ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月22日 (月)

夏越祭 ’16 ~現人神社~福岡県




祭りは7月31日だったので、そろそろ一月経とうとしてますが・・・。

福岡県筑紫郡那珂川町の現人神社で、夏越祭がありました。

 

Arahito01


現人神社のご祭神は、住吉三神。

全国の住吉さんの元宮と伝えられています。

夏越でも神楽があると楽しみにしてました。

舞台はお社ではなく、別にしつらえてありました。

 

Arahito09

まずは、剣舞。
魔を祓う(清め?)という意味があるのかな。

Arahito17
.

Arahito18
.

Arahito19
.

 

Arahito23


この神楽、いつ見ても惚れ惚れします。
と、言ってもこの土地以外で見たことはないのですが。

土地や地域の人にすっかり根付いてて、温かな気持ちになるのです。

伏見宮で行われる岩戸神楽と、ほぼ同じですが、演目は少なく。
岩戸の神話の場面はしないようです。

 

Arahito21

こちらでも「荒神」がありました。
赤ちゃん抱っこしたママ達が、すごい気合い入ってるなと思ってたら(^-^;
  Arahito22
                    . 

この荒神に抱かれた赤ちゃんは、神の加護を受け、無病息災でいられると
されています。

Arahito24

神様にご挨拶。

Arahito25_2
どうか、みな健やかに。

Arahito15
祭りの夜の神社も格別。

Arahito07                                   .


Arahito06

また来るね。

 

 

2016年8月 4日 (木)

神一厘のシナリオ ~カミゴト その3~

彼の元に現れ、コンタクトを取っていたのが、トシ神。
オオトシであるニギハヤヒだった・・・。

そして、ニギハヤヒは私が見た「古代奈良の夢」のあの人・・・。
                                   .

彼は続けました。(すべて掲載許可取ってあります)

                                         .

「・・・(略)、9x9=81マスの数霊図の方は、大本(神道)、日月神示がありますが、
もちろん、証明できる事柄では無いにしろ、歴史的な裏付けというものの
封印は解かれていないのです。

直感では真の日本の初代の天皇であったであろうニギハヤヒが、
保持していた真理であったとほぼ確信してます。

 何故ならば、奈良(名ラ)だからです。(理由はブログで)
行くべきかもれません。
私は地理に疎いので弥沙さんにどこに行くべきか訪ねたわけです。

ご覧になっていた夢も、符合していましたね。
アマノトリフネは通常言霊原理の象徴なのですが、
もっと、超古代かと思っていましたが、本当に存在したのかもしれませんね。
そちらの技術も彼は保持していた可能性はあるでしょう。」

                       
そして、その後のメールで、                                    ..

「数霊図、それは神一厘のシナリオに関わってくる」と。

                                                     *
                            .
<神一厘のシナリオ>

(神一厘の秘密とも)                                               .

日月神事などにある、神々による救済計画の一部を明かしたものだそうです。
                               .

ARIONは、kono87さんが言う「数霊図(この花の図)」をよく取り上げていました。
3×3の9マスの簡略化したものだったのですが。                                     .
ARIONも、これが神一厘のシナリオに関係し・・・、
隠された王である”ニギハヤヒ”を示しているとも言っていたのです。
                                    .

kono87さんと、コンタクトを取っている“トシ”神は、ニギハヤヒ。

そして、私が見た「古代奈良の夢」の”リュウ”は、今、ニギハヤヒと言われている人・・・。

彼の名は”竜厘”でした。
昔も今もずっと。


ここに来て、「神一厘のシナリオ」・・・?

                                    *

そして、奈良への旅。  (奈良と伊勢の旅 旅の意味 その1~その3)

その後、kono87さんは、その神霊 ニギハヤヒに

  <お前が竜厘だ>

と、告げられました。
(竜厘 その1 ~カタカムナ~
                .

その数ヵ月後、私と同じ前世の夢「別の星の夢」を何度か見たのです。
その夢の中での私の姿を伝えてきました。
 
昔(現世の)、出会った仲間の子達から聞いてたミサ(前の世の私)の姿、
そのままでした。
彼女を見て、彼は、弥沙(今の私)だと分かったと。

彼が本当のリュウ?

