ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 神の鉾 1  ~伊野の鉾~ | トップページ | 神の鉾 3 ~安曇磯良神~(改訂版) »

2017年11月30日 (木)

神の鉾 2 ~高良玉垂宮神秘書~

「高良玉垂宮神秘書」

それは、筑後国一之宮である「高良大社」に伝わる伝承が記された本でした。    .

 

Koura04
その現代語訳を綾杉るなさんがブログで書かれています。
要約させていただきました。

高良大社(7)
九躰皇子と『高良玉垂宮神秘書』
(綾杉るなさんのブログ「ひもろぎ逍遥」より)紺の文字が要約部分。

  ウガヤフキアエズ(住吉大明神)は、明星天子の垂迹。
  (菩薩が人々を救済する為の仮の姿)

  玉依姫と夫婦となり、住吉五神の5人の御子がいた。

  女子が2人で、男が3人。

  女子は表津少童命(ウワツフカタツミノカミ)。
       中津少童命(ナカツフカタツミノカミ)。

  長男が表筒男。(大祝氏・オオハフリ)の先祖。日神)
  次男が中筒男。(この国に留まって、初代天皇の神武(イワレビコ)となる)
  三男が底筒男。(高良大菩薩であり、月神の垂迹)


この中でひどく気になった名がありました。
次男、中筒男の「神武」。
この後の記載は一度もありません。

それは、神武と彼らが同じ時代だということを表すためだけの記述のような。
又は、「そのようにしたい」という意図を感じました。。

                                                   .

「高良玉垂神秘書」の続きです。

  神功皇后の時に、「イルヰ」が日本を責め立てた。
  その時、神功皇后は「四王寺山」に登って、祈った。

    四王寺山は、大宰府市、大野城市、糟屋郡宇美町にまたがる
    峰続きの4つの山(大城山、岩屋山、水瓶山、大原山)の総称です。

  すると月神 (底筒男神)が20歳の若者姿で現れた。
  四方に分かれた白雲の中から四天王が現れ、四つの鉾が見えた。

  次に住吉の神 (明星天子。ウガヤフキアエズ)、
  日神 (表筒男神)
  この三人の神が神功皇后の前に現れた。

  月神(底筒男神)と住吉神(ウガヤフキアエズ)は大将軍となり、
  日神(表筒男神)は両副将軍となって力になることを約束した。
 
  ほどなく、三韓を降伏させて、住吉神(ウガヤフキアエズ)は虚空に戻った。
 

最初の月神が現れた時に、「四方に開き光をはなつ」様子を表したものが、
高良大社の神紋です。

神武は出てきません。
私は後の世の「付け足し」なのでは、と思っています。
                          .

四つの「鉾」という記述は、ここにありました。

さて、その「鉾」は、誰の鉾?

                           .
(つづき)

つづきは、

神の鉾 3 ~高良玉垂宮神秘書~(改訂版)~

分かりやすく書き直しました。

« 神の鉾 1  ~伊野の鉾~ | トップページ | 神の鉾 3 ~安曇磯良神~(改訂版) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 神の鉾 1  ~伊野の鉾~ | トップページ | 神の鉾 3 ~安曇磯良神~(改訂版) »