ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 光庭 | トップページ | 裂田の溝ライトアップ(11/18) »

2017年11月12日 (日)

光庭 2 ~座敷わらし~

(つづき)

そこで彼女に逢った。
一度も同じクラスにならなかったけど、何となく気が合った。
彼女は”見えない者が見える”人だった。
自分の母親もそうだったので、違和感など感じたこともなかった。

ある日、彼女の委員会があって、会議室の外で待っていた。

すると、赤い毬が転がってきた。
・・・ように感じた。

それは、私の想像だった。
そこに小さな女の子がいた。
赤い着物を着た子。
見えない毬を一度ついて、その子に渡した。

じゃあね。

そう”思った”後、がらがらと会議室のドアがあいた。

「どうした?」
と彼女。
「いや、何でもないよ。どうして?」

「何か気配がしたから。」

想像で遊んでいただけなんだけど。
そう思ったから何も言わなかった。
(そういう事は後にも先にもない)


それからしばらくして、ふと、授業中に絵を描きたくなった。
落書きノートの端に絵を描いた。

おかっぱ頭の女の子。
膝までの着物を着て、毬を持っている。
いつか、頭の中で描いた子だった。

着物は赤色。
黄色い牡丹の花が咲いている。
そして、赤い鼻緒の下駄をはいていた。

そんなことも忘れたある日、彼女が言った。
「うちのクラスに最近、座敷わらしみたいなのが来るんだよね。
 でね、教卓に座って、毬をクラスの子に投げて遊んでる。
 本人達気付かないけど。
 新しい校舎だから、いないはずなんだけど。
 ここら辺、たまねぎ畑だったしね。」

と、あの女の子が急に浮かんだ。
ちょっとぞっとして聞いた。
「どんな子だった?」

「おかっぱでさ、赤い着物着てた。赤い鼻緒の下駄でさ。」
「・・・どんな着物?」

「ここら辺(袖の下の方)と、膝まである裾の下の方に
 大きくて黄色い牡丹の花があった。」

間違いない。
私が描いた子だ。

「それって・・・これ?」
前にノートに描いた女の子を見せた。

「あ~~これこれ。・・・あんたか。」

 

「いや、・・・想像だし。・・・見えてたのか?」と私。

「どっちか分からんね。見えて描いたのか、想像を現実化してしまうのか。
どっちにしろ、もう描かない方がいいね、そういうの。
校舎、お化けだらけになるよ。」

「普段、絵を書いてるけど、何ともないよ?」
「そういうのと、レベルが違うんだろうね。」
「あの子、どうしよう?」
「ほっといていいよ。毬ぶつけて遊んでるだけだし。」

「他に心当りある?」
図星だった。
絵に関しては心当りがあった。
小さい時に、飼っていた犬や猫の絵を描くと、1週間もしない内に
亡くなってしまっていた。
交通事故とか、行方不明とか。

その偶然に、私のせいだと感じてからは、生き物の写生をしなくなった。
でも、学校で描かなければならない時は、何ともなかった。

おそらく、そのものの「死期」を感じて描きとめておきたくなるのだろうと
思う事にした。

だから、自分からは極力、生き物を描かない。

「多分、”そう”なんだろうね。」
彼女は言った。

                    *

つかず離れずだった彼女とは、私が愛知に来た頃に疎遠になってしまった。

彼女の行動が許せないと思った。
自分の価値観とひどく違う、彼女の行動が。

でも、今なら分かる。
彼女が悪いとは言えない。

あの時、本当に許せなかったのは自分自身なんだと。
「それは違う」
と、言えなかった、自分自身。
何故?
嫌われたくないから?

いつの間にか、自分の中の”座敷わらし”を表に出さなくなっていた。
人と違う価値観。
それは一人一人違って、一人一人意味があるもの。
表に出して、歩み寄ることで、一歩ずつ近づいていく。
近づいて、時には新たな物を生み出す原動力となる。

私は、もう最初からそれをするのが恐くなっていた。
                           .

でも、今、この土地に来て、色んな人と触れあって、少しはましになったと思う。
この土地が人が癒してくれたとそう信じている。

子供を産んで、学校や地域と半ば強制的に何かに参加して。
でも、その中でたくさんの人にであって、一緒に何かをして。
それが、私には必要だったんだと。

人は人の中に生きて、その意味を知る。

今、彼女に逢いたいと切実に思う。
あの校舎の光庭にいた彼女と、また逢いたい。
この土地の光庭で、少しはましになった私と。

                        .
座敷わらしは神様だという。
宿主に幸福をもたらす。
子供の神様。

 

« 光庭 | トップページ | 裂田の溝ライトアップ(11/18) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 光庭 | トップページ | 裂田の溝ライトアップ(11/18) »