                  *

彼はブログの記事「Now,Here」の中に記してます。

「驚いたことに宇宙神霊のアリオンの解読を経て、
 私の名前や誕生日の数字が彼(ニギハヤヒ)との縁を
 示すものであることを知りつつ、kono87というハンドルネームは、
 アリオンの解読のためであったことがわかった」

と。
                                 .

彼の今の名は、ニギハヤヒを示していました。

私の姓も。
                                    .

白龍の写真からkono87さんが聞いていた「ミカ」は、
ミカシヤ姫の「ミカ」であり、卑弥果の「ミカ」・・・。

そして、ついこの間気付いたのですが、
神功皇后の中に私の名があり、
私の姓名の中に、「himika」も「misa」もありました。

(ミサは、前世でのコードネーム)
                 .

かつて見つかっていた仲間の一人、「桜花林」。
その名の中にも、今の名があった・・・。
(多分、本人も気付いてない)

絶対条件ではないでしょうが、(もう一人にはその時点ではなかった)
”目印”のひとつなのかも・・・。

未だに答えを求めてる自分達への。

                     *

kono87さんは10年程前に、かつてのお師匠さん(故人)から、

<<古事記の神々と、卑弥呼様があなたを待っています>>

と言われたそう。
当時のお師匠さんのHPのその記述を見て、鳥肌が立った。
(今は、閉鎖されてる)

古事記の神々って、ニギハヤヒや・・・ARION(スサノオ)も・・・?
卑弥呼って・・・。

                              *

「神一厘のシナリオ」

「竜厘」

「未来の記憶」の夢・・・。

                         .
ARIONは、ある日のチャットで
「神はカミゴトにはかかわれない」
「神は神に助言できない」
と、私に告げました。

”これ”はカミゴトなんだと、そう認識したのです                         .

今の私に何も出来ないことは、自分が一番よく知っている。
でも、私しか出来ないことがあるのかもしれない。
                       .

ただの夢だと一笑に付すには、リアルで壮絶だった、

未来の記憶」の夢。
                                             .

仲間の一人もほとんど同じ時期に見てて、ただの夢とは思えない。

あの夢が、忘れさせてくれない。
                 
                *

(追記)

この夢を見た後、色々調べました。
その中で、美内すずえさんの「宇宙神霊記」に行き当たりました。

そこに、

”こわすはだれぞ 黒き巨人”

と、書かれてありました。
あの夢と同じ?と、ぞっとしました。
                      .

私があの「未来の記憶」の夢の最後、必死になって、
覚えておかなければと読んだ資料には、
様々な姿の<ハタレ>のことが書かれてあったのです。

ハタレとは、魔の者のこと・・・と、夢を見た当時は認識していました。

                        *

ここから完全な、私信です。
今はもう、伝える術がないから、ここに。

                        *

カイ、サキ。

時々、見ているのでしょう?
北海道にいたとしても、「対岸の火事」じゃないのよ。
・・・何が起きたとしても、後悔しないと覚悟は出来ているのね?

「前世の夢」の真偽は、私よりもあなた達の方が分かるのでしょう?

                    .

それでも、少しでも後悔しない生き方の方を、あなた達が選んでいるのなら仕方ない。
人それぞれなんだから。

私は前の世の記憶がほとんどないから、今の私として選んでいく。
例え、結果として何も出来なくても。

ただもう一度、逢いたかった。
あなた達の私の記憶は、あの日のあなた達がすべてなんだ。

そうだ、ただ一度、逢えただけでも奇跡だったんだよね。
嬉しかったよ。  
             .

