ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 結びの山 ~その7 線上 ~ | トップページ | 結びの山 ~その9 天岩戸 ~ »

2017年6月 3日 (土)

結びの山 ~その8 神籬(ひもろぎ)~

筑紫平野を囲むような三角の形。

前の記事「結びの山 ~その5 筑紫三山 ~」で書きましたが、
小説「産霊山秘録」の中では産霊山の頂上で、 三角の頂点に
それぞれ置いた神器が神籬(ひもろぎ)を作っていました。

同じく、奈良の結びの山の一つである大和三山。
その中にある藤原京は、大和三山が作る神籬の特殊な場の力を
利用したものなのでしょう。

筑紫三山にもこの役目があると思われます。

飯盛山の頂上で感じた「基山」への見えない道筋。
そして筑紫三山が形作る結界のようなもの、
これがこの地の「神籬(ひもろぎ)」

<<神が宿る場所>>

友人、kono87さんによると、その中すべてが「神籬(ひもろぎ)」になります。

 

Chikushi3zan5                         (地図はグーグルマップより)

友人が気が付かれたのが、濃い青の三角の頂点にある
若杉山の麓の方の「太祖宮」です。

若杉宮の頂上の「太祖宮(奥宮として今もある)」から、
勧請したとのこと。

麓に宮を置く理由・・・。
ほとんどの場合は参拝しやすいようにということなのでしょうが、
これだけ綺麗な三角を形作る場所にあるもう一つの「太祖宮」は・・・。

「筑紫三山に<封印>としての役目もあるのだとしたら、
それをより強固なものにする為ではないだろうか」と。

この話は後ほど。

あるものの封印・・・便宜上、この言葉を使いますが、
ちょっと違う気がします。
 ”悪いものを閉じ込めてしまうという、 負のイメージはないです。)

                    *

地図では
(筑紫三山を「封印」の役目として考えるのなら、友人が示した水色の三角の方で)

三角の底辺に当たる「飯盛山」と「基山」を結ぶ線の真ん中、
その三角の外側に「岩戸」があります。
青い印がついている場所です。

Photo
                                 (地図はグーグルマップより)

この辺り一帯は、昔は岩戸村と呼ばれていました。
今でも土地の人は、岩戸郷とも呼んでいます。

その「岩戸」がある福岡県筑紫郡那珂川町に「伏見神社」があります。        .

 

毎年、岩戸神楽が奉納されています。
 (諸説あるようですが、伏見神社の元宮とも言われています。
  ご祭神の淀姫が神宮皇后の妹とされている故かもしれません)

岩戸の由来は、「天岩戸」。
上の地図の印をつけた青い点の場所、「戸板」という地区に
天岩戸があります。
                         .

 

( 続く )

 

« 結びの山 ~その7 線上 ~ | トップページ | 結びの山 ~その9 天岩戸 ~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結びの山 ~その8 神籬(ひもろぎ)~:

« 結びの山 ~その7 線上 ~ | トップページ | 結びの山 ~その9 天岩戸 ~ »