ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 二つの伝承 7 ~冷水峠~ | トップページ | 二つの伝承 9 ~日の神 と 月の神~ »

2017年12月31日 (日)

二つの伝承 8 ~五十猛命と甕依姫~(改訂版)

「冷水峠」は、筑後国風土記の「鞍韉盡坂(したくらつくしのさか)」でした。
では、そこを舞台にして、二つの伝承が存在します。

 

< 大根地山 >


一つ目、「冷水峠の側にある「大根地山」。
(「二つの伝承 5 ~大根地山~」)

大根地神社の由緒書では、「神功皇后」がその山頂で舞を舞い、天神地神を召喚しています。
「羽白熊鷲」を退治する為でした。

その「羽白熊襲」は、高良の伝承にあります。

それは、「ヰルイ(異類)」と呼ばれる者。
その一つが、「羽白熊鷲」です。

それを退治したのが「高良神と神功皇后」。 
彼らは常に行動を共にし、それらを退治していたのです。
(「神の鉾 2 ~高良玉垂宮神秘書~」)
(「神の鉾 3 ~安曇磯良神~」)

☆1 では、「大根地山」の伝承は、高良の伝承と重ねると、
「高良の神」と「神功皇后」が「羽白熊鷲」を退治したことになります。

 

もう一つは、筑後風土記の「荒穂神社と筑紫神社」の伝承です。
二つの伝承を繋ぐものが、その二つの神社にありました。



<荒穂神社と筑後風土記(筑紫神社)>

同じ話が元になった、その二つの神社の伝承。
しかし、退治した者の名に違いがあるのです。


☆2 「荒穂神社(基山周辺の伝承)」では、「五十猛命」。
☆3 「筑紫神社」の筑後国風土記では、甕依姫(みかよりひめ。
(神社の御由緒にはないが、筑後国風土記に名がある)。

(「二つの伝承 7 ~冷水峠~」)

この二つの神社の伝承は、
同じ場所(鞍韉盡坂・したくらつくしのさか)」で、
同じもの「命尽くし神」を退治した話であり、
同じ話が元になっています。

☆4 ならば、「五十猛命」と「甕依姫」の二人が、「命尽くし神」を退治したことになります。

では、彼らは、二つの神社のご祭神の中に、名が残されているはず。


<御祭神の正体>

 「荒穂神社」のご祭神は、
   瓊々杵尊
  鴨大神
  八幡大神
  宝満大神
  春日大明神
  住吉大明神
  五十猛命

瓊々杵尊は、後に後付けされたものなので除外。
「五十猛命」は、基山の神であり、高良神でありました。
(「二つの伝承  2 ~荒穂神社~」)

また、一柱以外は「饒速日命」と同一の神です。
(「神の鉾 4 ~天照の分御魂(わけみたま)~」)

つまり高良神は、饒速日命であり、これらすべての神と同神です。

残るは、「宝満大神」。
               

「筑紫神社」の御祭神は、 

  筑紫の宮・白日別神(しらひわけのかみ)「筑紫国の国魂神」
  五十猛尊(スサノオ尊の御子神)
  寳満大神・玉依姫命(たまよりひめのみこと)
  田村大神・坂上田村麿命(さかのうえのたむらまろのみこと
(「二つの伝承 4 ~筑紫神社~」)

「筑紫国の国魂神」は、筑後国一之宮の高良大社の御祭神、高良神。
彼は、五十猛命と同神の「饒速日命」です。

坂上田村麿命は、後世の功績による後付けなので、除外。

すると、「寳満大神・玉依姫命(たまよりひめのみこと)」の名が残ります。

この玉依姫は、竈門神社より勧請されたとあります。                                           .
「竈門神社」とは、太宰府の「宝満宮竈門神社」のこと。
荒穂神社の「宝満大神」も、同じ「玉依姫」です。


では、両神社とも同じ名が表れました。

☆5 「高良神(饒速日命)」と「宝満大神(玉依姫)」です。


筑紫の神は「高良神」であり、「命尽くし神」は退治された方の悪神。

では、☆2と☆3の伝承と、両神社の御祭神は同じです。

両神社に祀られる神の名(☆5)から、
☆2の基山周辺の伝承の「五十猛命」と
☆3の「筑紫神社(筑後国風土記)」の甕依姫と、
それぞれの伝承にあった神は、実は一緒に行動していたことが分かります。

☆6 五十猛命=高良神(饒速日命)であり、
甕依姫=宝満大神(玉依姫)です。



<宝満大神(玉依姫)とは>

その神が祀られる、太宰府の「宝満宮竈門神社」。
ご祭神は、玉依姫、神功皇后、八幡大神。 

20220118132327_img_8548

(宝満山 上宮)

