ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 神路山~遠見岳登山 ~福岡県 久山町~ | トップページ | 裂田溝ライトアップ ’17 »

2017年11月23日 (木)

遠見山

前回の遠見岳は、「神功皇后が三韓出兵のみぎり、異国を望んだところ」と
されています。

博多湾周辺には、神功皇后が登り、遠見や神事をしたという
伝承が残る山が幾つもあります。

その一つが脊振山です。
ここにも「異国を望んだ」、という伝承と、
神を祀ったという伝承が残っています。

遠見岳と脊振山、そのどちらが先に登ったかは分かりませんが、
「遠見」が「異国を望むこと」、つまり「三韓を見ること」でないことは
明白です。

高い山に登ったくらいでは、海の向こうの国は見えない。
そんなのは最低、一つの山に登っただけでも分かります。
幾つも登る必要もないのです。

全ての山で神事をした訳でもなさそうです。

では、「遠見」とは何なのか。
何故、そんなに山に登る必要があったのか。

                            *

以前のさほさんからのコメントで思い至ったことがありました。
(「儺の国の星」 ~炊屋星~ミカシヤ姫の名の意味」のコメント)

「橿原」は星の観測台だった・・・。
奈良の橿原と言えば、ちょうど私が夢の中で最初にいた場所に当たります。

古代の前世の夢」の中です。
以下は「儺の国の星」のコメントに私が書いたことです。

                *
                .
 夢の中でアマノトリフネを見た場所は、見た時の、
 周りの地形から推測しても
 今の橿原神宮辺りになるのかも。
 「遠見」と言ってるのは、遠隔透視のようなので、
 見晴らしとか、距離は関係ないみたい。
 超能力のようなものだから。

 でも星を見る観測台としての「橿原」なら、
 畝傍山になるのかな?
 そこで星見てたかどうかまでは、分からない。

                                   *

橿原神宮の場所。
そこには畝傍山があります。

その・・・遠見をしたのが、畝傍山なら?

畝傍山は、「大和三山」の一つ。
奈良での「結びの山」なのです。

奈良と伊勢の旅 旅の意味 その2 ~三四五の封印~


「結びの山」は、博多湾周辺にもあり、
飯盛山、若杉山、基山がそれに当たります。
「矢の元」の山は脊振山でした。

「結びの山」については、以下のリンク先などにあります。

 

飯盛山 * ~いざない~

結びの山 ~その1 飯盛山~

結びの山 ~その2 「産霊山秘録」 ~

結びの山 ~その3 力場~

結びの山 ~その4 飯盛山登山(上宮跡)~

結びの山 ~その5 筑紫三山 ~

以下、「結びの山」 のシリーズ。

                         *

その筑紫の「結びの山」と、畝傍山が「遠見」の言葉で
ようやく結びついたのです。

前世の夢の「遠見」の映像は、”見えないはずの遠くの場所を
リアルタイムに見る力”だと思っていました。

でも、そうだとしたら疑問に思うことがあったのです。

 

その遠見で「アマノトリフネの映像を見た」時にいた場所は、
橿原の畝傍山辺り(奈良盆地の南西)でしたが、
実際に「彼らが襲来してきた時に自分がいた村」の場所は、もっと北です。
(奈良盆地の西側。矢田丘陵よりは南だと思う)

  「遠見」の映像は「アマノトリフネが生駒山の上を越えて浮遊してくる場面」と
  「その麓の村(おそらく)今の矢田丘陵(奈良盆地の北)辺りの村が
   襲われてる場面」

その映像と、実際に「自分の村に襲来する時」とに、
ズレがあるようなので、何故なのだろうと思っていたのです。
それがようやく分かりました。


あれは、”遠見”ではなく、”予知”なのではなかったのか、と。

                     .
大和三山の畝傍山が「結びの山」の一つであるなら、、
その頂上の”特殊な場”の力を借りる為に、あの場所にいたのではないか。

未来を予知する為にあの場所にいたのではないか。
あの場所だからこそ、”視えた”のではないか・・・。

                            *

そう思い至って分かったのです。

もしかすると、神功皇后が幾つもの山に登ったのは、
「予知」ができる程の場を持った山を探していたのではないか。
筑紫での力場である「結びの山」を。

もしかするとその過程で、神に出会い、祀っていったのではないか。

                            *

伊野の神様は、後に3度移動されることがあったそうですが、
伊野に戻るようにその度に神託を出したそうです。
とてもその場所が気に入っていたようです。

 

 

« 神路山~遠見岳登山 ~福岡県 久山町~ | トップページ | 裂田溝ライトアップ ’17 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 神路山~遠見岳登山 ~福岡県 久山町~ | トップページ | 裂田溝ライトアップ ’17 »