ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 結びの山 ~その5 筑紫三山 ~ | トップページ | 若杉山 その1 結界とキャンプ ~福岡県~ »

2017年1月 7日 (土)

結びの山 ~その6 言霊・数霊 ~

言霊と数霊ついて詳しい友人にメールで聞いてみました。
掲載許可を頂いていますので、そのまま載せます。

************************************************************************

ご質問の基山(きやま)の言霊「」ですが、数霊「10」にあたり、統合と始まりを示します。
「基」より礎(いしずえ)と「起」の両方の意味があります。
何かの統合は何かの始まりにもなるわけです。


「飯盛山」の飯盛神社の本社のご祭神イザナミは、言霊「
」で、数霊「50」であり、
「若杉山」の麓の飯盛神社と対になる太祖宮のご祭神のイザナギは
言霊「
」で、数霊「5」にあたります。

何か気がつきませんか? 
1から10までの和は「55」であり、5+50も「55」になります。
だから「筑紫の三山」という考え方は正しいと思います。
ちなみに数霊「55」からは、「誠」と「道」という言葉が出てきます。

基山の荒穂神社(あらほじんじゃ)の主祭神の「瓊々杵尊」は、
古事記において「言霊原理」を一義として、
二義である政(まつりごと)を始めた天孫であるとされています。

ワ ラ ヤ マ ハ ナ タ サ カ  ア
ヲ ロ  ヨ モ ホ ノ  ト  ソ コ  オ
ウ ル ユ ム フ ヌ ツ ス ク  ウ
ヱ レ エ メ  ヘ ネ テ セ ケ エ
リ イ  ミ  ヒ ニ チ シ キ イ 

 

「ア」=数霊「1」~「ヰ」=「50」です。  

=  5
=50
=10

ミ(35)+チ(20)=55
マ(31)+コ(7)+ト(17)=55

補足

*数霊51から80については現在検証中なのですが、数霊「55」は「ギ」で
あるだろうと推測していました。
「ギ」は統合された内容という意味で「義」であることから
ほぼ確定したと思っています。
ちなみに「ン」は数霊「81」にあたり、文字を意味します。

kono87さんのブログ(ラトナ通信 2017)
http://kono87.cocolog-nifty.com/blog/

                                                 .

********************************************************************

( 続く )

 

« 結びの山 ~その5 筑紫三山 ~ | トップページ | 若杉山 その1 結界とキャンプ ~福岡県~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 結びの山 ~その5 筑紫三山 ~ | トップページ | 若杉山 その1 結界とキャンプ ~福岡県~ »