      
「玉依姫」
その名は「神の魂の依り代」、称号のことです。
神武天皇の母とされますが、この辺りには彼の伝承はありません。

同じ社に祀られる神は同じ。
彼女は、神功皇后であり、「玉依姫」と言われている一人です。

では、荒穂神社の「宝満大神」と、
「筑紫神社」の寳満大神・玉依姫命(たまよりひめのみこと)は、共に神功皇后。

そこに祀られる八幡大神は、饒速日命。

(「気比神宮 ~神功皇后と応神天皇の伝承地~」)      

彼らは、ほとんどの社で一緒に祀られます。
(「神の鉾 番外編 ~二柱の天照大神~」)



ここから、神功皇后の名が導き出されました。
宝満大神の玉依姫は、神功皇后です。

☆7 五十猛命=高良神(饒速日命)であり、
甕依姫=宝満大神(玉依姫)=神功皇后です。


                     *

< 二つの伝承の神 >

すると、二つの伝承とも同じなんですよ。
「大根地山」と「荒穂神社と筑紫神社(筑後国風土記)」の伝承。
そこから導かれる神の名が。


☆1「大根地山(大根地神社)」と高良玉垂宮神秘書から。
「高良の神」と「神功皇后」が「羽白熊鷲」を退治した

「荒穂神社」と「筑紫神社」の御祭神から

☆7 五十猛命=高良神(饒速日命)であり、
甕依姫=宝満大神(玉依姫)=神功皇后です。

 

「命尽くし神」の伝承の正体が見えました。

「鞍韉盡坂・したくらつくしのさか」は、「冷水峠」。
「命尽くし神」は、「羽白熊鷲」。

それを退治したのは、高良神(饒速日命)と神功皇后(甕依姫)です。



< 甕依姫 >

高良神は、饒速日命。
神功皇后は、甕依姫。

饒速日命の別名に、「大物主大神、倭大物主櫛甕玉命」があります。
(櫛甕玉比古も同神)
奈良の大神神社のご祭神の名です。

 

もう一人、彼に近しい人で「甕」の別名がある人がいます。
「櫛甕玉姫」
彼の妃、「御炊屋姫(みかしやひめ)」です。
彼女も神道では「玉依姫」とされています。



「二つの伝承」から導かれた、「五十猛命」と、「甕依姫」。
それは高良の伝承の「高良の神」と「神功皇后」。

「高良の神」は饒速日命。
「神功皇后」の名の一つが「甕依姫」。

彼女は、饒速日命の后であった「櫛甕玉姫」である、「御炊屋姫」です。


やはり、ここにたどり着きました。

彼ら以外では繋がりません。
それは、これが真実であったということです。

 

< 天照神と豊受神 >

神功皇后は、卑弥呼と比定されている。
彼女の名は、ヒミコではなく、ヒミカです。

神功皇后の名に「甕依姫」があるのなら、間違いないです。

饒速日命は、天照国照彦天火明櫛玉饒速日命。
日の神です。

「ヒミカ」は、「日甕(ひみか)」。

「甕・ミカ」は、神への捧げものを入れる器の意味がある。
「日の神の依り代」の意味に繋がる。

それは「日の神の巫女」。

 

彼は天照大神であり、彼女は豊受大神でもあるのです。

 

これらのことから、神功皇后は御炊屋姫であり、
高良神は饒速日命であることが、分かりました。

彼らは、共に行動し「命尽くし神」である「羽白熊鷲」を退治していたのです。

*************************************************

「命尽くし神」の伝承は、「高良玉垂宮神秘書」の一文と同じです。

高良の神は、神功皇后と共に「ヰルイ」を退治した。

初めにそれを見た時、驚きました。
高良神は住吉神であり、饒速日命。
神功皇后は同じ時を生きていたのかと。

でも、必ずここにたどり着くのです。

 

二つの伝承が繋いだ、二柱の神。
でも、それぞれの伝承は、全て別々に語られています。

でも、追えば繋がるようになっています。
高良の伝承が全てを繋いでくれました。 

 


最後に。
「冷水峠」の側の大根地山に神々を祀ったのは、神功皇后。
「羽白熊鷲」というものを鎮めるのが目的でした。

それが人だった場合、神に頼ることはしないのです。

「神はヒトゴトに手を出さず、カミゴトにも関わらない」。

ARIONの言葉です。
それは、「ヒト」では無かったのです。          

「イルヰ」は、異類。
彼らは、ずっとそれと戦っているのです。

住吉神は、那珂川の「現人神社」の神。

(「現人(あらひと)神社 福岡県那珂川市」)

「国の大事の時、再び現れる神」として伝えられる。
それは、転生です。

彼らは、転生の度に、異類と戦っていました。
「彼らが転生する時には、異類が現れるということ」です。

 

それは人の手に負えないもの。

だから、彼らが再びこの世に転生するのです。


(2022/01/25改訂)
*ameburoにUPする時に、後に分かったことも含めて分かりやすく改訂しました。

(つづく)

 

« 二つの伝承 7 ~冷水峠~ | トップページ | 二つの伝承 9 ~日の神 と 月の神~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 二つの伝承 7 ~冷水峠~ | トップページ | 二つの伝承 9 ~日の神 と 月の神~ »