ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月 7日 (火)

新嘗祭 と 住吉神 と ニギハヤヒ ~その2~

前回の続き。
                                                   .

<新嘗祭は、饒速日命の命日とされる日。
  饒速日命と、オリオン座(の三ツ星)である住吉神との関係は?>

住吉神は、饒速日命と深く係わりがありそうなのです。


「星の神」

住吉神は、オリオン座の三ツ星を神格化した神”でも”あります。
星は古語で、筒(ツツ)。
住吉神の別名、底筒男神の筒は星を意味します。


*住吉の神は、三神。上筒男神、中筒男神、底筒男神と言われています。
ですが、「そのモデルになったのは一人」。
福岡の高良大社の伝承では、底筒男神がこの方にあたります。

 

「星の神 * 布留神」

奈良の石上神宮の御祭神、布留神も星神です。
「フル」の名は、隕鉄、隕石(から作られた剣)が由来します。
*物部氏の祖神を祀る宮です。

 

「星の神 * 天津甕星」

住吉神と布留神を結びつけるものは、多々ありました。
その一つが天津甕星。
妙見神社に祀られている赤星神は、天津甕星(あまつみかほし)神。
かの様と(一部で言われる)される、艮金神は布留神のことであり、饒速日命です。
妙見様は天御中主神ともされますが、天御中主神は饒速日命でした。

*「星の神」は、住吉神であり、布留神である、饒速日命のことです。


件の高良大社の住吉神(底筒男神)は、饒速日命です。
高良大社は、石上神宮と同じく、物部氏の祖神(饒速日命)を祀った社でした。

住吉神=饒速日命。
これは、これから解き明かしていくことになります。

 

「北辰 * 天御中主神」
 

新嘗祭の日、南の空にはオリオン座が、北の空には北極星があります。

*北極星は、北辰であり、妙見さま。

冬至の日は、饒速日命の命日。
「継承したい神」は、饒速日命。

この日の正中にくる、三ツ星と北極星。
それ故に、饒速日命は「住吉神」であり、「北辰(天御中主神)」とされたのではないでしょうか。

 

饒速日命が住吉神である理由に、ここで上げられる二つのことがあります。
一つは、三ツ星の神紋。
もう一つは、名を変えられて祀られる饒速日命。
 

<三ツ星の神紋>

 

住吉の神は、オリオン座の三ツ星を神格化したものでした。
住吉の元宮、現人神社の神紋は「三つ巴」です。

その「意味」には様々なものがありますが、「三つ星」が元々の由来なのではないでしょうか。
 

奈良の布留御魂神(饒速日命)を祭る「三島神社」の神紋は、そのまま漢字の「三」というもの。
全国の「三島(三嶋)」神社にも、饒速日命とされる大山祇神が祭られています。(*後に)

「三」という数字は、住吉神でもある饒速日命を表すもの。
オリオンの三ツ星です。
 


<名を変える神>

 

海の一族であった安曇氏などは、住吉神を守護神としています。
三ツ星と北辰が、海での道しるべであったからです。
彼らにとっては、星の神であり、海の神(住吉三神、綿津見神)。

 

また、船の神も彼です。

奈良の「矢田坐久志比古神社」の祭神は饒速日命。
饒速日命は「天磐船」に乗り、大和の地に降り立ちました。
そこから、「飛行、航空の神」ともされています。

全国の「船」とつく名の神社(貴船、磐船神社など)に祀られているのも、饒速日命です。
 

 

<八幡神>


もう一つ、饒速日命の別名に「八幡神」があります。

神功皇后の子、応神天皇は八幡神として全国の八幡神社に祭られています。

八幡神を祭る神社の一つ、宇佐神宮の社伝には、
八幡神が現れ、「我、誉田天皇(ホムタノスメラミコト)は広幡八幡麻呂なり」と告げたとあります。
誉田天皇とは、応神天皇のこと。
ここから、応神天皇が八幡神と言われるようになりました。
                                      .

八幡神は、住吉神の御子神と伝えていることもありますが、おそらく同一神かと思われます。
(*住吉神自身と御子神、その両方である)
                   .
八幡神を祭る八幡神社、その中には祭神を大歳神さま・・・饒速日命とするところがあます。
(広島県福山市 八幡神社)(島根県邑智郡 亀谷山八幡神社) .

