ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 結びの山 ~その6 言霊・数霊 ~ | トップページ | 結びの山 ~その7 線上 ~ »

2017年5月 9日 (火)

若杉山 その1 結界とキャンプ ~福岡県~

前回の「結びの山」の記事に書きました、神籬(ひもろぎ)を作る筑紫三山。
その山の一つ(だと私は思っている)、若杉山。

そこには、飯盛神社の祭神、イザナミ神の夫婦神であるイザナギ神を祀る
太祖宮の上宮があります。
(なのでこの二つの山は、夫婦山とされています)

そろそろ行きたいなと思いながら、躊躇していました。
地図で見るとかなりな細い山道。
しかも何本もの分かれ道が・・・。

ですが先日、偶然にも行くことが出来ました。

GW中に予定していたキャンプの日が、予報で雨になったので、
近場で行ける場所は無いかと探したのです。

すると、ありました。
「若杉楽園キャンプ場」

管理人さんもいないので、予約無し、料金なし、トイレも綺麗で炊事場完備。
思い立った週末にふらっと行ける。
ネットの方々には「キャンプする人にとって、夢のような場所。まさに楽園。」と好評。
「ただし、管理人の方がいないので、来る時よりも綺麗にして帰ること」と、
何人もの方がコメントに書かれていました。

他のキャンプ場はとっくに予約でいっぱい。
ならば、ここにしようと。

そこは、あの若杉山の中腹にありました。

これは偶然ではないはず。
上宮のある頂上まで登山してこようと決めました。

キャンプ自体は、次の日も雨の予報になっていたので、
日帰りですることに。
朝の内に行って、お昼をそこでバーベキューをして、それから登山の計画です。

                     *                   .

若杉山へは、福岡県糟屋郡篠栗(ささぐり)の若杉山の麓の太祖宮を
過ぎた辺りから登っていきます。
一台がやっと通れるかの道なのに何台も離合します。

私の運転じゃさすがに無理だったな・・・。
麓から山道をしばらく進んだ時のこと。

突然、ふわんっとした空気の壁を通り抜けたような感覚がきました。

<これは、”結界”>


以前、愛知の鹿砥神社の奥宮が頂上にある山に、車で行った時にも
感じたのです。
その時よりは柔らかな感じがしましたが。

その後、空気が一変。
ぴーんと張りつめたような、肌がざわざわするような。

車窓から、「高野山○○寺」という看板が幾つも見えました。

そう、若杉山は霊山だったのです。
                    .

”篠栗”
この辺りに住んでいる人には、その名は”篠栗八十八箇所霊場”で
知られています。
弘法大師が開いたとのことで、和歌山にある高野山系のお寺が、
篠栗・・・主にその若杉山に点在しているのです。

高野山○○寺
そう書かれた看板がキャンプ場の脇にもありました。


朝早くは大混雑でスペースもなかったのですが、10時くらいになると、
前の日からいた方々が撤退して、タープ(日よけのようなもの)を
張ることができました。

キャンプ場はそんなに広くはなかったのですが、ごみも落ちてなく、
焚火の跡などももちろんありません。
皆、とても丁寧に使っているように思いました。

ただ、トイレには、掃除用具がありました。
掃除をしている方がおられるのです。

キャンプ場は、お寺の私有地でした。
・・・きっと、お寺の方が奉仕の心で掃除してくださっているのです。

<<掃除は神ゴトに一番近い仕事>>

なるほどなぁと、納得しました。
霊山である若杉山の、お寺の私有地をキャンプ場にと
常時開放されている・・・。
山を土地を、そこに来る人を愛していなければ、到底できないことです。

高野山は確か密教。
教えを押し付けないのだそうです。

「使わせていただけることに感謝して、来たときより綺麗に」
そうあちこちでコメントを残してる人達や、ここに来てそう実践している人達には、
きっと届いていると思います。
                         .

2時頃までにはバーベキューの片付けも済ませて・・・。
子供たちに一緒に登ろうと言っても、ここでまったりすると拒否されたので、
一人で登山に出発です。


( 若杉山 その2 ~奥の院 福岡県~  に続く ) 

    .

*若杉楽園キャンプ場は、後に有料になりました。

« 結びの山 ~その6 言霊・数霊 ~ | トップページ | 結びの山 ~その7 線上 ~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 結びの山 ~その6 言霊・数霊 ~ | トップページ | 結びの山 ~その7 線上 ~ »