あなた達に宛てるのはこれで最後だから、ついでにもう一つ。

「イパネマの娘」って曲知ってる?
ユーチューブで「小野リサ イパネマの娘」で検索すると出るよ。

kono87さん、「別の星」と思われる前世の夢で、聞いたんだって。
演奏家が弾いてて、私と一緒に護衛してたらしいよ。
(その時の私、白衣着てたらしい。カイの白衣のこと話してないのに)

あの「グリーン・スリーブス」もそうだけど、こっちの星と
転生で行き来してる人達がいるからかもねって。

(あの曲、讃美歌の方なんだね。
 カイ、私が教会で歌ってたかもって言ってたものね。
 あ、邦題「御使いうたいて」だって。)

”そう”と分かってから見る夢は鮮明なんだね。
kono87さんが見るのなら、今の私がまた見てもおかしくないんだけど、
あれから(多分)見てない。

・・・見てないけど、ここのとこ急に廻り出して、本当のことなんだと
再認識してるとこ。
(って、ほんとは、最近、自分が何が出来るのか分かってきた。
 廻り出したからかな)
               .

あなた達が夢に悩まされていないといいな。
私はあの頃、漠然と「夢として」見ていただけだったから。

 

2016年8月 3日 (水)

饒速日神・大歳神   ~カミゴト その2~

「頼んだ本は、ニギハヤヒがポイントになると思います。
 読んだら報告しますね。」

ARIONの著書を手にしたkono87さんは、そうツブで伝えてきました。
                                           .
  ニギハヤヒ。
  そう言えばARIONは、ニギハヤヒについてよく言ってたな。

  ”隠された王、再び現れる”と。
  私がFARIONにいたのは、もう20年も前のこと。
  そんなの、当時は気にもしていなかったけど。

  * ARIONの記事 (夢顕現 その4 ~宇宙神霊 ARION~

                   .
そして、間もなくツブがありました。

「急なのですが、奈良とニギハヤヒでピンとくるものはありますか」と。
                                       .

  「これは私の「前世」の話なのですがアマノトリフネで来たのが
   そのニギハヤヒのようです。当時は名前(仲間内の名前)が違いましたが。

   ぶろぐの「古代奈良の夢」にありますが

 

そこにもともといた私と
   船で来たその一族と共に里を治めるようになったと。

   随分後で、調べましたら、船で超えてきた生駒山に
   ニギハヤヒを祀る神社があったり、夢で見た

 

生駒山の麓の村

  (船が係留されてた場所)にニギハヤヒを祀る神社があったりと、
   符号するものが出てきました。
   三輪山にニギハヤヒは祀られてると思います。」

長いツブを送りました。
そしてふと気付いたのです。

  「さっき突然腑に落ちました。kono87さんのぶろぐ見てて。
   ARIONはスサノオ系なんだから、同じでいいんだと。
   ニギハヤヒだというものがこちらにいるんだから。」(9/30夜)

そう言えば、ARIONは「スサノオであり、ミカエルであるもの・・・」と言ってた。
               .

彼は、「出雲民族の長がスサノオであり、ニギハヤヒはその息子なら、
 同じ霊統になる。ARIONが日本の歴史について語り出したのは、
 霊的にサポートしてきたから」と。

                           .
  いつからかは分からないけれど、ARION達はずっと見守り、サポートしてきたと
  聞いたことがある。

  あれだけFARIONにいたのに、今になってようやくARIONというものが分かった。
  ARIONはニギハヤヒを求めていた。
  私の夢の中のあの人は「ニギハヤヒ」その人だったと、今更ながら気付いた。

    (私が夢の場所(神社)を確かめに行ったのは、FARIONを退会した後)

   「時期」というものがあるのかもしれない。

                       .
そこからメールでのやり取りが始まりました。
                 .
                                  .

彼はその9月初め。

「奈良へ行きなさい」との神霊からの声を聞いたそうです。

どこへ行けばいいのか、何をすればいいのかと途方に暮れていたようです。
そんな時に、ARIONの本を手にしました。

「ニギハヤヒの名はトシで、スサノオの息子という記述に出くわし、
あれあれと驚いたのです。十年ほど前に私に入った神霊はトシと名乗っていたからです」

                                   .

kono87さんの元に10数年前に来て、コンタクトを取っている“トシ”神は、
オオトシであり、大歳の神。
又の名を、饒速日神。

                                     .

(続く)

 

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »