ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 神の鉾 2 ~高良玉垂宮神秘書~ | トップページ | 神の鉾 4 ~天照の分御霊(わけみたま)~(改訂版) »

2017年12月 1日 (金)

神の鉾 3 ~安曇磯良神~(改訂版)

神の鉾 2 ~高良玉垂宮神秘書~」の続きになります。

 

その「神の鉾」は誰のものか?

それには、神秘書に書かれている「安曇磯良神」のことを記さねばなりません。
彼は、高良大社の御祭神です。
以前、神職さんから直接お聞きしました(詳細は「神の鉾 6」にて)

つまり、高良玉垂神は、安曇磯良神であり、(住吉三神の)底筒男神でもあるのです。

                          *
その「安曇磯良神」が登場する神楽があります。

式志神社の磯良舞のあらすじに気になるものがありました。
綾杉るなさんが、書かれています。

<高良大社 (高良玉垂宮) (Ⅱ)> (「ひもろぎ逍遥」より引用)
*********************************************

磯良舞 (いそらまい)   ( 武内神 豊姫神 磯良神 海神 )  

神功皇后らが新羅へ進軍する時のお話です。
48艘の船団でいよいよ新羅へ。
その時、武内神が干珠満珠を貰い受けようとしました。

磯良神は大和で40万年、ひたちで40万年、勝馬(かつま、志賀島)で40万年過ごされた神。

いそら神が干珠満珠を海神のところに行って、貰おうとするが、
なかなかもらえず、豊姫が代わりに海神の所に行く。

すると海神は「神楽を舞うならば、授けよう」と言う。豊姫は神楽を舞い、海神から干珠満珠を授かる。

豊姫はそれを武内神に渡す。


********************************************

場面は、前回の「神の鉾 2」の神功皇后が四王寺山で祈って、
住吉神と、月神(底筒男神)と、日神(表筒男神)が現れ、
大将軍や副将軍となり、力になる約束をした後の話です。

三韓へ出兵する時がきました。

当時の博多湾には、常時、新羅が攻めてきていたという話もあり、
「海の向こうの豊かな国を手に入れよ」という記紀の記述とは、
少し違うような気もします。(←後に新羅とは別の話だと分かる)


ここには様々なヒントがありました。
☆干珠満珠(海神のもの)
☆磯良神の遍歴。
☆四柱が関わること。
(神功皇后、磯良神、豊姫、武内神(武内宿禰)


< 高良神の安曇磯良神とは >

高良大社の御祭神=高良玉垂神=住吉(底筒男)神=安曇磯良神。

安曇磯良(アントンイソラ)神の名から分かることがあります。


安曇族との関わり。
彼らと出雲族はもともと同じ海を渡る一族でした。


「儺の国の星」には
<安曇氏・阿曇氏のあづみは、ワタツミノカミの「ワタツミ」がつまったもの>とあります。
綿津見神・少童神・海津見神などは、同じワタツミノカミ。
それぞれの一族が、神の名を替え祀ったのです。

ならば、磯良神は出雲族の神。
   
                           
< 磯良の名 >

磯良神、イソラカミ。

「ラ」は、古語で光、神を意味します。

であれば、イソノカミ。
石上?

「儺の国の星」にありました。

谷神(こくしん)を倭人は石上と書き"いそのかみ"と訓じてきた。
磯神(いそのかみ)が砂鉄を掬って炭とまぜて鉄を求めた仕事は黒に生まれ、
黒を育てて黒を成す過程にほかならなかったのである。

鉄を"ふるみたま"と言う。
暗黒の宇宙の色をそのまま復元した姿であった。
(「儺の国の星」より)

  

ここに「磯神(いそのかみ)」の名があります。

磯は石(でできている)。
石は星(古語で石と星は同義語)。


ふるみたまとは、布留御霊。
布留(ふる)とは、隕鉄(隕石からとれた鉄)、また、それからできた剣。

故に布留神は星神(でもある)。


彼は、奈良の石上神宮の御祭神。
布留神とは、饒速日命です。


高良玉垂宮神秘書にある、磯良神は饒速日命ではないのか?
饒速日命の伝承は、この一帯、筑紫(福岡)辺りに広く残されているのです。


*後に知ります。
高良大社は、物部氏の祖神を祀る社でした。
物部氏の祖神は饒速日命。

 

「儺の国の星」の著者、真鍋大覚氏は、物部の末裔です。
それは那珂川に古来より伝わる、星の名の本。

この本が繋いでくれる、遥かな過去と今。

それは、物部が大切に紡いできた贈り物でした。


物部に導かれるように、過去が解き明かされます。

 

かの本に書かれていることと、私のわずかな記憶。
それが重なる時、パズルのピースがはまるのです。

 

(2022/1/15改訂)


( つづく )    

 

*「神の鉾 3」は、2017年11月30日の

神の鉾 2 ~高良玉垂宮神秘書~

の続きになります。

amebloでココログとほぼ同じ内容で書いてます。
後に分かったことなどを書き足す内に、改訂しないと後に続かなくなりました^^;

以降、amebloの記事からの転載です。

                    

 

« 神の鉾 2 ~高良玉垂宮神秘書~ | トップページ | 神の鉾 4 ~天照の分御霊(わけみたま)~(改訂版) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 神の鉾 2 ~高良玉垂宮神秘書~ | トップページ | 神の鉾 4 ~天照の分御霊(わけみたま)~(改訂版) »