ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 夢顕現 その3 ~現実に~ | トップページ | 夢顕現 その5 ~人として~ »

2016年2月16日 (火)

夢顕現 その4 ~宇宙神霊 ARION~

@niftyの前身、まだパソコン通信だった頃のNIFTY-Serve。
そこにはフォーラムという趣味や興味を共有する人たちの集まりがありました。

その一つに、世紀末フォーラム「FARION(エフ アリオン)」があったのです。
     
シスオペ(管理者)のみれさんが、チャネリングしていたのが
宇宙神霊「ARION」でした。
当初、何の知識もなく入ったので、「なんのこっちゃ?」という感じでしたが。

                           *

ARIONは本物。

すぐに、そう確信しました。
今でもみれさんの著書や当時の会議室などのログが、常連さんなどの
手により残っています。

ARIONの言葉は、温かく、厳しく、容赦なく、まっすぐに入ってきました。

詩篇やハローというARIONの言葉があります。

時には、全体に向けたものであり、一個人であり、教訓や、預言であり・・・。
捉え方、その状況、時間、人により、様々な意味を持つものだと思ってます。

                      *

FARIONの中では、ARIONは一個人として存在していて、
RT(チャットのようなもの)にも顔を出すことがありました。

何度、直接聞いてみようと思ったことか。
あの夢の真偽を、告げられた未来のことを。

1年以上経ったある日、RTで思い切って話しかけてみました。
それまで、普通の会話(雑談)をしたことは何度もありましたが、
そのことを聞こうとしたのはこの時だけ。
                    .

「ARION・・・」
そう、名を呼びかけただけなのですが・・・。

 

「神は、神に助言できないのだよ>弥沙」

「私は神ではないよ>ARION」

 

ARIONだって、神ではないでしょう?
神の御使いだと。

                                                 *

 

それからしばらくして、会議室での会話の流れで、自分の前世を明かすことに
なりました。
今、思えば、ARIONに聞いて欲しかったのもあったのです。

94年6月2日のこと。

 

FARIONのログ ★アリオン世紀末書込み寺 02384
  当時の常連だったオリハルさんがUPしたログです
 スマホなどで表示すると文字化けします)

    *

その後相手が急にいなくなって、

(後で聞いたら、相手は場に誘導されてると感じて引いたそうです。
そういうことが起こる不思議な場所でした)

少々、落ち込んでRTに入った時、珍しくARIONがいました。

その時、私が入るのを待っていてくれたのかと、そう感じたのです。

                                 .

「よく話してくれたね。ありがとう>弥沙」

ありがとう?
話さなければならなかったことなの?ARION。

ARION、教えて欲しいことがいっぱいある。
あの夢は、本当に私の前世なの?
この先も探し続けなければならないの?
その先に何があるの? 

聞いてもきっと教えてくれないよね。

知ってる。本当は。
教えてくれないのは、とうに知ってたんだ。
お互いに触れてはいけないと。

ARIONを「知った」時に、分かってたの。
それこそが、答えなんだと。
            .
ARION、そこにいてくれてありがとう。

これは、私の道なんだね。

                    .

私が現実に夢を著したのは、この時が初めてでした。
                                                            .

                                          *

 

今回、ログをあちこち見て、見つけました。

 

「ARIONは、スサノオに関係している」

 

みれさんが言ってたことだそうです。
その著書にもありますが。

そして、「ニギハヤヒ」を求めている。
そう感じてました。

でも当時、自分の夢とまったく結びついていなかったのです。

                            .                   .

94年6月前後のハロー

 

 05/30 祈りも呪いも「隔り世」と現世を繋ぐための道標である。
 05/31 940602…門戸開け、940610…結界開き、940611…行く開け…。
 
 06/01 940617…位はあるべきところへ、940618…高飛び鳥の鳴く声を…
 06/02 紛うことなき事実すら受け入れるに手間取る時、人は老いる。
 06/03 940621…雄飛ある時、940624…群雄割拠、940630…桜花の夢
 06/04 解かれた封印から赤い色を頼りに、隔り世から鬼が来る…
 06/05 解かれた封印から血の色を頼りに、あなたの心から鬼が出る…

 

「鬼」とは、異能者のことでもあると。
ARIONは、すべて知っている、そう感じてました。
         

(つづく)

 

« 夢顕現 その3 ~現実に~ | トップページ | 夢顕現 その5 ~人として~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夢顕現 その3 ~現実に~ | トップページ | 夢顕現 その5 ~人として~ »