また、住吉神社に、祭神を饒速日命とするところがあるのです。
(住吉大社の末社 大歳神社)(私部住吉神社 ←ここは、HPで饒速日命と物部伝説が深くかかわる事を書かれています) 

応神天皇、住吉神の御子神、八幡神社なのに、大歳神、饒速日命を祀る社。
これらは、かの神への関わりを示唆しているものです。

 

饒速日命は、信仰する一族が各地へ広まることにより、名を変えています。
時にはその土地の名(鹿島、香取、春日など)に。
また時には、職業の神(金山彦など)として。
住吉神もそうした名の一つなのです。
元は一柱の神であったのです。

 

こうした別名を「分魂(わけみたま)」と言います。

三ツ星と住吉神と饒速日命。
すべて彼を表します。
 

.                    *                             

                

オリオンの三星と住吉神と饒速日命。

新嘗祭で繋がるとは思いもしませんでした。

                                                          

<新嘗祭は、饒速日命の命日とされる日>

その日は毎年11月22日~23日。
石上神宮の祭事がある日が22日。

住吉神は、歳神さまである饒速日命。

その祭事は、饒速日命の神の魂を宿す為のものだとしたら。


彼の名は

「天照國照彦天火明櫛玉饒速日尊」
(あまてる くにてるひこ あまのほあかり くしたま にぎはやひ の みこと)

本当のアマテラス。


新嘗祭は、

<< 祖霊神・天照大神の魂を受け継ぐ >>
<< 歳神(倉稲魂命、稲荷神)に新穀を祝いお礼をし、共食する >>
<< 冬至に、住吉神(三ツ星)と北辰(北極星)にくる >>


これらの神が饒速日命であるからこそ、冬至の日であったのかもしれません。

また、そうであるからこそ、これらの神は饒速日命なのです。

 

 

(後にアメブロに載せる時に改定しています)

2016年6月 2日 (木)

新嘗祭 と 住吉神 と ニギハヤヒ ~その1~

< 新嘗祭での天皇の衣装は貫頭衣ではないかと・・・>

前回、瞑想中に見た現人神社の神の衣装を調べた時、
その言葉にたどり着きました。

現人神社の神は貫頭衣を着ていたのです
では、古来から続く祭りでは何を着ているのか、と。

たどり着いたのが、それが書かれてあったサイトでした。

 

「こちらご遺体搬送の日礼自動車です」
http://blog.livedoor.jp/nichireij/archives/1728856.html

秘されてるという新嘗祭、大嘗祭のことについて詳しく記載されています。

(新嘗祭は一年に一度、天皇が行う祭事。大嘗祭は新たな天皇が
即位した時に行う祭事)
                                     .

要約すると。

***********************************************

新嘗祭は、冬至の頃、オリオン座の動きと共に行われる。  

 

オリオン座が東の空に上る頃、天皇は湯灌をする。

湯灌は葬儀において、故人をあの世に返す準備の儀式。
天皇の死を意味している。
(人から、現人神へ)

天頂に来る頃、オリオン座と共に食事。
オリオン座は亡くなった天皇を意味する。
共に食事をすることで魂を受け継ぐことになる。

西の空に沈む頃、産湯に入る。

(つまり、死から生の過程をオリオン座と共に再現する。)

そして、三つ星オリオン座が神格化したのが、
住吉神。
オリオン座は住吉神を意味する。

**************************************************************

(以下、21年5月2日改)
*ここのサイトで、新嘗祭と住吉神が繋がったのですが、上記のどこまでが実際に行われていることなのかは不明です。

ここから推測されること。

現在、新嘗祭が行われているのは、11月22日~23日にかけてです。

wikiによると、明治6年の改暦より以前は太陽太陰暦(旧暦)の11月の二の卯の日、旧暦11月13日~24日の間)に行われていたようです。
新嘗祭 - Wikipedia

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%98%97%E7%A5%AD


これが冬至の頃の行事であり、元は冬至に新穀を神と供食して生命のよみがえりをはかる祭事であったと、毎日新聞のサイトにはありました。

 余録:昼がもっとも短くなる冬至に太陽の復活を願う冬至祭が… | 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20191114/ddm/001/070/114000c


11月22日は、宮中で鎮魂祭が行われます。
”祖霊への鎮魂”には違いないのでしょうが・・・。


同じ日、石上神宮では大きな神事があります。

<< 鎮魂祭(魂振り神事) >>です。

この日は、饒速日命の命日だと伝えられていて、奈良の石上神宮では、蘇りの儀式、魂振り神事が行われています。

《魂を受け継ぎたい神》は、亡くなった神。

新嘗祭は、饒速日命から連なる祭りなのでは?

また、《一年に一度》生まれ変わりをすると伝えられている神は、
歳神(としがみ)さま。

スサノオの子であり、年始に幼児の姿として現れ、
年の終わりに翁になるという稲穂の神。

スサノオの子、オオトシのことです。

後に分かるのですが、稲荷神や倉稲魂神、宇迦之御魂神とされる神も「歳神」です。

又の名を《饒速日命》

新穀を祝い(お礼し)、共に食する神ならば、この神の他にいないでしょう。


Screenshot_202105022142322 
 冬至の頃(2月22日あたり。変わることもある)の真夜中0時、正中にくる星は確かに、三ツ星(オリオン座)でした。   

 

この新嘗祭は、饒速日命と深く関わりがありそうです。

ここにあった住吉神(三ツ星)は、そのニギハヤヒとも深く関係があるのです。

 

(つづく)

 

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »