ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« ヒプノセラピー その1 | トップページ | 手紙「別の星」 »

2017年9月25日 (月)

ヒプノセラピー その2

夢で見た「前世」と同じ物を”催眠”で見たということは、
それが「前世」だということなのしょう。

あの夢は、それほど鮮明でした。
それを見た後、前世療法の時にあるという、劇的な変化もありました

ですが、下手に自分の前世を知っていると、
こういう時は意識が邪魔をするようです。

人に見せたいもの、見せたくない物を取捨選択したようです。

今回のヒプノの施術士さんは、
「今まで一度も催眠に入っていない人はいない」
というとても腕のある方なので、私の”抵抗”の方が相当大きかったのかなと。

でも、今回はその「以前、見た夢が前世かどうかを知りたい」と
思っていただけなので、意識的にそうしたのかもしれません。

新たに分かったことがいくつか。

              *


生まれた直後から両親がいないこと。
 存命かどうかは分からないけれど。
 その理由が「神の子」である為と。


拒否反応を見せたのは、天鳥船が来る場面。
(「古代奈良の夢 ~前世 4~」)

前回の記事を書いてる途中で分かったことです。

どうやら、<禁忌に触れる>ものは、天鳥船が降りてからの出来事のよう。
ニギハヤヒ一行が乗ってきた飛行する船。
「禁忌」は、私がブログに書いたことの、その先・・・、
私があの夢で見ていない部分にあります。


それは、今の私がここで(あの催眠内で)見るべきではないもの。
    
おそらく、それは彼が携えてきたもの。
今、「十種神宝」と言われているものでしょう。
あの時の私は、確かに見ている。知っている。

 <禁忌>
その言葉を聞いて思い出しました。

あの時の私の力は、天鳥船が来てニギハヤヒと出会う、前と後では、
格段に違いました。

もし、今の私に、大きな変化があるとするなら、それを思い出す時
なのかもしれません。

 

それと・・・。
これ以上を知りたいのなら、自分で何とかするしかないということ。
見えた前世が人に言えないんじゃあ。

それでも、見なくてはいけないと思う要因は、神霊ARIONの言葉です。

 <弥沙は、瞑想の中で覚醒する>と。

それは、裏を返せば<私が、いつか覚醒しなくてはいけない>ということ。
 
そもそも、「覚醒」って何だ?
とも思うのですが。

ARIONは、その未来を見ているということ。
私にそれを告げるということは、それがARIONの望みであるということ。
それに向かって「進め」と。

もしかすると私の<覚醒>する時って、あの「禁忌」の部分に触れた時
なのかもしれない・・・と感じてます。

                   *

ヒプノの後、神社の話で盛り上がりました。
筥崎宮から大分八幡宮の話へ。
そして、現人神社へと。

前から現人神社に行ってみたかったと。
住吉さんの元宮だと御存知でした。
那珂川に行くことがあれば、日吉神社へも、と言うと、
「この何日か前から、その日吉神社に急に行きたくなってた」と。

日吉神社、安徳台、現人神社、御中主神社、筥崎宮が
一直線だという話をすると、

「その話は筥崎宮の宮司さんが、講話か何かで話してた」と。

それは知らなかった!
次から次へと(まだいっぱいあった)出る繋がり。

こういう流れって、ついこの間あったような・・・。
先日、見つかったという、仲間の一人「サラ」
彼女は、私の関係する場所、そのほとんどに住んでたり、
何らかの縁があったりしていました。

友人kono87さんに聞くと、
「磁場だろうね」と。

強い縁を持つ者は、同じ磁場に引き寄せられるそうなのです。

これは、私自身が、神功皇后や、ミカシヤ姫のいた土地の磁場にも
引き寄せられていたことにもなるそうです。
なるほどな~。

ヒプノの方とは、今回の縁。
みちびきの神、日吉の猿田彦さんが導いてくださったのかもしれません。
出会うはず、だったのでしょう。
ということは、「今、私が見るべきものだった全て」
猿田彦さんにそう言われたような気がしました。


                   *

 

「一番最初に出てきた”前世”があなたにとって一番影響力のある前世」
と言われていたのに、最初に見えた「別の星」の世界の夢を
拒否してしまいました。

今、思えば・・・。
その世界の「真相」もまだ、言ってはいけないことのようです。
おそらく、その星の神に関すること。

自分もその神の名だけは口外してはいけない気がしてたので、
今までも書いていません。

それはこれからもずっと書かないことだと思うのですが、
「サラ」に会う時に見せようと出した、「仲間の子達」としていた文通で
その星のことが書かれていた手紙を見つけました。

(二人へ・・・個人的な所は見せていないから)

 

(  続く )

« ヒプノセラピー その1 | トップページ | 手紙「別の星」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒプノセラピー その1 | トップページ | 手紙「別の星」 »