞こえたことがあるのですが、

 

例え、夢が前世で本当のことであったとしても、
当時は普通に人として生きてました。

神などではなかったのです。


 

ニギハヤヒもミカシヤ姫も神霊として出てくるそうですが、
亡くなった後、人に祀られたから、神になれたのかと。

 

人の部分は人として、生まれ変わって行くのかと思うのです。

                       .


もしかしたら、「アマノトリフネ」なんてのも空を飛んでたりしたので、
別次元の話だったりするかもしれませんし、
ただ夢だけを見せられただけなのかもれないとも思います。

 

そういう気持ちも常に持っていないと、目が曇ってしまいますしね。

 

                                          *

 

あの「カタカムナ」・・・。

<<覚えていて>>

というあの情景が浮かばなかったら、ここまでのことはなかったかもしれません。

そう思うとあれは・・・。

 

 

 

          .

 

ブログ村に参加してます。
ぽちっとお願いいたします。

 


にほんブログ村

 

                             .
               

 

                     .

 

 

 

 

 

                                            .

2015年10月 2日 (金)

竜厘 その3 ~リュウの夢~

「今の弥沙さん?もしかして前世?」

彼から送られたメールにはそう書かれてました。

たった今見た夢で、今の私ではない私を見たそうです。
顔は分からなかったけど私だと分かった、と。

私、どんな髪型してた?そう聞くと、                       .
   .

「別の星の世界」での私の髪型でした。

以前、前世の仲間だと分かった(前世名)桜花林達が教えてくれた
別の星の世界での私、ミサ…卑弥果の。
       .

夢の話の内容もまさに、私が何度も見ていた星の世界での"仕事"のこと。
でも私が見た夢と”背景”は同じながら、私はその”仕事”自体は覚えていません。
       .

<星の世界での夢>

彼が見たのは、これで二回目でした。
一度目は、メール交換し始めた頃に。

               .

彼はその世界の夢で浮遊するバイクを見ました。
そのバイクのことは、「別の星の夢」の記事にも書いていましたが・・・。

どんな感じだったと聞くと、
「 昔の漫画”うる星やつら”の中で弁天が乗っていたバイクにそっくり」と。
                 .

全く鮮明に空飛ぶバイクの形状を伝えてきました。

「急上昇する時に形が変わって、後ろに(体育館などで使う大型の)扇風機の
ようなもの?プロペラ?が出てきて」

それは「別の星」の世界での同じバイクのようです。
変形することは誰にも伝えていません。
        .

それ以外の彼の言葉には頷けるものがありました。
「でもそこのとこは私は夢で見ていないから、その夢が前世の世界かどうかは
分からないです」

と、そうその時は答えていました。

                .

そして、3回目。
数日後のことです。

また、夢を見たとメールが。

             .
「自分とミサさん(星の世界でのミサ)がいて、他に女が二人、男が一人いた。
テレポートする場面だったようで、体の周りに力の膜のようなものを張って…

それが虹色に輝いてた。
そして次々に消えていった。力を自分達の周りにまとう感じ。
虹の7色と白の8色で、あれが羽衣(ハゴロモ)なんだと思った」と。
         .

またもや、顔は分からないけど、その時見たミサが、私、弥沙だと分かったと。
夢の中に出てきた、今の私ではない人を私だと…。
        .

「じゃあ、あなたが夢の中のミサを見て、私だって分かったってことは、
本当に私はミサだったのかな?」

そう送ったら、
「さあ、ただの夢かもしれないし」
                      .

私もあれだけの夢を見ても、必ずしも、「前世」だと思い込んでいる訳でもなく。
これだけのことがあっても未だに半信半疑なとこがあります。

前世だと思われる夢も、だれかと照らし合わせてみなければ、
そうだとは分からないのです。


まして、私がその夢を見ていたのは、20数年ほど前の3年間。
当時は夜毎に「別の星の夢」を見ていましたが、前世だとは思ってもみなくて。
ただ、別の世界の私に、今の私の魂が入って行動してる、そう思っていました。

それほど、その夢はリアルで、怪我をすれば痛みも感じたりしたのです。
                       .
ですが見る度に記録してるわけでもなかったので、詳細は忘れているし、
すべて覚えているわけでもなく。
                    .
だから、彼が最初に見た「浮遊するバイク」は、私が判断できる唯一の材料でも
ありました。

でも、他は覚えていないので私が見た前世とまったく同じだとは言えないのです。
鮮明に覚えていた、仲間の二人なら判断できるかもしれませんが。

                                      .

ですが・・・、つい先日のことです。
                 .

(「竜厘  その4 ~神霊 ニギハヤヒ~」に続く)

 

2015年10月 1日 (木)

竜厘 その2 ~リュウ~

竜厘というのは、私が夢で見ていた前世だという幾つかの世界で、
その度に一緒にいた人です。

(「洞窟の夢 ~前世 1~」の記事)

「別の星の夢 ~前世 2~」 の記事)

(「古代奈良の夢 ~前世 4~」 の記事)

                .

顔はいつも覚えてなく、ただ"リュウ"という名だけは分かりました。
姿形が違っても、リュウその人であるということも。

後に、前世の仲間だと分かった二人に会い、前世の私自身のことや一つ前の
「別の星」の世界のことを聞いたのです。

(「前世の仲間  ~前世 3~」の記事)

竜厘、もう一つの呼び名がリュウ。
そして私は卑弥果、ミサ。

何度転生しても変わらないそうです。
転生する度に前の世の名や記憶を思い出すからなのか、魂の名だからなのか。

                                        .

”カタカムナの時”の私が見たリュウは、ニギハヤヒと今、呼ばれている人のよう。

当時、なんと呼んでいたかは私には分かりませんが、
その時の二人は、お互いの前世を知っていて、前の名も分かっているようでした。
                       .

”神霊ニギハヤヒ、その人に竜厘だと言われた”

(ニギハヤヒだ、ではなく、竜厘?)
その時、少しそう思いました。

          *

一緒に行った(私の友達も同行)旅の後もメールやLINEの交換をしたりしました。
 しばらくして、彼からこんなメールが。
                               .

「今の弥沙さん?もしかして前世?」

                        .

(「竜厘 その3 ~リュウの夢~」に続く)

 

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »