ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 筑紫神社の筑紫神 ~筑紫神の伝承 4~ | トップページ | 大根地山の神功皇后 後編 ~筑紫神の伝承 6~ »

2017年12月25日 (月)

大根地山の神功皇后 前編 ~筑紫神の伝承 5 ~

続きです。

☆→筑紫神社の筑紫神 ~筑紫神の伝承 4~

 

筑紫神の伝承 1」で登った基山。
その頂上で気になった方向にあったのが「大根地山」だった。

Kiyama25

(基山山頂の石板)


基山(荒穂)の神の五十猛命は、高良神であった。

磯良の名から、石上。

彼は物部の祖神、饒速日命ではないのか。

それを確かめたかった。

 

それには、「高良神」の伝承を追うのが手掛かりになる。
かの神は、神功皇后と共に「イルヰ」を退治したと伝えられる。(高良玉垂宮神秘書)

彼が饒速日命ならば、その伝承は彼らのもの。

ならば、神功皇后の側に彼はいたはず。


そうして、気になったのが大根地山だった。

 

                                               
帰って調べたら、「神功皇后が登って神事をした山」とあった。
頂上付近には「大根地神社」がある。



12月のよく晴れた日に、登った。

Ooneti08

登山道入り口は、バイパスの冷水(ひやみず)道路のトンネルの上になるので、旧道の国道200号線から行った。

「大根地神社」の地名は、福岡県飯塚市内野であり、山頂は福岡県筑紫野市香園。

Ooneti10
Ooneti11
狛犬がお狐さん。
ここはお稲荷さん?

階段を数段上がると道に出る。
シーボルトや吉田松陰も通ったという長崎街道。

Ooneti14
しばらく歩くと鳥居が見えてきた。
Ooneti19_2
                                                      .Ooneti16

 

                                                             .Ooneti18
この辺りが「冷水峠」。
九州の箱根と言われる程の難所だったそうだ。
                                                           .Ooneti20
この参道の階段を上ると登山道。

この鳥居から神社まで、約2キロある。
                                                             .Ooneti21                                                     .
Ooneti22
まん丸っこいお狐さん。
可愛い。Ooneti25
間もなく、車でも通れるような舗装道に出る。
でも狭く急なので、四駆でないと難しいと思う。

Ooneti28
途中にある鳥居。
神功皇后の逸話がある烏帽子岩。

Ooneti29                   .
神社が見えてきた。
2キロとのことだが舗装して登りやすかったので、下の鳥居からここまで45分程。

この道をまっすぐ行くと、大根地山頂上。
先に神社がある左の方へ。
                                  .Ooneti30
                                                     .
Ooneti31
こちらは、とても居心地がいい。


Ooneti32_2
Ooneti34

Ooneti36_2

                                                         .Ooneti40_3
                                                               .
Ooneti41_3
大根地神社の由緒

 大根地神社は、天神七代、地神五代の大神をお祭りしています。
 社伝によれば、「人皇第十四代仲哀天皇の九年三月八日
 神功皇后羽白熊襲御征伐のとき、大根地山に登り天神七代、
 地神五代を大根地大神として祭り、親ら神楽を奏し勝ち軍を
 祈り宿陣す、その霊験著しく容易に熊襲の諸賊を誅滅す」と
 伝えられ、いとも御由緒の顕著なる神社であります。
  その後、建久三年に須佐之男命、大市姫命の二柱の神を合祀し、
 雲閣稲荷大神と称え奉る。
 古老の口碑によりますと「建久三年富士山に在ること、
 壱千有余才の神通自在の白狐が源頼朝公富士山に
 御猟の評定がありしときに、この山を発し
 筑紫の内野の根地岳に移り給う」と伝えられ、
 根地雲鶴大明神と称え、その後、九州の稲荷の
 別当の官を崇め奉る。

  (以下略)
Ooneti38
Ooneti72


Ooneti71


Ooneti43
神功皇后が羽白熊襲の征伐の時に、大根地山に登って、
天神七代、地神五代を大根地大神として祭った神社だった。

「熊襲の諸賊を誅滅す」とあるが、熊襲とは、羽白熊襲のこと。

「羽白熊鷲」とも記されている”それ”は、
翼があり高く飛び、人民を掠めていたと伝えられている。

それは、まさしく高良の伝承にあった「ヰルイ」、異類。

Ooneti44

 

Ooneti45
雪が残っていた。

大根地山 続く。


( つづく )

  

« 筑紫神社の筑紫神 ~筑紫神の伝承 4~ | トップページ | 大根地山の神功皇后 後編 ~筑紫神の伝承 6~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 筑紫神社の筑紫神 ~筑紫神の伝承 4~ | トップページ | 大根地山の神功皇后 後編 ~筑紫神の伝承 6~ »