ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月18日 (月)

事故遭遇

先日、友達との買い物帰り、コンビニに立ち寄りました。
友達が中に入ってる間、車の中で待っていると・・・。

 

ドン!という大きな音。
そして、すぐに、
「わーん」 
子供の泣き声。

振り向いた途端、目に入ったのが道路脇に座り込んだ男の子。 
(事故だ!)
そう思うより先に走ってました。

駆け寄ると、小学3,4年頃くらいの子、もう泣いてない。
「大丈夫?」

しゃがみこんでそう声をかけると、

「うん」と頷いた。


「すみませーん。事故でーす。誰か来てくだーい!」
そうありったけの声で叫ぶと、どこからか10人ほど集まってきました。


目の前にいた女の人がスマホを操作しながら、
「私、救急車呼びます」

「わ、私は警察を・・・」
スマホを出して、パスワード解除しようとするけどできない。
あれ?あれ?
あたふたしてたら、隣りにいた男の人が電話してくださっていました。

「大丈夫?頭打ってない?」
そう聞くと
「うん。骨は折れてないみたい」
腰を浮かそうとした男の子に、側にいた別の男の人が
「動かない方がいいよ。じっとしてて」と。

「家の電話番号分かる?」
その人が聞くけど、答えが出ず。
「住所は?」
「・・・。」
「あ、自転車に書いてあるかも知れないですね」と私。

車の下敷きになってたはずの自転車が側にあった。
そこに住所なし。
それもそのはず。
最近は防犯の面からそんなとこに書かない。
後になって気付きました。

うちの下の子と同じくらいの年頃。
怖かっただろうに。
そっと手に触れた時、

”大丈夫”と声が内から聞こえた。

あぁ、この子は大丈夫だ。
よかった。
「大丈夫、もう大丈夫だよ」


そうこうしてたら、男の子と同じ年頃の自転車に乗った子達が数人来ました。
その内の一人が、
「あ、この子知ってる」

別のお兄さんがその子と何か会話してたようで、
「家に連れて行って」
と、連れだって行きました。

「学校はどこ?」
そんなことを別のお兄さんが聞いていた時、はた!と気付いた。

あ、友達、パートに遅れる!
「すみません、私、行かなきゃいけないんで、後、お願いします」

救急車の到着も待たずにその場を離れました。
あぁ、ごめんなさい。
                        *

 

思い返してみると、集まった人の中には配達途中のお兄さんもいて。
皆、てきぱきと動いて下さってました。
一番、あたふたしてたのは、私かも。

一緒に家に行ってくれたお兄さん、家の人がいたのかな。
ああいう場合、学校に連絡すればよかったのかしら?
学校なら休みの日でも大抵、誰かいそうだし。
学校からお家の人に連絡してもらう、と。

うちの子も自宅や私の携帯番号や、住所とか覚えていない。
何かあった時、家に連絡付きにくくて困るかもと。 
名札を服の裏側にでも付けておくといいかも。

何より、男の子は大丈夫だったのかな。

家が近所と言ってたので、近隣の学校に無事を問い合わせてみようかなと、
何度も思いましたが・・・。
迷惑になるかもと、諦めました。

でも、後から後から色んなことを思ってしまって。

大丈夫。
そう信じて、祈っていよう。

少しの間、集まった縁のある人達。
私、一人じゃ何もできなかったかも。

ありがとう。
              *

 

車に戻ってしばらく走った後、友達が
「車、ドアが全開で、エンジンかけっ放しだったよ」と。

あ、全く気にしてなかった。

 

・・・日本で良かった。

 

2016年4月12日 (火)

ホツマツタエ アワの歌 と カタカムナ

神代文字とも言われているオシテ文字。
「ホツマツタエ」や「ミカサフミ」「フトマニ」などに記されています。

それらの文献自体、後世(江戸時代など)の作だと言われることもありますが、
私は日本で最も古い文字の一つだと思います。

                      *

 

        フトマニ図

 

220pxmotoake_svg

 

                
        モトアケ(小笠原長武写本)。 下部の漢字は伝承中に追加された解説文。
                 Wikipediaより
                             

フトマニ図には重なってる文字はなく、言霊の一つ一つには神が宿り、同じ文字(響き)は同根です。

例えば「ヒ」の響きには、漢字で意味を表せる「日」「霊」「火」「陽」などがあります。
明るい、温かい、生命のみなもとなどが次々とイメージされます。

「ネ」には、「根」「音」「寝」「子」などなど。
深いところで繋がっているという言葉にたどり着きます。

以前、神社で聞こえた「根」には古来、神、貴人という意味がありました。
(「伊勢(摂社)」)
すべての人と深いところで繋がっている者が「神」なのかもしれません。

それぞれが感じられるもので良いのです。
それがその人の「言霊」になります。

                          *

ホツマツタエの中に「アワの歌」と呼ばれる歌があります。
四十八の言霊で成り立ち、イザナギ神とイザナミ神が国の言葉の乱れを嘆いて作り、
国の隅々まで巡り広めたと言われています。

あかはなま
いきひにみうく
ふぬむえけ
へねめおこほの
もとそろよ
をてれせゑつる
すゆんちり
しゐたらさやわ

意味がつかめずにいましたが、友人のkono87さんがブログ上にアップされたものが
一番しっくりきました。

転載を快諾して頂きました。

************************************************************

愛のこころをもってカッと浮き出てきた(言の)葉名の真の

息霊を身に受け汲(く)んで

吹き抜ける智慧エの気の方向を

発声の最初から中程、末端まで

元(もと)よりそろえなさい

追って列(言葉の連なり)の流れを結論(ヱ)までつないで

智の理のあるところを諭しなさい

思惟(思うところ)が明らかに真っ直ぐに相手に伝わるように

*********************************************************************************

kono87さんのブログ「あわのうた」の意味より
http://kono87.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-ff3e.html

 

また、このアワの歌の意味、以前kono87さんが解かれた
「カタカムナ」の意味の一つと同じでもあると思います。

****************************************************************:

ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト

アウノスヘシレ カタチサキ

ソラニモロケセ ユエヌオヲ

ハエツヰネホン カタカムナ

 

書き下し文

ひふみよい 回りて廻る むなやこと

アウの洲経て知列 かたちサ気

その渦巻く諸々の気の瀬 由抜いて緒まで置き

葉エ連なるゐ音の本

 

(言わんとすること)の要点を見回して、順序をよく考え、

言霊アとウの流れの端々を通して知り言葉を組み立て、

それらの諸々の気の流れを 原因と経過と結果を頭に置いて

(記憶して=言霊オ)、言霊エ(智慧)からツーとでる(言の)葉を発しなさい。

意味(イ根)の本当のところ(ほん)が相手にきちんと伝わるように。

タカム=仮名=顕現した音図から出る名(言葉)

***********************************************************

kono87さん 「カタカムナ四十八声音」より
http://kono87.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-a9b3.html

おそらく、偶然ではないのでしょう。
それらは、「言霊」に宿る力を理解し、自分の力とするためにあるのだと。

 

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »