ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 二つの伝承 6 ~大根地山 登山(2)~地球樹~ | トップページ | 二つの伝承 8 ~五十猛命と甕依姫~(改訂版) »

2017年12月27日 (水)

二つの伝承 7 ~冷水峠~

<大根地山は守りの要>

そこで感じた「地球樹」。
地球のエネルギーが、「巨大な樹のように大地から降り注ぎ、枝葉を広げている」ような場所です。

何故そのような土地なのだろうと考えてみました。

Oonetiyama037

 

(地図はGoogleMapより)

 

1の東(右端)は、英彦山(英彦神宮
2の西(左端)は、飯盛山飯盛神社中社
3の南は、高良大社
4の北は笠置山(ニギハヤヒ神が降臨した山。お社は「天照神社」へ移る)

 

すべて、饒速日命が祀られてる場所です。
これは偶然ではあり得ません。
(筑紫には元々多いのですが)

その四座の山の中心地。
上の地図の交わっている場所。
それが「大根地山」の麓。

「冷水峠」と呼ばれている場所でした。

下の写真、「現在地」と記されている地点です。

Ooneti10

「長崎街道」の案内板に「かつて九州の箱根と言われている程の難所」
とあった場所です。                   .

その「難所」を思い起こさせる言葉が伝承にありました。
鞍韉盡之坂(したくらつくしのさか)です

それは、あの筑紫の神の伝承に繋がります。
その伝承の部分を紐解いてみます。


鞍韉盡之坂(したくらつくしのさか)

☆筑紫神社

wikiには、筑紫神の祭神についての由緒に、二つの由緒が挙げられています。
一つは、「鞍尽くし」。
筑前国と筑後国の二国の間が「坂が険しく鞍が擦り切れたため」
これは険しくて通行するのが困難なことを表します。

もう一つが、「命尽くしの神」。

二国の境に荒ぶる神がいて往来の人が命を落とす「命尽くし」神の話。

筑紫神社(Wikipedia)神社

☆筑後国風土記(Wikipedia)には、その伝承が記されてあります。

昔 此堺上 有鹿猛神 往来之人 半生半死 其数極多 因曰人命尽神 
干時 筑紫君肥君等占之 令筑紫君等之祖甕依姫 為祝祭之
自爾以降 行路之人 不被神害 是以曰筑紫神

       昔、こ(筑前・筑後)の国境に荒ぶる神がいて通行人の半分は生き半分は
       死んでいた。その数は極めて多かった。そこで「人の命尽の神」と言った。
       筑紫君、肥君らの占いによって、筑紫君等の先祖である甕依姫を祭司として
       まつらせたところ、これより以降は通行人に神の被害がなくなったという。
       これを持って「筑紫の神」と言う。(Wikipediaより)
                           .

上記二つの伝承を繋ぐものとして、古事類苑(筑紫国 釋日本紀)
筑後国風土記の(筑前・筑後)の国境に荒ぶる「命尽くし」神は、「土人曰 鞍韉盡之坂にいた神とあります。

 

つまり、☆1の筑紫神社の御祭神の「鞍尽くし」と「命尽くし」は、同じ伝承が元です。
鞍韉盡之坂に命尽くし神がいたのです。

 

では、「命尽くし」神が出たという鞍韉盡之坂。
筑前国と筑後国の境の山にあったというその坂とは、冷水峠なのか。

 

筑前と筑後の境>

それは福岡を北と南で分ける地域です。
今の「筑前・筑後」の境で考えると決してたどり着きません。

この場所は
☆荒穂神社にあった「基山の東」
☆筑紫神社の伝承の「筑前と筑後の境の山の峠」

それが上記「筑後風土記」の国境にあったという
鞍韉盡坂(したくらつくしのさか)という険しく狭い坂」。
荒ぶる神である「尽くし」神が出た言う、その険しい峠です。


しかし、そのような場所は、筑紫神社辺りには無いのです。
もちろん、基山辺り(下の図の1)にも。
ずっと疑問に思ってたのですが。

それは、「冷水峠」なのでは?

Oonetiyama026

                                                           (地図はGoogleMapより)
1の一番下の星印が基山。
2の少し右(東)斜め上が筑紫神社。
そして、写真の右上にあるハートマークの場所が「大根地山」頂上です。

九州の箱根と言われる程の難所であった「冷水峠」。
上の写真では「大根地山」の麓、青い印の辺り一帯です。

この場所こそ、「鞍韉盡坂」です
後にこの一帯、全ての山を歩いていますが、険しい場所はここ以外ありません。

まして、そこは「人の往来が必要な場所」でもあります。

基山の東にあり、筑前筑後の境にあり、人の往来がある険しい峠は、「冷水峠」の一択です。
                         .

<大いなる神の地>

エネルギーが放出されている場所、そこは雑多なものが集まる場でもあります。
もとより清浄な場なら良いのですが、そうでなければ誰かがそうしなければなりません。

その為に神功皇后が、大根地山に神を招いたのです。
「大いなる神の地」であるその場所に。
地球のエネルギーを抑えるのではなく、良い流れにする為に。

そうして、「羽白熊鷲」というものが排除され、筑紫の守りの要の地となったのです。

もしかすると、四つの山の守りは、永遠に「羽白熊鷲」を抑え込むために、後に出来たのかもしれません。
この地図を見るとそんな気もしました。


                                                *
「冷水峠」は、全てが当てはまります。

*四座の霊山の中心地。
*「(難所と言われていた)筑前、筑後の境」の峠。
*峠の側に「大根地山」がある。
      (神功皇后が羽白熊鷲を鎮める為に神々を祀った山)

鞍韉盡坂(したくらつくしのさか)と言われる程の、唯一の場所なのです。

                   .

                      *

冷水峠が「鞍韉盡坂」ならば、「羽白熊鷲」は「命尽くす荒ぶる神」です。

それは「筑後風土記」にある、「命尽くし」の神。
荒穂神社と筑紫神社の「尽くし神」と同じもの。

ならば、やはりそれらの伝承は同じもの
         .

(つづく)

« 二つの伝承 6 ~大根地山 登山(2)~地球樹~ | トップページ | 二つの伝承 8 ~五十猛命と甕依姫~(改訂版) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 二つの伝承 6 ~大根地山 登山(2)~地球樹~ | トップページ | 二つの伝承 8 ~五十猛命と甕依姫~(改訂版) »