ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 結びの山 ~その11  天孫降臨 ~  | トップページ | 結びの山 ~その13 ヒの一族~ »

2017年7月19日 (水)

結びの山 ~その12 ARION 「三四五の封印」~

不思議なことは、いつも隣にあります。

神社や伝承の多くは、”不思議なこと”が始まりなのです。

 

胸の奥の鈴の音が響いたのなら、”それ”が自分の中にある何かに
シンクロしたのかもしれません。

パソコン通信のニフティーサーブで出会ったARIONは、私にとって
そんな存在でした。

宇宙神霊ARION。
チャネラーの北川さんを媒介とし、あらゆる事象を言葉に乗せ投げかけてきました。

一つの宗教や既存の常識にとらわれない、そして徒党を組まない。
故にパソコン通信という、まだ始まったばかりのネットワークに存在していました。

                         *

筑紫三山の図を見て気付いたことがありました。
これはARIONが言ってた「三四五の封印」の一つなのではないかと。

ARIONはそれを、著書やFARIONの中で何度も取り上げていました。

当時はそれが何を差すのか誰も分からなかったのですが、
kono87さんが解読したものが一番”響き”ました。                       .

奈良における三四五の封印。
kono87さんブログ「ラトナ通信2017」より。

************************************************************************
ARIONには「345の三角形の封印」、「4の辺上を閉じる」という表現がありました。
すると直角三角形が2つできるのですが、二等辺三角形と直角三角形は、
奈良や京都のいたる所に見つかるのですが、
この大和三山と三輪山の図が基本になると思います。

 すると、三輪山に封印された者は、真の初代の王であった
ニギハヤヒということになるでしょう。
大物主は倭大物主櫛甕魂命(ヤマトオオモノヌシクシミカタマノミコト)の
称号より、また、物部氏の名よりニギハヤヒ命で間違いないと思います。

ARION 345の三角形の封印 外伝

ARION 345の三角形の封印 外伝 Ⅱ」

************************************************************************

そうして大和三山が”結んだ”先(矢の的)である三輪山は、
初代の天皇であった饒速日(ニギハヤヒ)命が封印された山ではないかと。

また、次の天皇(神話では)が祀られている神武天皇陵(1)と、
三輪山(ニギハヤヒ命、2)、その妃、櫛玉比女命神社(ミカシヤヒメ、3)を結び、
導かれ出たのが、三島神社(4の場所)。

Screenshot_202110122147405

 

ここが”矢の的”

ご祭神は布瑠御魂神。
櫛玉饒速日命です。

Mishima04

そこで撮った写真には、そこには無かったはずの靄が映りました。
ご神霊だそうです。

旅の目的は、この場所に来ること。
そして、それを”言挙げ”すること。
それがARIONの言ってた「封印を解く」ことになるそうです。

私は直接ARIONとコンタクトをしている訳ではないので、
その真偽は分かりませんが、この写真を見て

< 正解 >と言われたような気がしました。

ならば、「封印」とは、”矢の的”にある「饒速日命」では?

                               *

三四五の封印は、日向の手によってかけられたのだから、
 日向の手によってしか、解くことができない。

  日向の血を受け継いだ者が、この本を読み三四五の封印の智慧を得たら、
 四の辺上にあるたった一つのポイントに気づき、自らそこへ行くだろう

                            .

ARIONは「三四五の封印」について、そのように言っていましたが、
「たった一つのポイント」は多分、封印の数だけあると思います。

筑紫における封印、それが「筑紫三山」だと感じてます。
イザナギ、イザナミ、ニニギを祀る山が形作る三四五の封印。
                             . 
その”矢の的”には「脊振山」。
二竜が常に出現して、背を振るうと伝説にある山。
”奇なるもの”が振る山。

この山こそ、神話の「クシフル岳」。

布留と呼ばれる神は、ニギハヤヒ命、一柱のみ。

<天照国照彦天火明櫛玉饒速日命>

「クシフル岳」は、ニギハヤヒを表しているのではないかと・・・。
                 .
そうでした。
そうならば、全て繋がります。

筑紫三山がARIONのいう、三四五の封印なら、
そのポイントである脊振山は、必ずニギハヤヒ命を表すはずです。

なぜならARIONは、ニギハヤヒ命を”隠された(封印された)王”と呼び、
その存在を明らかにすることを、常に望んでいたからです。

                      .

「脊振山」がニギハヤヒを表す・・・そう考えたのなら、
奈良とも結びつきます。

三輪山の神、大物主(ニギハヤヒ命)は蛇神とされています。
その昔、蛇神と竜神は同じものとされていました。
(「大神神社(おおみわじんじゃ)と大物主神」)

脊振山の竜の伝承に通じるものがあります。

        
それにニギハヤヒ命は、大和に移る前はこの筑紫に拠点を置いて
いたのです。

「東に、国を治めるのに素晴らしい国がある」
と言われ、筑豊(飯塚あたり)の男達と共に、天磐船(天鳥船)に乗り、
その国、大和に向かったと神話にあります。
                            .

では、筑紫のどこであったか・・・。

                       

( 続く )
              .

 

« 結びの山 ~その11  天孫降臨 ~  | トップページ | 結びの山 ~その13 ヒの一族~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 結びの山 ~その11  天孫降臨 ~  | トップページ | 結びの山 ~その13 ヒの一族~ »