ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 結びの山 ~その12 ARION 「三四五の封印」~ | トップページ | 結びの山 ~その14 日吉の神とニギハヤヒ命~ »

2017年7月21日 (金)

結びの山 ~その13 ヒの一族~

ニギハヤヒ命が筑紫にいた頃、拠点としていた場所はどこか・・・。

その場所の一つは、ある一族と深く結びついていました。

                         *

再び、原点へ。
半村良氏の著書「産霊山秘録」。

このシリーズを書くきっかけになった小説です。
半村良氏は、作品を執筆なさる時「降りてくる」とコメントで目にしたのですが
友人kono87さんは、「まさしく感化を受けたのかもしれない」と感じています。                           .

小説の中の「ヒの一族」。

古来、天皇の上に位置する部族があり、それをヒの一族と言った

上の一文は小説のくだりなのですが、現実に思い当たる一族がいます。

神武天皇が来る前の、大和を治めていた一族を祖とする人達。

それがニギハヤヒ命、その子ウマシマジを祖とする物部(もののべ)
一族の様だと感じてます。
実際には小説のような超能力はなかったと思いますが、
祭事を取り仕切り、呪術を行っていたという伝説があります。

そのヒの一族は、小説の中では”「ヒ」と名がつく土地に住み”とあり、
滋賀の比叡山、日吉大社の地にもいました(昔は日枝)。

現実に「日吉」の”元”とも言われている「日吉神社」がある
筑紫郡那珂川町には、ニギハヤヒ命を祖神とする物部氏がいたようです。

彼の地に古来から伝わる星の話をまとめた「儺(な)の国の星」の著者、
真鍋氏の祖先は、物部氏であり大宰府政庁で星読みの仕事を
していたとあります。
                       .
もともと彼の地には、出雲族がいました。
(出雲はスサノオ神(ニギハヤヒ神の父)の地)

その痕跡が未だに残っています。

那珂川の伏見神社の前あたりにある「一の堰」。
 
「裂田の溝(さくたのうなで)」に那珂川の水を引く為に作られ、
江戸の時代には、どんな大雨でも壊れない筑前一の堰と言われていました。

工事の時の調査で、その堰の作りが出雲族のたたらの炉の
地下構造と同じものであったと分かったそうです。

(「裂田神社と裂田の溝(さくたのうなで)」)
                             .
那珂川町と物部一族(と出雲族)の関係は深そうです。

                         *

そして、この小説が「日吉の神」とニギハヤヒを結びつけてくれました。

                       .
( 続く )

« 結びの山 ~その12 ARION 「三四五の封印」~ | トップページ | 結びの山 ~その14 日吉の神とニギハヤヒ命~ »

コメント

こんにちは!
何故だろう???
この記事と「裂田の溝」拝読していたら涙があふれて来ました???
殆ど知らない「読めない名前」ばかりなのに・・・
何時も素晴らしい記事ありがとうございます。

章さん、おはようございます(*^^*)
コメントありがとうございます。

”鈴”に触れたのかもしれないですね^^
私もこの土地に来るまで、全く知りませんでした。

何も知らない内から、とても懐かしい風景に出会っては
何度も涙があふれてました。

神功皇后が、子供(応神天皇)を産んだ後に作った水路。
もしそれらの神話が本当なら、
生まれたばかりの子を育てた土地になります。
この土地の温かい人情や土地の気に守られて。
きっと、いつかまた来たいと思ったことと思います。

コメント励みになりました。
ありがとうございます

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 結びの山 ~その12 ARION 「三四五の封印」~ | トップページ | 結びの山 ~その14 日吉の神とニギハヤヒ命~ »